リアルを感じる「現場本」が9月初旬に発売

暑かった夏も、もう終わり。読書の秋に向けて、東大阪関連本を紹介します!
その名も「現場監督りょう」(文芸社)。9月初旬から全国書店にて発売されています。

DSC05037-001

「現場監督りょう」(1200円・税別)

著者は、東大阪・吉田在住の上田良数さん(64)。工事現場の監督を長年勤め、その体験を手記風の物語に。
何が面白いって、まず驚くのは、まえがきから「人として大切なことは、現場の中にある」と言い切っていること。「最初にネタバレしちゃっていいの?」と読み進めていくと、出てくる出てくる。現場監督時代のエピソードの数々。
施工中のハプニングをはじめ、30年近く勤めた会社が民事再生になった話など、現場でのやりとりがとにかく細かく記されています。なかには、下請けとの言い争いや上司の不満など、「え?こんなこと書いちゃっていいの?」と思うものも。まるで人の日記帳をこっそり見ているかのよう。でも、これがリアル。リアルだからこそ、「今・この時」が伝わってくるのです。

DSC05028-001

「土木の道に進んだのは、田中角栄の『日本列島改造計画』に刺激を受けたからです」と著者の上田良数さん。

「昔から思ったことをメモに書き留めていました。こんなことがあったとか、誰が何を言ったとか、細かく覚えているのは現場でモノづくりをしてきたからだと思います」と上田さん。
何か形にしたいと考えていたところ、タイミングよく「出版原稿募集」の新聞広告が目に止まり、自費出版に至りました。

DSC05007-001

原稿には、びっしりと修正が。タイトルははじめからずっと「現場監督りょう」。

「現場は人生の縮図」。そんなキャッチコピーが説教臭く感じないのは、リアルな体験があるから。たくさんの経験をしてきた著者の言うことなら、信じてみようかな…という気になってくるのです。工事現場で働く人だけでなく、誰にでも共感できる「現場本」。

お買い求めは全国書店をはじめ、amazon、楽天ブックスなどのネットでも。秋の夜長にご一読あれ。

icon(Honya Club.com)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

mihorobot

mihorobot東大阪探検隊・記者

投稿者プロフィール

生粋の八戸ノ里っ子。人気の八戸ノ里東小・小阪中学校校区に住んでいる。
取材へ行けば、同級生のお父さんがやってるお店だった・・・ということが多々あり。
尊敬する人は藤子・F・不二雄先生。

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク


スポンサーリンク

ラグビーの話をしよう

carry_top1東大阪カレーパン会

r_meshi_top東大阪ラグビーめし展開中

ラグビーフリーペーパーDAEN創刊号

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

子どもたちの健全育成をサポートする。

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

android_hedderついに出た!週刊ひがしおおさかのスマホアプリ。絶対に落とそう。

TopLeagueNittei201516Bジャパンラグビートップリーグの日程表。実は公式より見やすい?

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

chitose_sosu


プロ野球人名辞典

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
週ひがLINE@は東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com