ラグビーの話03 大阪教育大学ラグビー部の挑戦

大阪府柏原市のグラウンドに、燦然と輝く横断幕「大教大ラグビーカーニバル」の文字。

毎年3月中旬の土曜日に、大阪教育大学の人工芝グラウンドでは、関西一円から中学生ラガーマンが集い、試合を行うのです。今年は14チームが集まりました。

多くの中学生が集う、大教大ラグビーカーニバル。

多くの中学生が集う、大教大ラグビーカーニバル。

東大阪にいるとピンと来ませんが、中学校のラグビー部というのは、メジャーなものではありません。野球、サッカー、バスケットボールに比べると部が少なく、試合も思うようにできません。

大阪教育大学ラグビー部出身の先生たちが声をかけあって、貴重な試合を行う日。それが大教大ラグビーカーニバルです。教育大学ならではのイベントで、選手スタッフ総出。「一年で1番忙しい日」と選手たちは言います。

集まる中学生のレベルも高い。

集まる中学生のレベルも高い。

さて、本業?のラグビー部の立ち位置はと言うと、関西大学Bリーグの中位となります。2016年が10チーム中5位で、2015年が4位と入替戦に進める2位以内にあと一歩といったところです。Aリーグ経験のあるチームに勝てた年は上位に食い込み、勝てなければ中位に落ち着く。成績だけ見ると、わかりやすいチームです。が面白いのはチームスタンスです。

昨シーズンの最終戦、トライを奪った大阪教育大学。

昨シーズンの最終戦、トライを奪った大阪教育大学。

大阪教育大学ラグビー部の愛称は「グリーンブレイブス」。公立大学でスポーツ推薦入部者はおらず、さらに監督やヘッドコーチもいません。スポットでコーチングが入ることはありますが、基本は全て選手が練習から試合のメンバーまでを考えます。部内の揉め事も、自分たちで解決するしかありません。
Bリーグ上位のチームが、元トップリーガーやプロコーチ、アスリート専門のトレーナーを迎え入れているのとは、対照的です。

片山キャプテンもケガのためこの日はレフリー役。

片山キャプテンもケガのためこの日はレフリー役。

部員数もギリギリです。現在、4年生が卒部して19人。新入生が入って、やっとリザーブが全て(23人)埋まる。というのが現実です。過去には公式戦に23人に満たず出場したこともありました。

「1番怖いのが怪我です。すぐにチーム力に影響するので、練習はまず怪我をしない体づくりからです。」
と片山浩輔キャプテンははっきり言います。しかしそこに悲壮感はありません。

笑顔で受け答えしてくれる片山浩輔キャプテン。

笑顔で受け答えしてくれる片山浩輔キャプテン。

「人数が少ないからこそ、わかりあえている部分がある。」
と少人数の利点を強調するのです。実際、前シーズンも花園経験者が多数出場するチームや、外国人留学生を擁するチームとも悪くない戦いをしています。2015年にはAリーグに在籍したこともある大阪産業大学にも勝利しました。
相手チームに明確に勝てている点は多くないなかで、円滑なコミュニケーションはチーム力の向上に大きく寄与しているのかもしれません。

この規模の大会の運営を部員30人ほどで行う。

この規模の大会の運営を部員30人ほどで行う。

大教大ラグビーカーニバルでは、正午ごろに紅白戦を行います。
現役とOBとがファーストジャージとセカンドジャージを着て戦う、大教大らしい試合です。
今年は残念ながら、怪我人が多く人数不足でタッチフットとなりましたが、それでもみな真剣にグラウンドを走り、しかも楽しそうにプレーします。

ビブスを着ているのが現役チーム。

ビブスを着ているのが現役チーム。

楽しそうなプレースタイル、OBとのつながり、チーム内の密なコミュニケーション。そして、少人数だからこそ、個々の部員にかかる小さくない責任。
トップアスリートではなかった多くの人が、学生時代にクラブ活動を通して学んだ「普通の部活」が、ここにはあるんだと感じさせられます。
そんな普通の部活が、トライ&エラーを繰り返して強豪のトップアスリートたちに挑む。
そして勝ち負けを競う。
学生スポーツの一つの形が、しっかりと根付いていると感じさせられる1日でした。

昨年の紅白戦。グリーンのファーストジャージとホワイトのセカンドジャージ。

昨年の紅白戦。グリーンのファーストジャージとホワイトのセカンドジャージ。

グリーンブレイブスの皆さん、くれぐれも怪我には気をつけて。
そして、すばらしいシーズンを!

大阪教育大学ラグビー部
〒583-8582 大阪府柏原市旭ヶ丘4-698-1
大阪教育大学多目的運動場(人工芝)


<週ひががお届けするラグビーの話 バックナンバー>

ラグビー選手の
引退後と仕事
2017/7/05
プール分け抽選会が示した
日本ラグビーの義務と新たなる夢
2017/5/13
大阪教育大学
ラグビー部の挑戦
2017/3/21
セブンズの立ち位置と
関西セブンズ
2017/3/9
ラグビー日本代表と
サンウルブズについて
2017/3/1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

MaechanYK

MaechanYK東大阪探検隊隊長・編集長

投稿者プロフィール

特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか代表編集長兼東大阪探検隊隊長。
ふとした思いつきからはじめたWEBサイトが、もうすぐ10年。
もっともっと影響力を持ったサイトにしていきたいです。

好きなモノ:近鉄ライナーズ、阪神タイガース、競馬、ゲーム、プラモデル、楽でお金になる仕事。
嫌いなモノ:愛、本物

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがのイチオシ

koukouyakyuumatome

スポンサーリンク


スポンサーリンク

地元のおしごとに出会える!

ラグビーの話をしよう

carry_top1東大阪カレーパン会

r_meshi_top東大阪ラグビーめし展開中

ラグビーフリーペーパーDAEN創刊号

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

子どもたちの健全育成をサポートする。

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

android_hedderついに出た!週刊ひがしおおさかのスマホアプリ。絶対に落とそう。

TopLeagueNittei201516Bジャパンラグビートップリーグの日程表。実は公式より見やすい?

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

chitose_sosu


プロ野球人名辞典

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
週ひがLINE@は東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com