まっすぐに!醤油を!大阪の王道を追求した「らーめん至」が2月1日荒本にオープン

並びには市役所、中央図書館。向かいにはイオン東大阪店。荒本駅から徒歩5分の一角に、東大阪ラーメン界の新星・らーめん至(いたる)がオープンしました。

らーめん至は市役所及び中央図書館の北側

らーめん至は市役所及び中央図書館の北側

「至」とは店主である冨岡敦至(あつし)さんの一字から取ったもの。「自分のお店を持つことが長年の目標のだったので、自分の名前から店名を取ったんですよ」と話してくれた冨岡さんは、19年間超有名中華料理チェーンに勤務された後、独立されました。
「ちょっとは有名な店長だったんですよ」と笑いながらおっしゃるので、お名前でぐぐってみたところ・・・ホントだ。敏腕店長として取材を受けていらっしゃる。

真剣な表情で最後の盛りをつける冨岡さん

真剣な表情で最後の盛りをつける冨岡さん

そんなにデキる人が会社を辞めるとなると、大変だったのでは。と率直に聞いてみると
「大変でしたよ。でも、辞めないと自分の目標が達成できないですからね」
とこれがまた潔い。
そんな冨岡さんがらーめん至で提供されているラーメンは、シンプルに「醤油ラーメン(680円)」と「チャーシューメン(880円)」。この日はチャーシューメンを注文してみました。

注文からの準備、調理、品出し。すべてが新店と思えない手際の良さで「さすが」と唸る。
そして、登場したラーメンが・・・

元近鉄の野茂の直球を思わせる真っ直ぐなチャーシューメン

元近鉄の野茂の直球を思わせる真っ直ぐなチャーシューメン(880円)

こちら。
東大阪で醤油ラーメンというと、高井田系が思い浮かぶかもしれませんが、至の醤油はド直球。大阪伝統のさっぱりした醤油ラーメン、しかもさっぱりした中にしっかりした醤油味。これは、美味しい。
「大阪のラーメンは醤油。そこで勝負せんと」
と冨岡さんは自信があふれる目で微笑みます。
さらにしっかり煮こまれたとろとろ極厚チャーシューが、たっぷり盛られています。

この分厚さ、豪胆。野茂のトルネード並です

この分厚さ、豪胆。野茂のトルネード並です

「料理が好きですから、色んな事にチャレンジしたいんです。メニューも順次追加していく予定ですよ」
と冨岡さん。
このクオリティのメニューが、これからドンドン追加されるかと思うと、荒本に来るのが楽しみになります。まっすぐに、王道を、ひた走る。そんなラーメン屋さんの出現に、心躍らせるひと時でした。

最後に
らーめん至の店内には、ラーメン屋さんに似合わぬレゲエミュージックが流れています。「同級生と後輩がDJをやっているもんで、ずっと流してるんですよ。DJmeekと、DJONE って言います。応援してるんです!」と、ラーメン同様、熱い想いを持つ後輩にもまっすぐな冨岡さん。
まっすぐな麺と想いを、伸ばし続けてもらいたいですね!

後輩のDJさんの色紙が2枚

後輩のDJさんの色紙が2枚

文・写真:前田寛文@MaechanYK

店舗データ
店名:らーめん至
住所:大阪府東大阪市荒本北1-2-51
TEL:090-5129-6644
公式サイト:なし
定休日:不定休
営業時間:11:30〜23:00(14:00〜17:00は休憩)
駐車場:なし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

MaechanYK

MaechanYK東大阪探検隊隊長・編集長

投稿者プロフィール

特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか代表編集長兼東大阪探検隊隊長。
ふとした思いつきからはじめたWEBサイトが、もうすぐ10年。
もっともっと影響力を持ったサイトにしていきたいです。

好きなモノ:近鉄ライナーズ、阪神タイガース、競馬、ゲーム、プラモデル、楽でお金になる仕事。
嫌いなモノ:愛、本物

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com