これぞ酷道! 暗峠を探検してきた

「菊の香に くらがり登る 節句哉」

Exif_JPEG_PICTURE

松尾芭蕉が奈良から大阪に向かったときに、暗峠を通った際に詠んだ句です。松尾芭蕉の生きた江戸中期には大阪と奈良を結ぶ道と言えば、暗峠だったのです。と言うことで、今回の探検隊は、暗峠。
Wikipediaを引用すると

国道とはいえ自動車で通行するのは困難なほど道幅は狭く、関西酷道マニアにとっての聖地であり、ハイキングコースとしても有名である。

・・・。車で行ってきました(笑)

暗峠に続く道は国道308号線。地図ではあたかも大きな道のように書いてありますが、それは国道だから。
しかもこの日は枚岡公園辺りで工事が行われており、ちょっと迂回をしなければなりませんでした。
興味のある方は是非チャレンジしてみてください。30分程度とは思えない冒険を堪能できます。
道に迷う心配はありません。国道ですから「308」の表示を追いかければいいんです。

ふう。。。枚岡神社から登って来て、30分程度だったと思うのですが・・・・。なんかとっても疲れました。
もうすぐ暗峠のはずです。だって地面が石畳っぽくなってきましたから。

01
と言うことで車を止めて撮影。  どうやらあそこが暗峠。峠ってのは山のてっぺんのことです。これを越えたら、基本的に下り坂です。

なんか雰囲気がある!
02

03

ノロノロと車を進めて、暗峠の目印となる石碑をパチリ!  後方を見ると「東大阪市」の文字が。

やったー!峠越えだー!!
04
05
と、峠を越えてすぐ(生駒市側)右手に茶店が。
ん?おみやげ屋さん?  ハイキングをされている方々が立ち寄られています。
・・・。そうですよね!普通、ここは登山道ですよね(笑)
07

06
そして店先には梟の置物が。そして
「すえひろちゃや」
と書いてあります。

おお!これは峠の茶店!?
なんか格好いいな!!  中を見ると店主さんっぽい男性が。

「まあゆっくり休憩していってんか」

な、なんか峠っぽい!!
09
お店の中を散策させていただくと、飲み物や食べ物のメニューがあります。茶店だ茶店だ!
何にしようか迷っていると、とてもとてもいいにおいがしてきます。
これはどう考えてもカレーのもの。
そう、20代の男女が想像するお袋の味No.1であるカレーのにおい。
そしてメニューには
「やさいカレー500円」
の文字が。
これは食わなアカンやろ!と言うことで注文しちゃいました。

11
しばらくすると、お店の奥の縁側にカレーを用意してくださいました。
「ゆっくりしていってな」
はい、もうお言葉に甘えまして・・・。

有名なお店のようで、色んなサイン色紙があります。
空豆ピースケにも負けないくらい。

・・・て言うか、カレーです、カレー。

12
どや!これが峠茶屋すえひろさんのやさいカレーやで!!  お味の方は、まさにやさいカレー。あっさりした味ですが、カボチャやナスの味がルーにしっかり出ていてとても深い。
そして何よりこれは、おふくろの味。カレーは日本人の国民食であることを確信させてくれる味でした。
食べ終わった後に「こんなホームページやってるんですが・・・」と名刺を渡すと

「ここに来るまでの道、『怖い』って書いたらアカンで。『楽しい』って書いてや。」

すいません。怖いって書いちゃいました(笑)
この後色々と楽しいお話を聞きました。どんな話かは、行って確かめてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

最近の記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com