つきたて米の専門店ひらた米穀店で長浜産特別栽培米を購入した

17358793_x

近鉄奈良線・若江岩田駅から南に徒歩5分。ちょっとレトロな看板が印象的で、屋根瓦のある店先。ひらた米穀店は、7年前より「精米したて」にこだわった、お米の販売しています。

ひらた米穀店はいかにも「お米屋さん」といったたたずまい

ひらた米穀店はいかにも「お米屋さん」といったたたずまい

■精米したてってどういうこと?
お店に入ると、目に入るのは米俵。中をのぞくと全部玄米のままで、袋詰めされたお米は1つもありません。
「うちはお客様に注文をいただいてから精米しているんです」と話してくれるのは平田義敬さん。お父さまと2人でお店を切り盛りされています。
精米した状態で置いておくと、お米の鮮度はドンドン失われていくそう。なのでひらた米穀店では、配達直前に精米。それもお店の精米機で行うという徹底ぶりなのです。

見てる前で精米。これがひらた米穀店のスタンダード

見てる前で精米。これがひらた米穀店のスタンダード

さらにまとめ買いすると、お取り置きもできちゃう。30キロ買って、15キロ納品してもらい残り15キロを玄米のままお店の倉庫に保管。おいしいお米をさながらボトルキープのように。残りのお米も、電話すれば配達してもらえるという、VIP感まで味わえます。

親子2代で、おいしいお米を

親子2代で、おいしいお米を

■産地にもこだわりまくる
ひらた米穀店のもう一つのこだわりは産地。お米って、絶対産地が記載されてます。魚沼産とか長浜産とか。平田さんは「長浜の中でもここ」とさらに細かく指定して仕入れ。おいしいお米をおいしいまま届けることを徹底しているのです。

■ファンは子供?
そんなひらた米穀店のお米の良さは、じわじわと浸透中。特に子供のファンが多く「ここのお米でないと」と言われてお母さんが注文に来ることも多いんだとか。
記者も「きぬむすめ」なるお米を購入。精米日もばっちり印字されてる袋に入れてもらって、編集部でいただきました。

17358797_x

・・・。おいしい!
炊きあがりのつや、口に入れた時のまろやかさ、噛んだ時の米独特の甘さ。どれをとっても今まで食べたご飯の中で最上位クラス。ご飯がごちそう。これって日本人として最高の喜びなんじゃないでしょうか。

■ひらた米穀店
住所:東大阪市岩田町3−5−15
電話番号:0120−22−7167
営業時間:9:00〜18:30
定休日:日曜・祝日
駐車場:なし

文・写真:前田寛文 @MaechanYK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

MaechanYK

MaechanYK東大阪探検隊隊長・編集長

投稿者プロフィール

特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか代表編集長兼東大阪探検隊隊長。
ふとした思いつきからはじめたWEBサイトが、もうすぐ10年。
もっともっと影響力を持ったサイトにしていきたいです。

好きなモノ:近鉄ライナーズ、阪神タイガース、競馬、ゲーム、プラモデル、楽でお金になる仕事。
嫌いなモノ:愛、本物

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com