[企画展] 8/28(水)〜9/8(日) 東大阪町工場写真展

開催日時 2019年8月28日(水)〜9月8日(日)10:00〜17:00
※入館は16:30まで
※月曜日は休館日(月曜日が祝日の場合は翌日が休館)
開催場所 東大阪市民美術センター 2階展示室
(〒578-0924 東大阪市吉田6-7-22)
入場料 無料
チラシ ダウンロードはこちら(PDF)
ホームページ あり
主催 東大阪市民美術センター(指定管理者:公益財団法人 東大阪市文化振興協会)
協力 一般社団法人大阪モノづくり観光推進協会、近畿大学
写真出展 川勝 親、枚岡自然と文化愛好会、枚岡写真クラブ、ふれあい写真クラブ、GGフォトクラブ、フォトクラブ ジール
協力企業 株式会社アオキ、河内木綿はたおり工房、サンライズ鉄工株式会社、株式会社繁原製作所、株式会社秀英、高瀬製作所、株式会社中農製作所、日本化線株式会社、日本電鍍工業株式会社、ノースヒルズ溶接工業株式会社、野田金属工業株式会社、株式会社富士製作所、フセハツ工業株式会社、マツダ紙工業株式会社、株式会社松よし人形、ワショウ金属工芸
資料提供 工場を記録する会
お問い合わせ 東大阪市民美術センター
電話:072-964-1313
FAX:072-964-1596
アクセス 近鉄奈良線東花園駅から徒歩10分
内容 「モノづくりのまち」「ラグビーのまち」として全国に知られている東大阪市には、中小企業の町工場が密集しています。関係者以外は立ち入ることのない製造業の現場には、歴史を感じさせるものから最新の機械まで、空間にはピンと張 りつめた空気感も存在し、ひとたび足を踏み入れると「モノづくり」の世界に誰もが圧倒されます。

しかしながら「モノづくりのまち」を掲げるだけでは、誰が何を作っているのか、一般的にはあまり知られていないのが現状です。

そこで美術センター(登録団体)の写真クラブの皆さんに、地域の活性化や、「モノづくりのまち」を全国、世界に伝えることを目的に、町工場の今を写真で表現していただき、今回の「東大阪町工場写真展」を開催いたします。

◆写真展開催期間中の美術センターで行われるイベント
「アートを知る、見る、語〜る(市民美術教養講座)」
第5回「東大阪の歴史と産業を記録する〜写真の役割と魅力について〜」
【日時】令和元年9月1日(日)14:00〜15:30
【会場】東大阪市民美術センター1階
【受講料】無料(申込不要、先着120人)
【講師】川勝親(町工場写真家)、岡本好行(工場を記録する会)
【概要】
町工場写真展と連動する形で、展覧会にご協力いただいた川勝親氏と岡本好行氏を迎え、モノづくりのまち・東大阪の魅力を発信し続けることの意義やその歴史的背景、さらに写真のもつ作品としての有用性や今後の活動についてお話を伺います(聞き手/近畿大学文芸学部教授 西野昌克)。
また、展覧会に見られる写真作品についての感想や将来的な展望に触れ、来場者の皆さんとの交流の機会にしたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

最近の記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com