強いぞライナーズ!絶望の開幕戦から一変、大差の勝利をつかんだキーポイントを解説

   

ワクワクした、めっちゃワクワクした。
当たり前だけど、やっぱりライナーズには花園が似合う。
1月22日(土)花園近鉄ライナーズは、ジャパンラグビーリーグワン第2節で三重ホンダヒートとホームスタジアム花園で対戦。62-10の大差で今シーズンの公式戦初の白星をあげた。

勝利後、スタンドへ向かってあいさつをするライナーズ。

今日の勝利のポイントは、球出しの速さと外への展開。
前節、ブレイクダウンの弱さが顕著になり自分たちのプレーがまったくできなかった悪夢のような敗北から一転し、すべてが噛み合った。

前節のようなモタモタ感はなくなり、スパッとキレのあるテンポの速いラグビーが実現した。
特に今シーズン強化してきた展開ラグビーは随所に表れた。
前半早々ゲニアの先制トライは、見事なものだった。
相手ボールラインアウトでオーバーしたボールを2樫本が奪うと9ゲニアに回し、右端の14南藤へ。内返しのパスでもう一度ゲニアにボールが渡ると、危なげなくトライを決める。後ろから追ってきていた5カパも余っていた。

前半6分、トライへと向かうゲニア。

この1トライで、勝利を確信した。もう大丈夫だ、と。
後半最初に先制トライをあげたことも、大きな意味を持つクーパーのキックパスから、右端を走っていたカパが取ったトライだ。
世界レベルの2人が織りなす芸術のようなトライシーン。多くのファンは花園でのスーパープレーに魅力されたことだろう。

カパのトライ。FWなのにWTBの働きもできる能力の持ち主。

後半35分の2金子のトライも良かった。15野口からの良いパスを受けて、インゴールに飛び込み雄叫び。
中央大学出身、入団3年目の金子は、決して「鳴り物入り」での入団ではなかった。
どちらかといえば目立たない方の彼は、毎年一つずつ課題を咀嚼し乗り越え、じっくり成長してきた。現在、チームの主力となりつつある。
そんな彼が決めるトライには意味がある。ライナーズの育成は間違っていない、という意味が。壁を着実に乗り越えればホームのファンの前でプレーすることができる。若手の多くがそれを信じることができれば、チームの層は厚くなるのだ。

金子のトライには目頭が熱くなった。

あえて、あえて今日の試合に苦言を呈するなら、「緩んだ時間」があったこと。
前半終盤に自陣に釘付けにされたり、終了間際にトライを取られたり。やりきること。80分続けること。
ディビジョン1にあがるチームなら、一瞬の気の緩みでも許されない。

これで1勝1敗。
新型コロナ禍でまだまだ試合自体が開催されるか予想できない状況だ。
そんな中でも1つずつ勝ちを積み上げ、ディビジョン2優勝、そしてディビジョン1昇格を目指したい。

本日の要素分析

スクラム

ライナーズ7:3ヒート
ファーストスクラムでペナルティを取られたが、後は良く押せていた。経験豊富な1佐々木、2樫本もさることながら、ルーキーの3文のパフォーマンスも高かった。
文は「2人にうまくついていけた」と自己評価。さらなる進化に期待が高まる。

コンタクト・ブレイクダウン


ライナーズ5:5ヒート
前節の直接の敗因と言えるブレイクダウンでも、遅れを取ることはなかった。が、2人目のフォローが早くなったわけではない。徐々にしか改善しないだろうが、毎試合の積み重ねを期待したい。アタックでの当たりは、4タファ、5カパを中心に勝っていた。コンタクでの勝利が外での優位を作っていた。

ゲームコントロール

ライナーズ7:3ヒート
10クーパーのファンタスティックなプレーが炸裂した。「普通そんなとこパスが通ると思ってディフェンスしない」ってパスを立て続けにされては、ヒートもたまらないだろう。

決定力

ライナーズ6:4ヒート
よく外までボールが回り、CTB、WTBの見せ場が多い試合だった。が、最も強烈だったのは10クーパーのキックパスを右端で受けた5カパ。FWをやりながらBKをやり取りきっていた。

キック

ライナーズ7:3ヒート
空中戦を制したのもライナーズ。エリアを取りに来るヒートに対し真っ向から勝負を挑み、蹴り勝つ(キック合戦が始まった場所よりも優位な場所でプレーが再開される)シーンがよく見られた。また試験的ルール・50:22もライナーズが活用していて、9ゲニア、15野口が1度ずつ決めてチャンスを作っていた。

ディフェンス

ライナーズ7:3ヒート
前半の後半、自陣でのプレーが大きなったライナーズだが、粘って守り切ることができた。後半もその流れを手放さず、ほぼヒート陣内。最後の被トライに「残念だ」と思えるほど前進を許さなかった。

次戦は1週あいて、2月6日12時キックオフ。スカイアクティブズ広島と、広島総合運動公園にて。
総合力で見ればライナーズが上回るが、緩みのないプレーで完封勝利を目指したい。

 

スポンサーリンク

編集長 前田

編集長 前田東大阪探検隊隊長・編集長

投稿者プロフィール

特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか代表編集長兼東大阪探検隊隊長。
ふとした思いつきからはじめたWEBサイトが、13年。
これからは地域に嵐を呼びます。覚悟しろ!

好きなモノ:近鉄ライナーズ、阪神タイガース、競馬、ゲーム、プラモデル、楽でお金になる仕事。
嫌いなモノ:愛、本物

スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

リーグワンを愛して2022

俊徳道ゴールドラッシュ俊徳道ゴールドラッシュ

東大阪ローカルメディア的日常東大阪ローカルメディア的日常

東大阪街角定点観測特設サイト

まず密にならない東大阪名所案内

ついに物販に進出!週ひがエコバッグ販売中。

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

新型コロナウイルス感染症対策サイト(非公式)

プロ野球人名辞典

東大阪の今を知るツイート!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

LINEオフィシャル

週刊ひがしおおさかのLINEアカウントは、週に1,2回東大阪の情報をお届けします。ぜひ友達登録してください。

週間人気記事

この1週間の人気記事

Last Update 2022.05.25

Honya Club.com
ページ上部へ戻る