夏の聖地を高校生ラガーが駆けまわる!東大阪市が花園を無償開放

この記事は
   

夏の花園を高校生ラガーが駆けまわる光景が拝めるとは…!
新型コロナウイルスの影響で、部活動が制限されている大阪府下の高校ラグビー部。
そんな状況を鑑みた東大阪市は、8月23日(日)から東大阪市花園ラグビー場メイングラウンドを無償開放を始めました。

花園を気持ちよさそうに走り抜ける高校生ラガーたち。

全国高等学校体育連盟を通して募集をかけ公立・私立の30校が集まりました。
グラウンドは8月23日(日)、30日(日)、9月13日(日)の3回に分け1日10校ずつ使用。
初回は近畿大学附属高校、大阪緑涼高校の2校がグラウンドを駆け回りました。
東大阪市職員の廣田さんは「学生さんたちは、朝早くからスタジアムの前で開場を今か今かと待っていました」と、当日朝の様子を話します。

2校が半面ずつ、2時間使用。ビジョンには校名リストが大きく表示された。

「花園で飲む水、うまいなー!」って、本気で聞こえたこの日。
ラグビーの聖地では、ウォーターブレイクでさえも特別です。

生駒の山を仰ぎながら、アップする近畿大学附属高校ラグビー部。

近大附属は春に休校期間があり、ラグビー部の活動は各自自宅でのトレーニングに制限されていました。
休校が明け徐々に部活動を再開できたものの、むろん、夏合宿はありません。
「感染症対策をしないといけないので1つ1つに時間はかかります」と木平雅之監督。「だからこそ、ラグビーができる喜びを感じますね。今日はトップバッターでしたし、至福の時間でした」

近大のロゴ入りマスクをつけ指導にあたる木平監督。

「部員は前日から緊張気味でした」と話すのは山本大誠主将。
そう、花園の芝を踏むとはそういうことなのです。全国大会で試合をしないと入れない、特別な場所。
夏の花園を無償で開放するのは史上初の出来事であり、東大阪がラグビーのまちだからこそできる支援なのです。
練習前の円陣では、「このグラウンドでプレーできることに感謝して、めいっぱいがんばろう!」と山本主将の声がグラウンドにこだましました。

「学校は人工芝。花園は天然芝なので引っかかって少し重く感じました」と芝の違いを体感する山本主将。

照りつける太陽も何のその、2時間の練習で清々しい汗を流したラガーたち。
コンタクトありの試合形式の練習や、大阪緑涼とセブンズの試合も行われました。

大阪緑涼は参加校中唯一の女子チーム。

年末年始の全国大会は現在予選を含め開催を決定しており、どのチームも活動が制限されるなか、目標を定め練習しています。
高校生ラガーよ、今度は冬の花園へ帰ってきてくれ。
この陰鬱としたコロナ禍を吹き飛ばすようなプレーをして、時代の希望となるのだ!

 
mihorobot

mihorobot東大阪探検隊・記者

投稿者プロフィール

生粋の八戸ノ里っ子。人気の八戸ノ里東小・小阪中学校校区に住んでいる。
取材へ行けば、同級生のお父さんがやってるお店だった・・・ということが多々あり。
尊敬する人は藤子・F・不二雄先生。

スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪街角定点観測特設サイト

ついに物販に進出!週ひがエコバッグ販売中。

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

東大阪の今を知るツイート!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

LINEオフィシャル

週刊ひがしおおさかのLINEアカウントは、週に1,2回東大阪の情報をお届けします。ぜひ友達登録してください。

週間人気記事

この1週間の人気記事

Last Update 2020.9.25

Honya Club.com
ページ上部へ戻る