週ひが目線?花園近鉄ライナーズvs三重ホンダヒート順位決定戦 見どころ

   

さあやってきた大一番。ライナーズが好きすぎて仕事が手に付かない週刊ひがしおおさかが、積年の思いを込めてお送りする今週の見どころ。
第11回は、順位決定戦第2ラウンド、三重ホンダヒート戦。ライナーズのホームグラウンドである東大阪市花園ラグビー場にて4月30日(土)14時30分キックオフです。
リーグ戦での上位3チームが1回戦総当りで対戦する順位決定戦。1位になれば、ディビジョン1への自動昇格が決まります。先週、リーグ3位のヒートが1位のダイナボアーズを破る波乱もあり。見に来れない方は、Jスポーツの中継をご覧になって声援を。

ラグビー見るならJSPORTS

花園近鉄ライナーズプロフィール

さすがトンガ代表、シラ・プアフィシ。でかい。

リーグ戦8勝2敗の2位で終えたライナーズは、1929年に創部し90年を超える歴史を誇る最古参。しかし2017年シーズンに降格し、現在も下部リーグ(ディビジョン2)に所属。リーグ最終戦で釜石シーウェイブスに対し98−12の歴史的大差で圧勝し勢いに乗る。
順位決定戦は3チームの総当りで、連勝して自動昇格を決めたい。率いるのは、U20日本代表の水間良武ヘッドコーチ。ホストエリアは大阪府東大阪市、東大阪市花園ラグビー場を拠点にしている。

三重ホンダヒート

先週、19−17でリーグ戦1位のダイナボアーズを撃破。3位からの順位決定戦1位そしてディビジョン1への自動昇格を狙う。
本拠地は三重県鈴鹿市。2009年にトップリーグに初昇格。近年チーム力が向上しており、2018年度には9位に。リーグワン発足ではディビジョン2となったが、ディビジョン1と相違ない戦歴を持つ。

この試合の意味合い

リーグ戦第2節(1月22日)の対戦は花園でライナーズの大勝(62−10)。第8節(3月20日)は鈴鹿でライナーズの劇的な逆転勝ち(40−30)。先週、ヒートがダイナボアーズに勝利したことにより重要度が増した一戦。ライナーズは勝たなければ自動昇格が潰え、ヒートが勝てば順位決定戦連勝で自動昇格を手に入れる。

注目選手

花園近鉄ライナーズメンバー

1李 城鏞 2金子 惠一 3シラ・プアフィシ 4松岡 勇 5菅原 貴人 6野中 翔平 ◎ 7ジェド・ブラウン 8セル ジョセ
9ウィル・ゲニア 10クウェイド・クーパー 11片岡 涼亮 12吉本 匠 13シオサイア・フィフィタ 14木村 朋也 15竹田 宜純
16樫本 敦 17佐々木 駿 18ラタ・タンギマナ 19パトリック・タファ 20上山 黎哉 21人羅 奎太郎 22岡村 晃司 23林 隆広

今季のライナーズの象徴だった、ワクァとカパが欠場。変わって4松岡、5菅原がロックに入る。1李、2金子、12吉本、20上山、22岡村、23林など釜石戦の大勝で活躍したメンバーが選ばれている。そしてやはり鍵になるのは9ゲニアと10クーパーの復帰だ。相手を翻弄するラグビーで、勝利をもぎ取りたい。

三重ホンダヒート

1鶴川 達彦 2李 承爀 3マティウス・バッソン 4小林 亮太 5フランコ・モスタート 6ポール・スクーマン 7古田 凌 ◎ 8ヴィリアミ・アフ・カイポウリ
9山路 健太 10朴 成基 11尾又 寛汰 12クリントン・ノックス 13渡邉 弐貴 14生方 信孝 15マット・ダフィー
16西澤 将太 17藤井 拓海 18吉岡 大貴 19パディー・バトラー 20辻 惇朗 21根塚 聖冴 22ジョノ・ランス 23森川 海斗

先週のダイナボアーズ戦からの変更は、6スクーマンと13渡邉のみ。充実の戦力が揃った。ダイナボアーズ戦連勝の立役者、5モスタート、8カイポウリ、22ランスなど強力なペネトレーターと意思統一されたディフェンスが花園でも光るか。

戦力比較

スクラム

ライナーズ6:4ヒート
日野戦、釜石戦とスクラムで勝利できたライナーズの原動力は3シラの加入。でかくて強い3がいると、負けないというスクラム伝説は本当だった。ヒートのスクラムもダイナボアーズと互角以上で組んでおり、スタートのスクラムは五分。後半、佐々木、樫本が控えるライナーズにやや分があるか。

スクラムもしっかり組めていたラタ。今回もリザーブスタート。

ラインアウト

ライナーズ4:6ヒート
ダイナボアーズ戦、ラインアウトの圧勝が勝利の原動力になったヒート。一方ライナーズは、カパとワクァの高身長ジャンパーが不在だ。

釜石戦ではジャンパーにもなった菅原。

コンタクト・ブレイクダウン

ライナーズ4:6ヒート
ブレイクダウンに勝負をかけるダイナボアーズを返り討ちにしたヒート。ライナーズも働き者のジェドを筆頭に菅原、松岡、野中でディフェンスでのコンタクトはレベルアップ。課題は、アタック時。

ルーキーながら素晴らしい仕事をした上山。

ゲームコントロール

ライナーズ7:3ヒート
ライナーズが誇るワラビーズのハーフ団が試合を支配する。スペースを生み出し、ランニングコースを2人の動きで作り出せば、トライラッシュの未来が見える。

誰よりも試合に出たい男ウィル・ゲニア。

決定力

ライナーズ6:4ヒート
リーグ最終戦に大爆発したライナーズのBKが、よりパワーアップして登場する。ハーフ団の指揮に応えるべく、11片岡、12吉本、13フィフィタ、14木村、15竹田の切れ味抜群なランナーでトライを取りきってくれるだろう。

片岡&木村はライナーズの顔になった。

キック

ライナーズ5:5ヒート
ヒート10朴の正確で長いキックに加え、リザーブに入る23ランスの存在が大きい。ライナーズのキックのキーマンは15竹田。蹴り合いになったときの判断に注目したい。

やっぱりFBは竹田がいい!

ディフェンス

ライナーズ5:5ヒート
ダイナボアーズ戦で反則なく守りきったヒートのディフェンスは脅威。3月にイエロー2枚、レッド1枚を出したときとは別のチームだ。ライナーズもディフェンスには一家言あり。トライ同様、ゴールラインを背にしたお互いのディフェンスも勝敗を左右する重要な要素だ。

キャプテン野中が、精神的支柱になる。

スーパーポジティブスコア予想

ライナーズ24-19ヒート
ナイスゲームを期待したい。

スポンサーリンク

編集長 前田

編集長 前田東大阪探検隊隊長・編集長

投稿者プロフィール

特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか代表編集長兼東大阪探検隊隊長。
ふとした思いつきからはじめたWEBサイトが、13年。
これからは地域に嵐を呼びます。覚悟しろ!

好きなモノ:近鉄ライナーズ、阪神タイガース、競馬、ゲーム、プラモデル、楽でお金になる仕事。
嫌いなモノ:愛、本物

スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

リーグワンを愛して2022

俊徳道ゴールドラッシュ俊徳道ゴールドラッシュ

東大阪ローカルメディア的日常東大阪ローカルメディア的日常

東大阪街角定点観測特設サイト

まず密にならない東大阪名所案内

ついに物販に進出!週ひがエコバッグ販売中。

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

新型コロナウイルス感染症対策サイト(非公式)

プロ野球人名辞典

東大阪の今を知るツイート!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

LINEオフィシャル

週刊ひがしおおさかのLINEアカウントは、週に1,2回東大阪の情報をお届けします。ぜひ友達登録してください。

週間人気記事

この1週間の人気記事

Last Update 2022.05.18

Honya Club.com
ページ上部へ戻る