いいスニーカーを地域の皆さんに 八戸ノ里にシューズの伝道師”KICKS EIGHT”が現れた!

2月某日、日が暮れた八戸ノ里商店街で、とあるお店に行列が発生していました。しかも並んでいるのは若者ばかり。場所は1月オープンのおしゃれ八百屋「野菜のお店 ”八”」。「え?!何事!」と一時騒然としましたが…

S__3858438

こんな夜に、若者たちの行列。一体何が起こったのか…。

2階の窓にライトアップされていたのは、スニーカー。どうやらバスケットシューズのよう。

DSC01991

ここ、堀江とかじゃないよね?!と疑いたくなるおしゃれ感。

開店したのは、スニーカーショップ「KICKS EIGHT」。良いスニーカーの魅力を八戸ノ里に伝えるべく立ち上がった伝道師、現代のフランシスコ・ザビエルなのです。

DSC01765

店長の辻原さんが、楽しそうに初心者用のシューズを選んでくれます。

おいしそうな野菜が並ぶ「八」の奥の階段を上がって2階へ。壁面にところ狭しと並べられているのは、ビンテージ化したバスケットシューズから、入門用と位置づけられる1万円以下のスニーカーまで。まるでスニーカーの展示会場。そうか、あの行列は、スニーカーマニアの若者たちが開店前から並んでいたんですね。
そんなマニアなお客さんたちも「実物を見るのが初めて」とSNSで発信するほど、レアなものまである、宝の山なのです。

「AIR JORDAN MTM」と言えば、マニアにはズバッと通じるんだって。

「AIR JORDAN MTM」と言えば、マニアにはズバッと通じるんだって。

しかし、記者にはあまり違いがわからない。失礼ながら、デザインの差しか見えてこない。

「もちろんデザインもあるのですが、クッションとか耐久性とかですね。一度履いてもらえると、違いがわかりますよ。膝を傷めにくいとか、疲れないとか。」
と応えてくれたのは、店長の辻原達也さん。「好きすぎて」とスニーカーに囲まれた笑顔がさわやかな青年です。
「初心者なら、これですかね。これも、いいですね。十分良さをわかってもらえると思いますよ。」
と何も知らない記者に懸命に伝えてくれたのは、商品の良さと、コストにみあった商品の価値です。

KICKSとはシューズのこと。EIGHTは八戸ノ里の「8」。

KICKSとはシューズのこと。EIGHTは八戸ノ里の「8」。

マニア向けで来る人を選ぶのではなく「いいものに触れてもらいたい」という熱意がビシバシ感じられます。八戸ノ里に舞い降りた、スニーカーの伝道師です。
これって、商店街の基本と同じ。加えて東大阪の小学校は、過半数にミニバス(ミニバスケットボール)のチームがある。東大阪市って実は「バスケ王国」。子供たちが、学生が、おじいちゃんおばあちゃんまでがスペシャルなシューズを履いて、八戸ノ里を歩いている未来が、記者の目には見えました。

DSC01782

辻原さんの笑顔と店内のシューズ。

「野菜のお店 ”八”」の奥の階段を上がればそこはシューズワールド。一度話を聞きに行ってみては?見ることだけじゃなく、履くことが、歩くことが楽しくなるかもよ。

取材店舗データ
店名:KICK EIGHT
住所:東大阪市下小阪5-6-3 2F ※1Fは野菜のお店 ”八”
電話番号:06-4309-5478
営業時間:月曜〜金曜 14:00〜20:00、土曜・日曜 11:00〜18:00
駐車場:なし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

MaechanYK

MaechanYK東大阪探検隊隊長・編集長

投稿者プロフィール

特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか代表編集長兼東大阪探検隊隊長。
ふとした思いつきからはじめたWEBサイトが、もうすぐ10年。
もっともっと影響力を持ったサイトにしていきたいです。

好きなモノ:近鉄ライナーズ、阪神タイガース、競馬、ゲーム、プラモデル、楽でお金になる仕事。
嫌いなモノ:愛、本物

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com