花園にトンガ代表トウタイ ケフHCがやってきた!近鉄・タウファ統悦が通訳で登場

ラグビーワールドカップ2019日本大会(RWC)まで、もう2年を切りました。チケットのセット券抽選受付も開始され、少しずつ高まってくるRWCの熱。
そんな中、1月23日(火)、花園にあの大物がやってきました。トンガ代表ヘッドコーチ(HC)のトウタイ ケフ氏です。スタッフを引き連れ、RWCに向けた花園視察にやってきたのです。

「芝を確かめるポーズを取って」とのリクエストに応えるケフHC。いい人そう。

元オーストラリア代表で、2004~2010年クボタスピアーズに在籍。2013~2016年2月まで同チームのHCを務めていたトウタイ ケフ氏。
視察中、終始ニコニコと花園のグラウンドを歩き、すっごくいい人そうな印象。

さあ、囲み取材がはじまった。ん?なんだか見たことある顔が…。

なんと隣にいたのは、近鉄ライナーズのベテランFL・タウファ統悦選手。
今日は通訳としてケフHCをサポートしているとのこと。しかも、なんか仲良さそう。

そうか、トンガつながり!

「お二人は旧知の仲なんですか?」と恐る恐る聞いてみると、「トップリーグの頃からね。プライベートでも一緒にご飯にいったりする仲です」と統悦選手。今日はケフHCの取材と思って来ましたが、思わぬ収穫です。

さて、肝心の囲み取材。

記者:花園を視察し、どこが良かったですか?
ケフHC:グラウンド、そして真っ赤な座席がとても素晴らしかったです。赤はトンガの色ですね。

記者:ご自身も現役時代、花園でのプレー経験があると思います。当時と印象は違いますか?
ケフHC:あまり変わってないけど、はじめて花園に来た時、赤いシートだったことがとても印象に残ってます。

記者:トンガ代表は2試合を花園で開催しますが、そのことについてどう思いますか?
ケフHC:トンガらしいパフォーマンスをしたいです。花園では、日本のみなさんに2つめの国と思って応援してほしい。この赤い席が力になります!

赤いシートについてめちゃくちゃ言及するケフ氏。
よほど印象に残ったのか、ほかに取り上げることがなかったのか。前者と信じましょう。

HCとしてのコメントもちゃんと言っていたので、気になる人は関西ラグビーフットボール協会サイトをチェック。

約5分の囲み取材を終え、統悦選手とグラウンドを後にしたケフHC。
週ひがの心をバッチリわしづかみにしていきました。

「今日どこ飲みに行く?」という話をしていそうな二人。やや双子コーデ感があって◎。

花園では4試合が行われますが、うち2試合はトンガvsアルゼンチン(2019/9/28)、トンガvsアメリカ(2019/10/13)のトンガまつり。
これはもう、市をあげて歓迎するしかないでしょう!

トンガの公用語は英語とトンガ語。トンガ語はさすがにあいさつ程度しか覚えられそうにありませんが、義務教育を終えた東大阪市民ならコミュニケーションを取れるはず。
言語以外にも、「東大阪ツーリズム振興機構」では外国人観光客への対応スキルを学べるセミナーを開催予定。

もしかしたらケフHCや選手が、あなたの家の近くや行きつけのお店にやってくるかもしれない。
そんなワクワク感をもって、精一杯おもてなしの準備をしていきたいと感じた週ひがでした。

1月23日時点ではこんな感じ。高校大会で設置されていたビジョンはなくなり、新たに大型ビジョンができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

mihorobot

mihorobot東大阪探検隊・記者

投稿者プロフィール

生粋の八戸ノ里っ子。人気の八戸ノ里東小・小阪中学校校区に住んでいる。
取材へ行けば、同級生のお父さんがやってるお店だった・・・ということが多々あり。
尊敬する人は藤子・F・不二雄先生。

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com