週ひが目線?花園近鉄ライナーズvs三菱重工相模原ダイナボアーズ 見どころ

   

ライナーズ大好き週刊ひがしおおさかが、ガチでライナーズ目線で試合を予想しちゃいます。
第1回は三菱重工相模原ダイナボアーズ戦。1月10日東京・秩父宮ラグビー場にて13時キックオフです。中継はJスポーツをご覧ください。

花園近鉄ライナーズプロフィール

花園を本拠地にするライナーズ。

1929年創部。ホストエリアは大阪府東大阪市。1950年代に黄金期を過ごし日本ラグビー発展の礎を気付いた最古参。2017年度シーズンにトップチャレンジリーグ(2部)へ降格して以来、昇格を必達の目標にしている。今季よりU20日本代表の水間良武ヘッドコーチが就任。

三菱重工相模原ダイナボアーズプロフィール

ダイナボアーズと言えば、シェーン・ウィリアムズ!

神奈川県相模原市に本拠地を置く。1970年創部もリーグ・ワンの前進トップリーグ初昇格は2007年シーズン。1年で降格したが、2018年に再昇格を果たした。リーグ・ワンにはディビジョン2より参戦。

この試合の意味合い

両チームにとってリーグ・ワン初戦。お互いディビジョン1昇格に向けて勝って勢いをつけたい。戦力的にも大きな差はなく、接戦が予想される。
ライナーズ、ダイナボアーズともに試合直前にチーム内で新型コロナの陽性反応が確認され、戦術に微妙なズレが見込まれる。

注目選手

ライナーズメンバー

1佐々木 駿 2樫本 敦 3三竹 康太 4松岡 勇 5パトリック ・タファ 6ツポウ テビタ 7ジェド ・ブラウン 8野中 翔平 
9ウィル ・ゲニア 10クウェイド ・クーパー 11片岡 涼亮 12岡村 晃司 13シオサイア ・フィフィタ 14南藤 辰馬 15野口 大輔
16金子 惠一 17田中 健太 18文 裕徹 19尾上 俊光 20横井 隼 21人羅 奎太郎 22吉本 匠 23ジョシュア ・ノーラ

スクラムに注目。今季より加入の佐々木が1番に入り、昨季はけがでほぼ出場できなかった樫本、成長中の三竹とフロントロー(スクラム最前列)に入る。勝利にはここで五分以上に組み勝つ必要がある。
昨季はチームにフィットする前にシーズンが終わったフィフィタ。実質1年目のシーズンでどこまで戦術にフィットするかが、ライナーズの得点力に直結する。

ダイナボアーズメンバー

1川俣 直樹 2安江 祥光 3森本 潤 4リンディ 真ダニエル 5エピネリ ・ウルイヴァイティ 6鶴谷 昌隆 7小林 訓也 8ディラン ・ネル 
9岩村 昂太 10コリン ・スレイド 11タウモハパイ ホネティ 12奈良 望 13マット ・ヴァエガ 14ベン ・ポルドリッジ 15石田 一貴
16宮里 侑樹 17小木曽 晃大 18石井 智亮 19ジャクソン ・ヘモポ 20サム ・チョンキット 21イーリ ニコラス 22マイケル ・リトル 23川上 剛右

1列に川俣、安江の日本代表経験のある2人と3年目の森本で構成されるスクラムは強力。
安定したスクラムから岩村、元オールブラックスのスレイドのゲームメイクも注目で外のプレーヤーにボールが供給されると大きな得点源になる。

戦力比較

スクラム

ライナーズ4:6ダイナボアーズ
組んでみないとわからないが、フロントローの経験値に差があると見る。後半にダイナボアーズが石井(2018-2020にライナーズ在籍)が出場した際は、対面の田中とのマッチアップが楽しみでもある。

今季から加入した佐々木駿。フィールドプレーもいい。

ラインアウト

ライナーズ4:6ダイナボアーズ
「チェスのよう」と形容されるラインアウトだが、ライナーズの大きな課題。まず高さでやや不利か。
ここ数試合、ラインアウトコーラー(サインを出す選手)はカパが務めていたため不安が残る。

コンタクト・ブレイクダウン

ライナーズ5:5ダイナボアーズ
年末のNTTドコモ戦で一方的に負けていたのが相手との当たり。密集ではかなりの確率でボールを奪われていた。ジェドがメンバーに入ったのは密集での仕事量を重視してだろう。

ゲームコントロール

ライナーズ6:4ダイナボアーズ
オーストラリア代表のハーフ団(9番と10番の選手)、ゲニアとクーパーが操るパスワークとスペース感覚はリーグワンでも上位。この試合でもどんなイリュージョンが待っているのか楽しみである。
ダイナボアーズはハーフ団のマッチアップというよりも、いかにゲニアとクーパーにプレッシャーをかけていくかがポイントになる。

決定力

ライナーズ6:4ダイナボアーズ
ハーフ団から長いパスで外へ回せば、フィフィタを中心に片岡、岡村、南藤の速いバックスが揃う。またリザーブのジョシュアの決定力とクーパーとの相性はピカイチで、おそらく後半に投入されれば大きな得点源になる。
ダイナボアーズはホネティに注目。大卒時にライナーズのテストを受けていたが「縁がなく」入団には至らなかった。紆余曲折を経ての対戦で、意地でも走らせたくない。

キック

初戦なので不明。試験的ルールの50:22など、より重要度の増す要素である。
エリア取りでは野口の精度が、コンバージョンとペナルティゴールではクーパーの気まぐれ度合いが鍵になる。

ディフェンス

初戦ゆえにお互いのディフェンスシステムは不明。ライナーズはなるべく前で当たって動きを止めたいはず。

スコア予想

ライナーズ27-21ダイナボアーズ
後半、ジョシュア投入時まで同点もしくはリードしていれば完璧!

スポンサーリンク

編集長 前田

編集長 前田東大阪探検隊隊長・編集長

投稿者プロフィール

特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか代表編集長兼東大阪探検隊隊長。
ふとした思いつきからはじめたWEBサイトが、13年。
これからは地域に嵐を呼びます。覚悟しろ!

好きなモノ:近鉄ライナーズ、阪神タイガース、競馬、ゲーム、プラモデル、楽でお金になる仕事。
嫌いなモノ:愛、本物

スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

リーグワンを愛して2022

俊徳道ゴールドラッシュ俊徳道ゴールドラッシュ

東大阪ローカルメディア的日常東大阪ローカルメディア的日常

東大阪街角定点観測特設サイト

まず密にならない東大阪名所案内

ついに物販に進出!週ひがエコバッグ販売中。

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

新型コロナウイルス感染症対策サイト(非公式)

プロ野球人名辞典

東大阪の今を知るツイート!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

LINEオフィシャル

週刊ひがしおおさかのLINEアカウントは、週に1,2回東大阪の情報をお届けします。ぜひ友達登録してください。

週間人気記事

この1週間の人気記事

Last Update 2022.05.25

Honya Club.com
ページ上部へ戻る