2022シーズン終了!スタンドも配信もガラガラだけど、がんばれゼロロクブルズ ともに野球の底力を見に行こう

   

10月4日(火)、週刊ひがしおおさかの一つの事業が終了しました。東大阪市花園セントラルスタジアムを本拠地にする独立リーグの野球チーム「06BULLS」がシーズン最終戦を終え、週刊ひがしおおさかが担っていたホームゲームのライブ配信が完了したのです。

ネット裏の特等席を確保するので、最初の頃は「邪魔だ」とファンの方に怒られることも…笑

今シーズンのホームゲーム全24試合。配信チャンネルは公式YouTubeの「ゼロロクTV」でしたが、週ひがスタッフ(主にホッケー梶間と隣の栗田さん)が担当し、さまざまなチャレンジをしました。

ラグビーやサッカーなど主に野外での配信を得意にする週刊ひがしおおさかも、当初は慣れない野球に大苦戦。カウントやスコアを表示したり、カメラをたくさん用意したり。1番難儀だったのは、やっぱりセンターからのカメラの実現です。
ちょっとお高い機材をレンタルして、仲良しのお店にスポンサーになってもらって、他は持ち出しで実施しました。そう、この事業はチームからも予算は発生していません。その経緯は、めんどくさいんでまた後日。

野球人の憧れ「センターカメラ」を実現するために(note)

収益以上に寂しいのは、やはり閲覧数です。同時接続はピークでも30人程度で、アーカイブを含める再生回数も1000人を超えることは稀。
これは、ライナーズや大学ラグビーの1/20程度。大幅なテコ入れが必要なのは間違いないでしょう。

配信と同様に、スタンドもさみしい状態です。結果的にホーム全試合の会場にいた僕たちの目視では、平日昼間の開催では多くて20人。それも選手の家族やスポンサー関連など、広義の関係者だと感じられます。

最終戦のスタンド。フリーでどこにでも座れるが、独立リーグはだいたいこんなもん。

原因はハッキリしています。まずは、圧倒的な知名度不足。
2012年のリーグ戦参加から10年が経過した06BULLSですが、今も多くの読者(週ひがのファン)から「野球チームがあったんですね!」と言われる状況です。地域イベントに参加したり、駅でチラシを配布したり、ちゃんと地域へのアピールはしていますがなんせマスメディアでの露出がない。野球の世界から外に情報が出ない。

リーグの力不足も否めません。毎年のようにNPB(いわゆるプロ野球)ドラフトを賑わす四国アイランドリーグやBCリーグと違い、関西独立リーグからはほぼ誰もドラフトで名を呼ばれません。リーグ名である「さわかみ関西独立リーグ」は、野球村の中でも知名度で負けているのです。

10年経った今も、06BULLSはまだNPBに選手を送り込めていません。選手にとって、NPBに行くために実力を向上させる場所が独立リーグ。だとしたら、その実績がないリーグやチームは選手からも選ばれにくい。

行政からの支援も引き出せているとは言えず、ホームにしている花園セントラルスタジアムの優先使用権は得られていません。他の団体と同じように、数ヶ月前に実施される抽選に参加するのです。アマチュア球界で貴重な「硬式野球ができるスタジアム」でもある花園は激戦で、集客のしやすい土日は年に数えるくらいしか試合を実施できません。
さらにナイター設備がないので、平日昼間の試合開催が基本。集客での大きなハンデを背負っています。

兵庫ブレイバーズが使用する「あじさいスタジアム北神戸」はナイター完備。

「独立リーグのチームなんて誰が応援するんだ」という意見も根強いでしょう。
・テレビへの露出がないスポーツ選手を好きになれない
・著名人でなければ利用価値がない
と、昭和のスポーツ感を持っている市民も多く、それも間違いとは言い切れない面もあります。

ライナーズに在籍する世界のスーパースター「クウェイド・クーパー」も、日本では集客につながってはいない。

その一方で、四国アイランドリーグはある程度の地位を得ています。所属選手からロッテの角中勝也のような侍ジャパンまで排出していて「目の前の選手がいつかスターに」という流れができています。

しかし、関西でスポーツビジネスに携わる多くの人たちから聞こえてくるのは
「阪神タイガース以外に人々が興味を示さない」
という事実です。
ライナーズやFC大阪はまだしも、同じ競技の06BULLSにとって、NPBの超人気球団と比較されてはたまりません。タイガースファンが来てくれるのか、NPBのファンが来てくれるのか。見込み客がどこにいるのかを本気で考えず、ただ野球の試合をしているなら競合は阪神ってこと。勝ち筋が見えない商売です。

2013年6月16日オリックス主催のウェスタンリーグは超満員。

そうは言っても、やっぱり野球は力がある。ラグビーの配信をいくらがんばっても、配信しているチームそのもののファンの人たちからしか興味を持ってもらえませんが
「野球の配信をやっている」
というだけで、多くの人から褒めてもらえます。
ラグビーの配信は「ありがとう」と言ってもらえますが、
野球の配信は「すごいね」と言われるのです。

シーズン途中からは大野明浩アナウンサーが実況をしてくれました!

来季からチーム名も大阪ゼロロクブルズへと変更。阪神タイガースOBの桜井広大監督も辞任し、チームの顔でもあった孫入優希キャプテンもスタッフに転向します。
次の監督人事などは不明ですが、事業としての岐路であることは間違いありません。ビジネスになるか、夢のままで終わるのか。

06BULLSを応援する理由を僕たちは欲している。

偶然のNPB入りに期待するのは、タイガースがいない場所でこそ成り立つスキームである。
そう定義し、考え、独立リーグらしくないチームとして脱皮できた時、ゼロロクブルズは大きく飛躍し多くのファンを獲得できるでしょう。

スポーツビジネスの楽しさとは、ファンを作る過程満員のスタンドにつながる小さな努力の積み重ねだ。
がんばれゼロロクブルズ。我々も力を惜しまない。ともに、野球の底力を見に行こう。臆することはない。だってみんながやってるのは、野球なのだから。

スポンサーリンク

編集長 前田

編集長 前田東大阪探検隊隊長・編集長

投稿者プロフィール

特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか代表編集長兼東大阪探検隊隊長。
ふとした思いつきからはじめたWEBサイトが、13年。
これからは地域に嵐を呼びます。覚悟しろ!

好きなモノ:花園近鉄ライナーズ、阪神タイガース、競馬、ゲーム、プラモデル、楽でお金になる仕事。
嫌いなモノ:愛、本物

スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

リーグワンを愛して2022

俊徳道ゴールドラッシュ俊徳道ゴールドラッシュ

東大阪ローカルメディア的日常東大阪ローカルメディア的日常

東大阪街角定点観測特設サイト

まず密にならない東大阪名所案内

ついに物販に進出!週ひがエコバッグ販売中。

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

新型コロナウイルス感染症対策サイト(非公式)

プロ野球人名辞典

東大阪の今を知るツイート!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

LINEオフィシャル

週刊ひがしおおさかのLINEアカウントは、週に1,2回東大阪の情報をお届けします。ぜひ友達登録してください。

週間人気記事

この1週間の人気記事

Last Update 2022.11.21

Honya Club.com
ページ上部へ戻る