高校ラグビー準決勝  尾道FWで健闘、60分間走り続けた東福岡が決勝へ 尾道 対 東福岡

中国地方勢で初の決勝戦進出を狙う尾道と、選抜、セブンズに続き3冠を狙う東福岡の対戦。

先制したのは東福岡。4分ハーフライン左中央ラックから右へBK陣につなぎ、12永冨が中央へトライを挙げる。

しかし尾道は7分、10m左ラインアウトからピールオフし8松島が左中間へトライ。そこから勢いづき、2トライ目を奪取する。

02

前半で追いつきたい東福岡は反撃に出るも、尾道FW陣の強靭なタックルで素早いパス回しをブロックされる。尾道が繰り出すキックからのチェイスも相まって、なかなか前に進まない状況が続く。

04

しかし中盤、東福岡10松尾がディフェンスをすり抜け一気に攻め込み相手陣でのプレーに持ち込む。

そこから流れは東福岡へ。26分に25m右中間ラックから左へ、9古賀からパスを受けた10松尾がキック。6古川へ渡し、11岩佐がトライを挙げ12-12に。

同点で前半が終了する。

07

お互い負けられない後半。

序盤は一進一退の攻防が続いたが、17分、東福岡が10mライン中央ラックから左へBK陣でつなぎ11岩佐が中央トライを奪取する。

勢いに乗った東福岡はその後立て続けに2トライを挙げ、完全に自分たちのペースをつかむ。

一方尾道は東福岡の連続トライに集中力が切れ、前半の勢いがなくなる。

09

そしてロスタイムの31分、東福岡はゴール直前右中央ラックから右へ6キャプテン古川が右中間に駄目押しのトライを挙げる。12-40で試合が終了。

SONY DSC

後半失速したものの激しいディフェンスで相手を苦戦させた尾道と、最後まで自分たちのプレーを貫き通した東福岡。準決勝にふさわしい戦いとなった。

SONY DSC

尾道 梅本勝監督のコメント

中国地方の広島県勢初の決勝と言う、重い扉を開きたかったがまだまだ至らなかった。

相手がどうというよりも、自分たちのラグビーをいかにするか。集中力を持って60分戦うことが出来なかった。

相手に普通のラグビーをされると厳しい。精神的スタミナが要求される展開になり、力尽きた。

Q.王者に対し、勝つにはこの方法しかないという戦い(キックからのチェイス)をしたように思えたが。

A.選抜を含めると4大会連続で東福岡と対戦している。相手のことはよくわかっているつもり。例えばキックを蹴り返してこないシチュエーションはわかっているのでプレッシャーをかけて行けた。

Q.後半は東福岡が蹴り返してくるようになったが

A.東福岡がこちらに合わせてきたのは、進歩だと思う。が、普通のラグビーに耐えられる精神的スタミナが限界だった。去年よりは近づけたんじゃないかと思う。

うちは文武両道。子どもたちがこの後の人生にこの日を武器にしてくれたらと願う。

イベントデータ

第94回全国高校ラグビーフットボール大会
期間:12月27日(土)、12月28日(日)、12月30日(火)、1月1日(木)、1月3日(土)、1月5日(月)、1月7日(水)
公式サイト:http://rugby-kansai.or.jp/?page_id=6089
駐車場:あり(帰りにかなり混みます)

文:@mihorobot 
写真:@mihorobot

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

mihorobot

mihorobot東大阪探検隊・記者

投稿者プロフィール

生粋の八戸ノ里っ子。人気の八戸ノ里東小・小阪中学校校区に住んでいる。
取材へ行けば、同級生のお父さんがやってるお店だった・・・ということが多々あり。
尊敬する人は藤子・F・不二雄先生。

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com