FC大阪、J3参入へ「絶望的」から望みをつなぐ「奇跡の1勝」 前半途中から10人で戦うも、執念の逆転勝利!

この記事は
   

2020年11月22日(日)JFL(日本フットボールリーグ)第29節が行われ、FC大阪はホームで奈良クラブと対戦しました。
前半途中でDF橋本侑紀がイエローカード2枚で退場に。10人での戦いを強いられましたが、2-1で逆転勝利。現在の順位は8位となっています。

この日はホーム最終戦。ベンチ外の選手たちもスタンドから見守ります。

今節を行う前のFC大阪よりも上のチームの順位は以下の通り。

試合に勝利で勝点3、引き分けで勝点1、負けは勝点0。

FC大阪よりも先に試合をしたテゲバジャーロ宮崎(Jリーグ百年構想クラブ保有)が、FCマルヤス岡崎に勝利。この結果により、仮に最終節で敗戦しても4位以下になることがないため、宮崎のJ3参入が決定。J3参入枠はあと1つとなります。

その他のチームでは、いわきFCとヴィアティン三重が保有。FC大阪と同じ日にいわきFCとヴィアティン三重が対戦しました。勝点で離されたくないFC大阪としては、引き分けに終わってくれることが最高の結果で、なんと1-1の引き分け。さらに、4位Honda FCも引き分けたため、FC大阪は勝利すればJ3参入の可能性が出てくるという、奇跡のような展開に。

今シーズンは残り2試合。FC大阪に残されたJ3参入条件は2連勝しかありません。他のチームの勝敗条件は見どころ記事をご確認ください。

そんな中で行われた奈良クラブ戦。「阪奈ダービー」と呼ばれ、選手たちも「奈良クラブだけには」と、一段と気を引き締めて戦います。

負けたらJ3参入がなくなってしまう一戦で、フォーメーションは前節同様4-3-3。が、スタメンを大幅に変更します。
ここまで全試合でゴールを守ってきたGK永井文也に変え、田中大貴。DF前田悠斗やFW大山武蔵など、これまで途中出場が多かった選手を先発起用します。

今シーズン初スタメンに加え、JFLでも初出場となった田中。

開始1分、大山からいきなりチャンスが。
右サイドでMF木匠貴大のスルーパスに反応した大山がセンタリングを上げます。このボールにゴール正面でフリーになっていたFW塚田卓がヘディングシュート。しかし、わずかにゴール左に外れてしまい、決定機を逃します。

ピッチ上を縦横無尽に動き回る大山。奈良クラブのディフェンスをかき乱しました。

その後も大山を中心に相手ゴールに迫りますが、なかなか得点を奪えないFC大阪。
試合が動いたのは前半15分でした。右サイドで与えたフリーキックから、DF森本良(奈良クラブ)にヘディングで決められてしまい、先制を許します。

今シーズン、ここまで逆転勝利がないFC大阪。必勝が求められるだけに、苦しい試合展開となります。

それでも、この男がやってくれました、エースストライカー・FW川西誠。
前半25分、右サイドから前田がセンタリングを上げ、塚田がヘディングシュート。これはGKに弾かれますが、こぼれ球を川西が押し込み同点に追いつきます。

前田と抱き合ってよろこぶ川西(写真左)。

このまま勢いに乗りたいFC大阪でしたが、前半36分にDF橋本侑紀がイエローカード2枚でまさかのレッドカード。残り時間を10人で戦うことになります。

レッドカードが提示され、ピッチを後にする橋本。このときは、いわきFC戦が思い出されます。

ただ、試合終了後の会見でFC大阪の塚原真也監督は、「うちは守備から攻撃につなげるチーム。10人になったことで、全員の意思統一ができ、守備に徹することができました」と話します。
FC大阪は守備から攻撃へと展開するサッカーが主。フォーメーションを4-4-1に変え、10人で奈良クラブの攻撃を耐えて、カウンターからの攻撃に切り替えます。

前半を1-1のまま折り返しますが、後半も攻め込まれる場面が続きます。しかし、GK田中のナイスセーブなどもあり、なんとか耐えしのぐFC大阪。
次に試合が動いたのは後半33分でした。相手DFが持っているボールを高い位置で川西が奪うと、そのままペナルティーエリア内に。シュートを打つふりをして、MF江郷下奨へパス。これを江郷下がゴール右隅に決め、逆転に成功します。

点を決めてほしいときに、決めるのが江郷下!(ゴール前で倒れ込むのが江郷下)

その後もディフェンスで耐える時間が続きますが、全員で引いて守り、ゴールを死守。J3参入に向け、10人で執念を見せます。

今シーズン、有観客試合になってからホームでの勝利がないFC大阪。後半のアディショナルタイムは6分、観客席から声は出せませんが、全員が手拍子を送り、エールを送ります。
この6分は本当にとても長く感じました。アディショナルタイムに同点に、逆転された過去もあります。
ピッチ上にいる11人、ベンチのメンバー・監督、そして観客席が一体となり勝利を後押し。そしてついに試合終了のホイッスルが。
今シーズン初の有観客ホーム試合勝利&逆転勝利。なんとかJ3リーグ参入に向けて、可能性を残しました。

試合終了後、観客席に挨拶をする選手たち。拍手が鳴り止みませんでした。

次節は11月29日(日)、今季JFLを優勝した強敵・ヴェルスパ大分とアウェイで対戦します。
運命の最終節、J3参入条件は…
FC大阪は勝利必須
①Honda FCが敗戦、いわきFC、ヴィアティン三重が引き分けもしくは敗戦のとき。
②Honda FCが引き分け、いわきFC、ヴィアティン三重が引き分けもしくは敗戦のとき、FC大阪は7点差以上での勝利。

該当チームの対戦カードは
Honda FC vs FCマルヤス岡崎
テゲバジャーロ宮崎 vs いわきFC
ヴィアティン三重 vs 高知ユナイテッドSC

厳しい状況には変わりありませんが、可能性がある限り最終節も全力で勝利を目指して戦ってくれ。最高の結果を大阪で見守るファン・サポーターのために、持って帰るぞ!

試合終了後にはホーム最終戦ということで、セレモニーも。「今年は思い通りのシーズンではなかった。それでもJ3参入の可能性が残っています。残り1試合をFC大阪らしく堂々と戦ってきますので、応援よろしくお願いします」と疋田晴巳社長。


インタビュー動画版


■FC大阪公式ホームページ:FC大阪公式ウェブサイト

■公式記録:JFL公式


スポンサーリンク

ホッケー 梶間

ホッケー 梶間

投稿者プロフィール

山口県出身。
大学生のときに大阪にやってきました。
高校からホッケーを始め、現在もやっています。
なのでホッケー梶間です。
10chとYouTubeを見て生きています。
食べに行ったお店の中で1番カロリーが高そうなものをだいたい注文します。

スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

リーグワンを愛して2022

俊徳道ゴールドラッシュ俊徳道ゴールドラッシュ

東大阪ローカルメディア的日常東大阪ローカルメディア的日常

東大阪街角定点観測特設サイト

まず密にならない東大阪名所案内

ついに物販に進出!週ひがエコバッグ販売中。

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

新型コロナウイルス感染症対策サイト(非公式)

プロ野球人名辞典

東大阪の今を知るツイート!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

LINEオフィシャル

週刊ひがしおおさかのLINEアカウントは、週に1,2回東大阪の情報をお届けします。ぜひ友達登録してください。

週間人気記事

この1週間の人気記事

Last Update 2022.11.21

Honya Club.com
ページ上部へ戻る