もぎとった!近鉄ラストワントライ。勝ち点1でウインドウマンスへ

   

10月21日(土)、ウインドウマンス前の大事な一戦で、近鉄ライナーズはNECグリーンロケッツに10-17の惜敗を喫しました。
前半から後半終盤まで劣勢のライナーズでしたが、終わってみれば7点差。なんとか勝ち点1を死守し、カンファレンス7位でウインドウマンスへ突入することとなりました。

試合内容は、はっきり言ってかなり厳しいもの。
エリア取りで負け、ラインアウトではNECにプレッシャーをかけられミスし、雨が災いしペナルティも多い…。
前半だけを見ると、相手にPGを3回決められライナーズはノースコア。
常に自陣でプレーするという、辛い状況でした。

本格的な雨でボールの扱いも一苦労。NECにリードを許してしまいます。

しかし、希望もありました。
0-9で迎えた前半35分、ファンブルしたボールをつないでPR豊田がゲインすると、ようやく敵陣でのプレーが許されたライナーズ。

豊田に続き、FL田淵も突破。

徐々にゴールラインに近づくと、この日キック不調のSO野口がインゴールへグラバーキックします。すばやく追いかけたFBマシレワが相手選手と競り合い手で払ったボールを、WTB森田が拾ってインゴールでグラウディング。が、マシレワにインテンショナルノックオンの判定が。
しかし、アンストラクチャーな場面で取っていこうという意志が見えます。

インゴールに飛び込む森田。くう~~残念!!

後半序盤には、敵陣でのプレーができるようになってきたライナーズ。
「とにかく敵陣に入ることを意識しました。」と樫本キャプテンは後半の入り出しを振り返ります。
しかし、ディフェンス・アタックともに悪くはないものの、アタックの起点にしたいラインアウトでミスを連発。これが今日の敗因と言っても過言ではありません。
「(精度が低かったのは)自分のミスです。ターゲットとしているところに投げることができませんでした」と樫本キャプテン。
FL田淵は「アダム・トムソン選手を避けて取っていこう、と話していましたが対応されました」と分析。

マイボールラインアウトを取られる場面も。

なんとか後半21分にマシレワがPGを決め初得点しますが、後半30分にはトライを奪われ、3-14に。

いよいよ後がないライナーズは、一気にリザーブの選手を投入します。
SO吉井とSH榎本の早稲田コンビがHBに入ると、流れはライナーズに。
そこから相手にPGを取られ3-17になると、もうなりふりかまっていられません。
1トライ1G取れば、7点差。一矢報いて勝ち点1を奪うため、後半40分、全員でアタックを仕掛けます。
WTB南藤を皮切りに、どんどん近づくゴールライン。フェーズを重ねあと10m。縦に、縦に攻撃します。
そしてついに、縦に突っ込んできたLOストーバークにボールが渡るとディフェンスを引きずりながら中央やや右にトライ!8-17。
最後はSO吉井の Gもバッチリ決まり、10-17の7点差となりました。

ストーバークのトライ!ようやくファーストトライだ!

なんとかボーナス点1を獲得し、「最後まで諦めずに戦ってくれた」と選手を称える坪井監督。
「ウインドマンスに入るので、自分たちの強みと課題をもう一度見つめ直します。」

次節は12月3日(日)のサントリー戦。熊本・えがおスタジアムにて。
昨シーズントップリーグ優勝の強豪チームですが、昨シーズンはわずか1点差まで追い詰めた相手。
100%の力を発揮し勝利できるよう、1ヶ月でしっかり修正していきましょう。Go!Liners!

【週ひがMVP】
マイケル・ストーバーク選手
本日の週ひがMVPは、後半終盤に出場し、勝ち点につながるトライをあげたストーバーク選手。勢いあるアタックで会場を沸かせました。
※ストーバーク選手のサインをプレゼントします。応募は記事の最後から。

ー ナイストライ。勝点をもぎ取る素晴らしいプレーでした。
あのスペース、あのシチュエーションで自分が取りきらなければと思いました。それが私に求められていることだと思っています。

ー 最近リザーブスタートが多いですね。
しっかり準備していました。外国人枠の兼ね合いがあるので歯がゆいですが、たくさん出られるようにがんばります。

ー 試合を外から見ていて、どんな気分でしたか。
苦しい展開でしたが、何か変えてやろうと思っていました。

【週ひがピックアップメンバーの試合後】
浅岡勇輝選手(PR)

ー 久しぶりにスタメンでした。自己評価を。
スクラムは押せました。ただ、それ以外のところが遅くなってしまったり… 改善していかなければいけませんね。

ー いつもより長い時間の出場です。意味はあったのでは?
そうですね。課題が明確になります。がんばります。

田淵慎理選手(FL)

ーチームとして、やりたいことはできましたか?
そうですね…ラインアウトは誤算でした。アダム・トムソン選手にある程度読まれていたのと、勘が…すごいんでしょうね。オールブラックス、さすがです。

ー次節に向けての課題は。
ボールキープし続けてアタックしようと言っていましたが、ゴール前でのミスがずっと続いています。そこで得点を取れるようにしないとですね。

ソロモン・ティーポレ選手(No.8)

ー第1節豊田自動織機戦以来の登場でした。
練習でもアピールして、今か今かと。今日、出ることができてとても嬉しいです。

ー ボールを持つシーンが多かったように思いますが。
しっかりボールを持って、キープして、前に出て。今日は1度もミスがなかったと思います。満足しています。

ー たくさん試合に出られるように、期待しています。
そうですね。確率を上げていけるようにトレーニングします。

吉井耕平選手(SO)

ー 公式戦初出場。待ってました。
ありがとうございます。チームは負けましたが、自分の力は出せたと思います。

ー リザーブからの登場で、流れを変えトライを生み出すゲームメイクでした。
とにかく流れを変えようと、リザーブみんなで意識していました。

ー 良いキック、良いプレー。今度もたくさん見せてください。
ありがとうございます。がんばります。

南藤辰馬選手(WTB)

ー 短い時間でしたが、トライにつながるいいゲインでした。
つながったんですかね(笑)でも、流れを変えなきゃと思って出ていったので、つながったのならうれしいです。

ー もっともっと長い時間の出場を見たくなります。
ありがとうございます。今日は、リザーブ陣ががんばれたんじゃないかと思います。

【週ひがプレゼント】
週ひがMVPに輝いた、マイケル・ストーバーク選手のサイン入りDAENを読者プレゼント!締切は10月29日(日)23:59までです。下記応募フォームから、どしどしご応募ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご意見・ご要望

※ご意見をいただけたほうが当選確率は上がります。たぶん。

スポンサーリンク

mihorobot

mihorobot東大阪探検隊・記者

投稿者プロフィール

生粋の八戸ノ里っ子。人気の八戸ノ里東小・小阪中学校校区に住んでいる。
取材へ行けば、同級生のお父さんがやってるお店だった・・・ということが多々あり。
尊敬する人は藤子・F・不二雄先生。

スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

リーグワンを愛して2022

俊徳道ゴールドラッシュ俊徳道ゴールドラッシュ

東大阪ローカルメディア的日常東大阪ローカルメディア的日常

東大阪街角定点観測特設サイト

まず密にならない東大阪名所案内

ついに物販に進出!週ひがエコバッグ販売中。

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

新型コロナウイルス感染症対策サイト(非公式)

プロ野球人名辞典

東大阪の今を知るツイート!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

LINEオフィシャル

週刊ひがしおおさかのLINEアカウントは、週に1,2回東大阪の情報をお届けします。ぜひ友達登録してください。

週間人気記事

この1週間の人気記事

Last Update 2022.07.29

Honya Club.com
ページ上部へ戻る