プロップが空を飛んだ!関西セブンズフェスティバルで「プロップセブンズ」が開催されました

ラグビーのポジションでプロップといえば、スクラムの最前線で体を張る重量級の力持ち。
そんなプロップが空を飛んだ日を、目撃しました。

大胆に飛び込んでトライをあげる、関西大学・朝倉寛太選手。

4月13日(土)・14日(日)の2日間、鶴見緑地球技場で行われた「サンコーインダストリーpresents2019関西セブンズフェスティバル」。1日めは大学、2日めは社会人・クラブの7人制ラグビートーナメントが開催され、その1日めのインターバルに実施されたのが「プロップセブンズ」です。

説明しよう!セブンズはスピード感が魅力の競技。前後半7分で次々と相手を抜いてトライをどんどんあげていくため、主にバックスの選手が抜擢されます。

大学の部優勝の同志社大学。走力ある選手がたくさん出場。

力が自慢のプロップにとって、10メートル以上の距離を走ることは稀。
そんな特性を逆手に取り、普段は見ることができないプロップがフィールドを走りまくる姿が観戦できるイベントが「プロップセブンズ」なのです。

関西大学リーグに所属する9大学から各選手2名をメンバー登録。計18名がレッド・ブルーに分かれて前後半5分。あとは通常のセブンスと同じルールで戦います。

ブルーは水色のジャージ、レッドは灰色のジャージに赤のリストバンド。

「世界初!?」と謳われたこの試合。関西ではまちがいなく初の開催です。日本・世界規模では不明ですが、検索してもヒットしないので世界初と言っても良いのではないでしょうか。

事前告知の段階からSNSで話題騒然。
「スクラムめっちゃ安定しそう」「モール戦法は出るか?」など期待されるなか、当日を迎えます。

もちろんキックで始まる試合。
走る、走る、走る!オフロード、内がえしのパス、走る、走る、走る!スクラムはもちろん抜群の安定感。

鮮やかなキック。こんなの15人制じゃ見られない!

プロップセブンズ史上初のトライが決まったのは、前半4分でした。
ブルー2大阪体育大学・永田大輝選手が相手ディフェンスを抜いてゲイン。ゴール直前でタックルを受けると、すかさず後ろから入った16近畿大学・木下直政選手にボールが渡ってトライします。さらに1本追加し、0-10のブルーリードで前半終了。

史上初トライ。この瞬間は、歴史として語り継がれることになるだろう。

後半は裏へのキックやダイビングトライなども飛び出し、レッドが1点差まで追い上げます。
試合を決めたのは試合終了間際のレッド8天理大学・山川力優。相手陣22m内のスクラムから持ち出し、自ら走りきってトライをあげます。19-15でレッドの逆転勝利となりました。

記念撮影は東大阪のマスコットキャラクター・トライくん、鶴見区のつるりっぷも一緒に。スポンサーのサンコーインダストリーさんの横断幕を添えて。(提供:関西ラグビーフットボール協会)

異常なほど盛り上がる試合となった「プロップセブンズ」。第2回の開催が期待されます。

なお、本家セブンズ。
大学の部は同志社大学、社会人・クラブの部は中部電力が優勝しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

mihorobot

mihorobot東大阪探検隊・記者

投稿者プロフィール

生粋の八戸ノ里っ子。人気の八戸ノ里東小・小阪中学校校区に住んでいる。
取材へ行けば、同級生のお父さんがやってるお店だった・・・ということが多々あり。
尊敬する人は藤子・F・不二雄先生。

この著者の最新の記事

関連記事


コメントは利用できません。

週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com