FC大阪 ホーム初勝利!ダイレクトプレーでラインメール青森を翻弄し、快勝

2019年4月14日(日)、JFL(日本フットボールリーグ)第5節が行われました。2勝2分の勝点8で2位につけるFC大阪は、2勝1敗1分の勝点7で5位につけるラインメール青森(以下、青森)をホームで迎え、3−0で快勝。ホーム初勝利となりました。
前節、今シーズン初失点を喫したFC大阪。しかし、今日の試合は、DF陣が安定した守りを見せ、青森にゴールラインを割らせませんでした。

今日も無失点に抑えた、GK1・永井文也。

今日の試合の明暗を分けたのは、決定力の差。シュート数はそれぞれ、
FC大阪 前半 1本 後半 4本
青森 前半 4本 後半 4本

前半は、1本しかシュートを打てませんでしたが、それが決まり1ゴール。後半も、4本のうち2本がゴールと、ここまで無敗の実力を見せつけました。

会場は、万博記念競技場。

小雨が降る中での試合は、青森ボールでキックオフ。

ホームということもあってか、緊張した面持ちの選手たち。

普段はFWで出場している18・横野純貴をMFで起用し、ダイレクトプレー(パスを受けた選手がトラップせずに、そのまま別の選手にパスを出すこと)を中心に、青森ゴールに迫ります。濡れた芝によって滑るボールは不規則に変化。対応に苦しんだFC大阪はハンドのファールを多く取られ、なかなか青森ゴールに迫ることができません。
対する青森は、4試合を終えて7得点の攻撃陣が前半からシュートを放ち、FC大阪のゴールに迫ります。

中盤からチャンスを演出した、MF19・小松光樹。

すると前半22分、右サイドでFW20・四ヶ浦寛康からMF10・水野匠弥へスルーパス。

正確なクロスを上げる、水野。

水野がそのままクロスを上げ、ゴール前にいたFW11・川西誠がヘディングで合わせます。

ゴールの瞬間。サッカーはQSU(急にシュート打つ)なので、打つ瞬間を撮るのが難しい…。

GKが反応するものの、ゴール左隅に決まり、FC大阪が先制点を上げます。

さすがエース!点が欲しいときに決めてくれる。

青森も果敢にシュートを打ってきますが、FC大阪のDF陣の守りや守護神・永井のナイスセーブもあり、前半を1−0で折返します。

後半はFC大阪ボールでスタート。前半同様、ダイレクトパスを使い、青森ゴールに迫ります。
後半14分、FC大阪にアクシデントが。ここまでキャプテンとして昨シーズンから全試合出場してきたDF13・岩本知幸が負傷交代となりました。DFの要を失ったFC大阪でしたが、全員で補いながら追加点を狙います。

すると、後半28分、青森ゴール前で相手DFがクリアしたボールを、MF14・須ノ又諭が詰め、そのままシュート。ゴール右隅に決まり、追加点が入ります。

追加点を決めた須ノ又。

さらに、後半37分。右サイドで直接FKのチャンスを得ます。DF6・舘野俊祐の弧を描いたボールはゴール前へ。

やっと撮れた!

川西が頭で合わせ、この日2得点め。3−0となります。

ヘディングで2得点をあげた川西。

そのまま試合は終了し、3−0の快勝で、ホーム初勝利となりました。

試合終了後は、恒例の万歳三唱。


和田治雄監督

今日も良い采配だった和田監督。

ーホーム初勝利おめでとうございます。今日の試合を振り返ってください。

和田 ラインメール青森は、パスを何度もつないで攻めてくる攻撃的なチーム。なので、チャンスが来るのをどれだけ我慢できるかがポイントでした。それがうまくいったからこその結果だと思います。ただ、非常に厳しい試合でした。

ーダイレクトプレーが目立ったのですが、今日はそういう作戦だったのでしょうか。

和田 相手からのプレッシャーをどう交わすか考えたときに、早くボールを離すためにもダイレクトプレーを使いました。

ー横野選手をMFに起用したのは、そのためですか。

和田 そうですね。横野の場合は、最前線よりも中盤にいるほうがボールを受けやすいと思い、MFで起用しました。

ーホーム初勝利になりましたが。

和田 ホーム、アウェー同じ1勝ではありますが、ホームだと応援に来てくれるお客さんの数が多かったり、運営してくれるスタッフもいるので、皆さんの前で勝つことができて良かったです。

ー前節初めて失点しましたが、チームに何か変化はありましたか。

和田 失点したことでチームがネガティブになったなどはありません。今日も、守備面で集中していたと思います。

ー次節に向けて。

和田 まずは次週行われる天皇杯の大阪予選で大阪学院大学に勝つこと。2週間後には再びJFLなので、勝点3が取れるように練習していきます。

吉澤正登会長

「ホーム初勝利にホッとしました」と、吉澤会長。

ーホーム初勝利おめでとうございます。今日の試合はどうでしたか。

吉澤 多くのサポーターの前で、勝つことができて本当に良かったです。選手が勝利のために、この1週間良い準備をしてくれた結果だと思います。

ー雨の中、多くのサポーターが来てくれましたね。

吉澤 大人だけでなく、子どもも多く応援に駆けつけてくれました。選手を後押ししてくれたので、3得点に繋がったと思います。

ー次節に向けて。

吉澤 昨年、天皇杯は2回戦で負けています。ジャイアントキリングを起こすためにも、まずは目の前の1戦を勝ちにいきたいと思います。


得点を決めた川西選手と須ノ又選手にインタビューをしました。

FW11・川西誠選手

川西選手のこの笑顔が見たかった。

ー2得点の大活躍でした、試合を振り返ってください。

川西 まずは、チームのストロングポイントである守備の面で、無失点に抑えることができました。個人的には、数少ないチャンスをものにできたことが収穫です。

ー先制点を決めたシーンは。

川西 純粋にうれしかったです。1点決めた後も、もう1点取りたいという意識でプレーしていました。

ー2点めを決めた感想は。

川西 チームとしても3得点めになって楽に試合を進められたと思います。個人としては、1点1点積み重ねていきたいと思っているので、その結果が出せました。

ー次節に向けて。

川西 まずは、無失点で勝利すること。そして、得点者の中に自分の名前が1回でも多く表示されるように、頑張っていきます。

MF14・須ノ又諭選手

少し照れ気味でインタビューに応えてくれた、須ノ又選手。

ー得点シーンを振り返ってください

須ノ又 こぼれ球を狙っていたので、思いっきり振り抜きました。ゴールに入ってくれたので、ホッとしました。

ーホームということもあり、サポーターも多く応援に来てくれていました。今日の結果は、サポーターが後押ししてくれたのでは。

須ノ又 サポーターの声は、本当に力になります。これからも、応援よろしくお願いします。

ーこれからの試合に向けて意気込みを。

須ノ又 ここまで無敗で来ているので、このまま勝ち続けたいと思います。

ホーム初勝利を飾ったFC大阪。このまま、ますます勢いに乗ってくれること間違いなし。岩本キャプテンのケガも気になりますが、和田監督の采配によって、乗り越えてくれるはず。次戦は、4月20日(土)天皇杯大阪予選準決勝。大阪学院大学とヤンマースタジアム長居(11:00K.O.)で戦います。天皇杯出場目指して、次週も勝利を!

■FC大阪公式ホームページ:FC大阪公式ウェブサイト

■公式記録:JFL公式

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com