マイケル・ストーバークがレベルズに加入!目指すは日本代表か、オーストラリア代表か…いや、どっちでも応援すべし!

 
   

マイキーが動いた!
7月2日(木)、近鉄ライナーズ公式サイトにて、LOのマイケル・ストーバーク選手がメルボン・レベルズに加入することが発表されました。

マイキーこと、マイケル・ストーバーク選手がついに!

レベルズはスーパーラグビーに参加するオーストラリアのチーム。ライナーズとは2019年にパートナーシップ契約を結んでいます。

マイキーは、6月初旬からレベルズに合流。
7月4日(土)開催のスーパーラグビー2020オーストラリア第1節のブランビーズ戦でスターティングメンバーとしての出場が決まっています。

同試合には同じくライナーズでレベルズのSHライアン・ローレンス選手もスタートから出場。コロナウイルスの影響で日本国内での試合が皆無な現在、2人のレベルズでのプレーに期待は高まります。

さて、気になるのはマイキーの今後について。
加入が発表されるやいなや、「オーストラリアでずっとプレーして帰ってこないのではないか」「日本代表にはならないの?」といった声が。

ライナーズとの契約は継続中で、リーグ戦に向け秋には戻ってくる予定です。今季は日本でプレーが見られることは間違いないでしょう。

ただ、その後の行先は
・出身国であるオーストラリアでの代表を目指す
・現居住国である日本代表を目指す
のいずれかが考えられます。

彼が来日しライナーズにやってきたのは2016年。
2020年1月には準日本代表に位置づけられるサンウルブズ入りを果たし、代表入りも間近とささやかれています。
外国人選手が日本代表資格を得ることができる条件「日本での居住が3年以上」はほぼ満たしていますが、オフシーズンなどに母国へ一時帰国しており、その日数は日本での居住にカウントされません。正確に数えると、届くか届かないか微妙なところでしょう。

母国であるオーストラリアならば条件を確実に満たしているため、レベルズで活躍し注目を浴びることで、代表入りを目指しやすい環境に。

昨シーズンサンウルブズvsレベルズで大活躍し、勝利に貢献した。そう、レベルズに。

ライナーズから日本代表となったLO、トンプソンルーク元選手の後継者と言われるマイキー。
スーパーラグビーでのプレーが見られてうれしい反面、日本代表ではなく母国を選ぶのでは…という声があがります。

が、週刊ひがしおおさかは言いたい。
ライナーズで育った1人の青年が岐路に立ち、人生を選び、歩もうとしているその姿をどうして止められようか。
彼がどちらの道を進もうとも、ライナーズで育ったことに変わりはない。ただただ応援すべし、と。

日本を愛して代表…ってそりゃあ美談だけれど、人生はもっと泥臭い。
できないこともあれば、しなければならないこともある。
マイキーが必死にもがくその様に、我々は自分を重ね、勇気づけられるのです。

結果は日本代表でもオーストラリア代表でも、はたまたどちらの代表になれなくても良い。
人生のストーリーを描く姿を見せてくれて!愛してるぜマイキー!

 
mihorobot

mihorobot東大阪探検隊・記者

投稿者プロフィール

生粋の八戸ノ里っ子。人気の八戸ノ里東小・小阪中学校校区に住んでいる。
取材へ行けば、同級生のお父さんがやってるお店だった・・・ということが多々あり。
尊敬する人は藤子・F・不二雄先生。

スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

ついに物販に進出!週ひがエコバッグ販売中。

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

Honya Club.com
ページ上部へ戻る