PL花火、東大阪各地でも堪能 菱屋西小学校でも花火が

   
8月1日、毎年恒例となる教祖祭PL花火芸術(通称PL花火)が富田林市羽曳野丘陵のPL聖地で行われました。東大阪市でも高所から観覧することができ、マンションの屋上や駅、公共施設などで多くの東大阪人が花火を堪能。なかには、風に乗った音だけを楽しんだ人もTwitterではみかけられました。
 
@dedenee さん撮影。市役所22階から。展望階の役割を果たせて、ホッ。

@dedenee さん撮影。市役所22階から。展望階の役割を果たせて、ホッ。

 

そして例年どおり、「花火が見えた」「きれい」「すごい」などのつぶやきが20時頃から見られ、最高潮の21時前には「空が真っ赤」など、花火を堪能するつぶやきが多数出現。多くの花火写真が投稿されました。

花園在住Kさんは、ライフ玉串店屋上駐車場より担当。手前の「はなまるうどん」がリアルです。

花園在住Kさんは、ライフ玉串店屋上駐車場より担当。手前の「はなまるうどん」がリアルです。

PL花火はパーフェクトリバティー教団の初代教祖御木徳一が「死んだら悲しまずに花火を上げるように」と言ったことから1953年より開始。1963年から現在の富田林市の大本庁で開催されるようになり、それ以降関西地方の夏の風物詩になっています。

めぐさんの写真。菱屋西付近から、観覧中です。

めぐさんの写真。菱屋西付近から、観覧中です。

今年は、動画を投稿するユーザーも現れました。


JR長瀬駅のホームから。近鉄と比べると高いところを走るJRおおさか東線ならではの光景です。

実は、同じ8月1日に東大阪でも花火が打ち上がっていました。毎年、東大阪市立菱屋西小学校で行われる花火大会です。

手前に見える校舎が大変リアル。

めぐさん撮影。手前に見える校舎が大変リアル。

地域の人しか知らない花火大会。菱屋西小学校は来年(2016年)4月から隣の永和小学校との統合が決まっていますが、いつまでも続いてほしいものです。

文:前田寛文@MaechanYK

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪街角定点観測特設サイト

ついに物販に進出!週ひがエコバッグ販売中。

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

新型コロナウイルス感染症対策サイト(非公式)

プロ野球人名辞典

東大阪の今を知るツイート!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

LINEオフィシャル

週刊ひがしおおさかのLINEアカウントは、週に1,2回東大阪の情報をお届けします。ぜひ友達登録してください。

週間人気記事

この1週間の人気記事

Last Update 2021.04.17

Honya Club.com
ページ上部へ戻る