近鉄、怪人サモを獲得 ナンバー8を補強

近鉄ライナーズは公式サイトにて元オーストラリア代表(ワラビーズ)のラディキ・サモの入団を発表しました。

サモはフィジー出身、36歳でポジションはナンバー8。身長197センチ、体重117キロの巨体を活かした、ダイナミックなプレーが魅力で、スーパーラグビー(南半球のクラブチームで行う世界最高峰のリーグ戦)やフランスのトップ14でプレイし、所属チームを次々に優勝させてきました。

またオーストラリア代表としても活躍。キャップを23持ち、2011年トライネイションズ(南半球国別対抗戦)ではオーストラリア史上最年長の35歳で代表戦に出場しています。パフォーマンスも変わらず、ダイナミックでパワフルなプレーを見せていました。

2007年から2010年は横河武蔵野アトラスターズにも所属。チームのトップリーグ昇格に貢献しています。

ではここで、週刊ひがしおおさか秘蔵のラディキ・サモの写真を公開します。2008年2月10日の秩父宮ラグビー場、トップチャレンジ最終戦にて近鉄ライナーズと日本選手権出場を賭けた戦いでのものです。

秩父宮ラグビー場に立つサモ。まるで巨人のよう。

秩父宮ラグビー場に立つサモ。まるで巨人のよう。

ボールを片手で持って強烈な突破。相手チームにとって脅威でした

ボールを片手で持って強烈な突破。相手チームにとって脅威でした

侍バツベイよりもでかい!!

侍バツベイよりもでかい!!

ラディキ・サモはライナーズの公式サイトで「近鉄ライナーズは地元に根付いた魅力的なラグビーをするチームと認識しております。一人でも多くのサポーターにスタジアムに来ていただけるよう、努力していきます」
とコメントしています。
ライナーズサポーターはトップリーグの中でも、特に熱い応援で知られます。横河時代にサモに向けられた日本一のヤジは、今年から叱咤と激励そして称賛となり、サモを強力にサポートするでしょう。

文・写真:前田寛文 @MaechanYK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

MaechanYK

MaechanYK東大阪探検隊隊長・編集長

投稿者プロフィール

特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか代表編集長兼東大阪探検隊隊長。
ふとした思いつきからはじめたWEBサイトが、もうすぐ10年。
もっともっと影響力を持ったサイトにしていきたいです。

好きなモノ:近鉄ライナーズ、阪神タイガース、競馬、ゲーム、プラモデル、楽でお金になる仕事。
嫌いなモノ:愛、本物

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com