ライナーズ、花園で散る パナソニックに7-54でシーズン終了 前半1トライの必然性

   

叶わなかった。ベスト8は叶わなかった。
ホーム・花園を最後の舞台にし、近鉄ライナーズの今シーズンは終了しました。

新型コロナウィルスの影響でリーグ戦が延期されて、練習試合も満足にできなくて…
そんな中ターゲットをトップ8に定め、シーズンを走ってきたライナーズ。
この1年の記憶が走馬灯のようによみがえります。
リーグ戦で全勝し、豊田自動織機とのとップチャレンジリーグ優勝決定戦で敗れ、2位として戦ったプレーオフトーナメント1回戦・宗像サニックス戦での大勝利。

そして迎えた、4月25日。
勝てば目標のベスト8となるパナソニックワイルドナイツとの2回戦は、7-54の大差で敗れました。

緊急事態宣言下にもかかわらず、花園で3989人のファンを迎え入れホームアドバンテージを十分に得たライナーズ。最大級に力を出せる環境は、用意されていました。
それでも、それでもこれが今のライナーズの力。
絶対的王者パナソニックの力を全身で受け止め、花園で散りました。

47点差。しかし前半のライナーズは、自分たちのスタイルを貫きました。
風上に立って試合の入りからリズムを作り、ディフェンスで相手にプレッシャーをかけ前進させない。
パナソニックと互角に渡り合っていたのです。

ケガで出場不可となったウィル・ゲニアに代わり、大抜擢された9佐原の伸びのあるパス。

ゲームキャプテン マイケル・ストーバークのラインアウトディフェンスと速いプレッシャー。

サナイラ・ワクァの強烈なアタック。

野中翔平の運動量。

それらすべてが作用し出た答えが、前半14分の先制トライでした。
相手陣22m付近で慎重につないだボールを9佐原から15マシレワ、7ジェドへ。タックルを受けながら短いパスをマシレワに返すと一気に抜け、右端を走る14ジョシュアに渡ってトライをあげました。
これがライナーズ成長の証。
FWでもぎ取るトライでもなく、マシレワの独走トライでもなく、グラウンドを広く使いパスをつないで取ったトライです。
このトライをするために、花園に戻ってきた。

後半、疲れ切ったライナーズはボコボコとトライを取られていきます。
トップチームとの差を見せつけられ、守ることで精一杯。いやそれすらままならない。

ゲームキャプテンのストーバークは試合後、「アタック、ディフェンスともに厳しいプレーができるようになればトップ8に勝てると思う」と話します。

トップチームという、分厚くて高い壁。
新リーグが始まり、トップリーグのチームとの対戦が予定される中、ライナーズはその道を進まなければなりません。
次のステージに行くために、この結果を受け止めてさらなる進化を。前半14分のような、必然性のある1トライを。
来るべき新リーグに向け、さあもう一度踏み出そう。
誰もが、ライナーズがトップに輝く日を待っている!

スポンサーリンク

編集長 前田

編集長 前田東大阪探検隊隊長・編集長

投稿者プロフィール

特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか代表編集長兼東大阪探検隊隊長。
ふとした思いつきからはじめたWEBサイトが、13年。
これからは地域に嵐を呼びます。覚悟しろ!

好きなモノ:近鉄ライナーズ、阪神タイガース、競馬、ゲーム、プラモデル、楽でお金になる仕事。
嫌いなモノ:愛、本物

スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪ローカルメディア的日常東大阪ローカルメディア的日常

東大阪街角定点観測特設サイト

まず密にならない東大阪名所案内

ついに物販に進出!週ひがエコバッグ販売中。

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

新型コロナウイルス感染症対策サイト(非公式)

プロ野球人名辞典

東大阪の今を知るツイート!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

LINEオフィシャル

週刊ひがしおおさかのLINEアカウントは、週に1,2回東大阪の情報をお届けします。ぜひ友達登録してください。

週間人気記事

この1週間の人気記事

Last Update 2021.04.17

Honya Club.com
ページ上部へ戻る