オーダーメイドのものづくり「上手工作所」

小阪のコーヒーショップ、富山珈琲の壁に掛けてあった大きな木のカレンダー。お店の雰囲気にすごくあってますね〜と店長さんと話していると、「それ、東大阪の家具屋さんで作ってもらったんですよ」ですって。
さっそく西堤にある什器・家具・金物製作所「上手工作所」へ足を運びました。

住宅と工場が隣接している西堤本通。「上手工作所」はどこだろう? ウロウロ探すこと数十分。

IMG_3684

あれ、もしかして、ここ?すみませーん、週刊ひがしおおさかですけど・・・

見た目は普通の町工場。どうやらここは「上手工作所」作業場のようです。中から出てきた職人さんに案内されて、工場の横っちょの資材置き場を奥へと進みます。無造作に掛けられた工具や金具の間から、ひょっこり現れる小さなドア。

IMG_3689

この奥がお店になっているようです。

ドアをそっと開けてみると・・・。
うわー、ジブリの世界みたい!!お城が動く話とかに出てきそうなお店!
たくさんのブランケットや看板、家具ハンドルやフックが所狭しとみっちり飾られています。

SONY DSC

店長の徳田さんがお出迎え。お店の雰囲気にとても合う方です。

14年前にご夫婦で会社を設立、木工メインの製作を行なっていたというこの工作所。「お客さんがどういうものを求めているのかを直接聞くことができるから」と5年前から金物の直売店「collap」を始め、現在はネット販売と共にオーダーメイドの木工・鉄工製作をしているそう。

「そうそう、この作業所とお店の他にも、家具のショールームもあるんです」と、連れて行ってもらったのはcollapから徒歩1分ほどの「sunomon」。

SONY DSC

資材置場を改築したのだとか。可愛らしい看板が目印です

2階建てのショールームに入ったとたん、センスよく配置された家具たちが、週ひが探検隊を呑み込む、呑み込む!
工作所で作った物で埋め尽くされたこの場所は、木の薫りがぷわ〜んとしてきて落ち着きます。

SONY DSC

重厚なウッドテイストの1階。右端に掛かっているのは、富山珈琲で見たカレンダーだ!

SONY DSC

2階は、キッチンとリビングルーム。 sunomon世界の住人になった気分です

暖かさの中にピリッとスパイスを効かせたような、木と鉄を組み合わせたデザイン。すべて手作りのおかげだからか、すごくほっこりします。

「形のないものを一から、お客さんと一緒に考えて作っていくんです」と徳田さん。きちんと、ものと人とに向き合っているんだなぁ、と思いました。
東大阪の工業地帯には、色んな「ものづくり」の形があったんですね。ますます「ものづくりのまち」が好きになりました。

文:mihorobot @mihorobot
写真:前田寛文 @MaechanYK

店舗データ
会社名:有限会社上手工作所
住所:大阪府東大阪市西堤本通西2-1-46
TEL:06-6783-3815
公式サイト:http://jo-zu-works.com/
定休日:水曜日
営業時間:11:00~18:00
駐車場:なし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com