高校ラグビー準決勝 強い!43対0の大差で桐蔭学園が圧倒!!

仰星の強さと東福岡の意地に魅了された第1試合の余韻が残る第2試合。TOIN対決と話題を呼んだ、大阪府第2地区代表大阪桐蔭と神奈川県代表桐蔭学園の対決は、桐蔭学園が圧倒的な力差を見せて勝利しました。

1-DSC01163

43−0。接戦が予想された試合だけあって、意外な大差に、スタンドは異様な空気に包まれます。

桐蔭学園は試合開始直後から、BKでトライを取ると、FWでも大阪桐蔭を圧倒します。確実にフェイズを兼ねて行き、勝負どころではBKへ展開。19分、28分にゴールライン直前まで迫るとBKへ回してトライを上げ17−0。大阪桐蔭のディフェンスは桐蔭学園の12笠原、13白井の脚力に着いてけません。

1-DSC00965

後半に入っても、桐蔭学園が全てにおいて優勢です。FWで勝ち、しかしFWに頼りきらず、BKの展開力で3分と16分にトライ。29−0。もう、桐蔭学園の勝利は揺るぎないムードになります。

1-DSC00313

なんとかしたい大阪桐蔭ですが、見せ場もなかなか作れません。攻めこんでも桐蔭学園のターンオーバーされ、得点に結びつくとこはありませんでした。

1-DSC00021

そして、25分。桐蔭学園は自陣ゴール前スクラムからでたボールを14山田が持つと、そのまま大阪桐蔭ディフェンスを振り切り、なんと90m独走のトライ!

1-DSC00811

なんとか1トライと耐えてきた大阪桐蔭のアタックが、これで切れてしまったのか、27分にも独走トライを許して43−0。

1-DSC00021

試合終了の笛の瞬間、うなだれる大阪桐蔭。

1-DSC01003

大丈夫、この経験を糧にして、もっと大きな栄冠を手に入れる。それが高校ラグビーだ。

桐蔭学園 藤原秀之監督
「今日は15人でディフェンスして、アタックもして桐蔭らしいラグビーができた。今の3年生は2年時の夏にオーストラリアへ遠征をしている。スーパーラグビーなどから練習に対する姿勢など多くのことを学んできた。

今年のチームはただディフェンスをやるのではなく、60分間攻め続けられるように。大きいメンバーが、走ってつなげるように。そういうラグビーを出来るようにしようとしてきた。」

文:前田寛文 @MaechanYK
写真: @mihorobot

関連した記事
高校ラグビー準決勝 弾け飛ぶ仰星、東福岡を撃破し決勝へ!(2014.01.05)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

MaechanYK

MaechanYK東大阪探検隊隊長・編集長

投稿者プロフィール

特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか代表編集長兼東大阪探検隊隊長。
ふとした思いつきからはじめたWEBサイトが、もうすぐ10年。
もっともっと影響力を持ったサイトにしていきたいです。

好きなモノ:近鉄ライナーズ、阪神タイガース、競馬、ゲーム、プラモデル、楽でお金になる仕事。
嫌いなモノ:愛、本物

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com