ギャルママとモノづくり企業が強力タッグ! ギャルママ商品開発部の企画会議を取材してきました

ギャルママって知ってますか?

1980年代に登場した「ギャル」という言葉は1990年代にコギャルへと昇華され、そのままギャルへと移行し、現在では「ギャルママ」という言葉まで生み出されました。
そして今日、週刊ひがしおおさか中の人はギャルママ商品開発部(http://www.gal-mama.com/)の企画会議にお邪魔してきました。

ギャルママ商品開発部のパネル

株式会社カワキタの会議室に掲げられた、ギャルママ商品開発部のパネル

ギャルママ商品開発部は、東大阪のプラスチック雑貨メーカー株式会社カワキタを中心にできたモノづくり企業グループ。

結婚・出産してもギャルを貫く、いわゆるギャルママとともに商品開発をし、、統一ブランドイメージを作り出しています。

発起人の株式会社カワキタの河北一朗社長

発起人の株式会社カワキタの河北一朗社長(左から3番目)が議事を進行

この日は3月15日から行われる東急ハンズ(http://www.tokyu-hands.co.jp/)とのコラボ企画について、商品のブレインストーミング。4月からの新生活をターゲットにしたお弁当箱をテーマに会議は進みます。

ギャルママ商品開発部の会議は、子どもも参加OK

ギャルママ商品開発部の会議は、子どもも参加OK

ママならではの実用性を考えたものや、ギャルだからこそのデザイン性など、中には具体的なイラストを添えるママも。代表の河北社長も身を乗り出すアイデアも飛び出し、熱い議論が繰り広げられます。

某人気アニメのキャラクタを商品企画メモに手書きで書き、イメージしやすくしています

偶然昨日子どもが寝てくれたので書くことができた」という某人気アニメキャラクターを使った商品案

既存にある商品から、ギャルママ目線でラインナップや販売方法など、面白いアイデアを具体的につめていきます。
最後はアイデアをもとにギャルママたちが役割分担を決め、終了。グループLINEで情報交換をしながら口コミでメンバーを増やしつつ、企画を進めて行くことになりました。

ギャルママ商品開発部は会議は子ども参加OK。決められた日時までに忙しいママ業の合間を縫って、それぞれの受け持ちを達成して会議に参加します。

「ギャルママは主婦ですから、育児や家事などでできることに制限がある。やりがい、非日常、社会とのつながり、自分ではできないことをギャルママ商品開発部に携わることにより経験して欲しい」と発起人である株式会社カワキタの河北一朗社長は話します。

ギャルママのライフスタイルは、ママによってまったく違います。昼だけ集まれる人、夜だけ活動できる人など、家族や家事の都合を考慮して無理なく社会参加できるよう、「ギャルママ商品開発部」は成り立っています。

東大阪人であるメンバー、庄司さんと伊東さんもイベントなどを通じて参加することになったお二人。「とても楽しい」という言葉を聞いて、今までにない社会参加やワークスタイルを感じた取材でした。

関連記事
ギャルママ商品開発部が上本町近鉄で店頭販売(2012.08.02)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

MaechanYK

MaechanYK東大阪探検隊隊長・編集長

投稿者プロフィール

特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか代表編集長兼東大阪探検隊隊長。
ふとした思いつきからはじめたWEBサイトが、もうすぐ10年。
もっともっと影響力を持ったサイトにしていきたいです。

好きなモノ:近鉄ライナーズ、阪神タイガース、競馬、ゲーム、プラモデル、楽でお金になる仕事。
嫌いなモノ:愛、本物

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com