日本ラグビーのアイデンティティ 日本選手権決勝を国立競技場まで観に行ってきました

2014年3月9日(日)、東京国立競技場で、ラグビー日本選手権・決勝が開催されました。2020年開催の東京オリンピックにむけて建て替えが決まっているため、今の国立競技場で行われる最後の日本選手権決勝。ということで、週刊ひがしおおさか中の人は思いっきりミーハーに1ファンとして楽しんできました。

代々木門。近所にホープ軒という有名なラーメン屋があります。

代々木門。近所にホープ軒という有名なラーメン屋があります。

こちらが国立競技場。そんなに大きくないと思うでしょ?ところがこれは「代々木門」です。国立競技場は大きすぎるので、出入口が3つ。代々木門は一番小さいゲートで、

青山門。左手奥に見える列は「開門待ち」

青山門。左手奥に見える列は「開門待ち」

こちらが青山門。大きいでしょ。あとこれより大きい千駄ヶ谷門もありますが、歩くのが嫌だったので撮影していません(笑)

国立競技場は1958年に完成。1964年の東京オリンピックではメイン会場になり、聖火ランナーが点火したシーンは今でも日本スポーツ史の名シーンとして語り継がれています。
ラグビーは国立競技場と密接な関係にあります。毎年大学選手権の準決勝と決勝を行い、日本一を決める日本選手権では決勝戦が毎年行われます。

代々木門を上がったところ すごい。すごい規模。

代々木門を上がったところ すごい。すごい規模。

特に1990年代のラグビー人気全盛期には5万4000人収容のスタジアムを満員にし、「国立を売り切れにしたのはラグビーだけ」がラグビーオールドファンの合言葉でもあります。私も明治大の元木由記雄が、同志社大のディフェンスを突破した際の大歓声が今も耳に残っています。

さて、この日はトップリーグを征したパナソニックワイルドナイツと昨年の覇者サントリーを破った東芝ブレイブルーパス。試合開始1時間30分以上前から、大勢の観客が列を作っています。ラグビーなのに開門ダッシュ?と新鮮な光景に、中の人のテンションもマックスに。

代々木門から入って、席を確保。まずはS指定席に陣取ります。

壮観!でかい!

壮観!でかい!

よく国立を「トラックあるから遠くて見難い」といいます。確かに半分あたっています。席数が多いこともあり、上の方の席になると選手たちは豆粒。しかし、いい席で見ると。

パナソニックサポーターを背景に

パナソニックサポーターを背景に

こんな感じ。そりゃ、開門ダッシュするわけです。席によって満足度は大きく変わるでしょう。

スタンドに目をやると、くっきりとパナソニックのチームカラー青と東芝のチームカラー赤に分かれています。そして、試合開始前から大歓声!鳥肌もんです。

ハーフウェイライン付近で、観客席の色が変わる

ハーフウェイライン付近で、観客席の色が変わる

戦前の予想では、トップリーグを優勝しているパナソニックが東芝を圧倒するであろうという見方が多かったのですが、東芝がペナルティ覚悟のプレッシャーをかけて、僅差の展開。
後半23分に東芝マイケル・リーチが力のみでトライを上げると、歓声は地響きになり、敵味方関係なく賛辞が送られました。

東芝6ベイツが突破を試みる

東芝6ベイツが突破を試みる

結果は、パナソニックの9田中史朗と10ベリック・バーンズの大活躍の前に東芝が及ばず。30-21でパナソニックが優勝しました。

9田中から10バーンズへ 東芝の気迫も、この2人には・・・

9田中から10バーンズへ 東芝の気迫も、この2人には・・・

かつてラグビーの日本選手権は大学日本一のチームと社会人日本一のチームが対戦し、日本一のラグビーチームを決定する場でした。
ところが、社会人のセミプロ化が進み大学生との実力差が顕著に。1997年よりカップ戦となり、今年は大学4強とトップリーグ6チームがトーナメントを行っています。

歓喜のトライ!!

歓喜のトライ!!

かつて、いや今も日本選手権と国立競技場は日本ラグビーの象徴です。この日の観客数19571人。新しい国立競技場は収容人数8万人だとか。ラグビーワールドカップでは、満員にできるくらいラグビー人気が再燃して欲しい。いや、させなくてはならない。そう感じた、1日でした。

日本ラグビー最高の栄誉

日本ラグビー最高の栄誉

また、国立で泣こう!

 

文・写真:前田寛文 @MaechanYK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

MaechanYK

MaechanYK東大阪探検隊隊長・編集長

投稿者プロフィール

特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか代表編集長兼東大阪探検隊隊長。
ふとした思いつきからはじめたWEBサイトが、もうすぐ10年。
もっともっと影響力を持ったサイトにしていきたいです。

好きなモノ:近鉄ライナーズ、阪神タイガース、競馬、ゲーム、プラモデル、楽でお金になる仕事。
嫌いなモノ:愛、本物

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com