週ひが、摂南大学でゆる〜く授業

5月8日(金)、週刊ひがしおおさかの代表・前田が母校である摂南大学の授業に講師として招かれ、90分間の熱弁を振るいました。
講義を行ったのは「エンプロイメントデザインⅡ」という授業。キャリア教育の一環で、学生の雇用に対する理解を深めるというカリキュラムです。週替りのゲスト講師が、自らの職歴や仕事観について講義。
週ひがは「東大阪に特化したサイトを軸に活動するNPO」として、舞台へ立つこととなりました。

DSC09000-001

<受講者は140人。大教室での講義です。>

ドキドキの初授業。「NPOって怪しいと思ってる人、いますか?」とのつかみでチラホラと手が上がります。
続いて「東大阪の人、いますか?」と問いかけますが、東大阪市民はゼロ。予期せぬ事態に焦る前田ですが、スマートフォンでサイトを閲覧してもらいながら授業を進め、教室は少しずつリラックスした雰囲気に。

NPOを始めたきっかけや、ラグビー関連の仕事に特化しているのはなぜか…など、動画やサイトを閲覧しながら自身のキャリア話していきます。

DSC09029-001

<会社員時代、売らなくても良いハンディクリーナーを売りまくって会社で浮いた、というトホホ話をする前田。>

DSC09031-001

<ラグビー部員3人に、「ポジションはどこ?」と質問を投げかける場面も。>

質疑応答は、Twitterを使って投げかけてもらう形式。(ハッシュタグ#s_ed2)
「NPOって会計処理が大変そう」「他の地域とコラボしたことはありますか?」といった質問・感想が飛び出します。
「得意分野に特化して、自分たちの強みで人を助けるのが私の仕事。こんな働き方もあるんだ、と思ってもらえれば」と締めくくり、授業は終了しました。

学生からは「Twitterを使っての授業は新鮮で、気楽に受けることができた」との声もあり、週ひがのゆるさが伝わった模様。
キャリアもゆる~く、でも真剣に考える。学生の仕事に対する選択肢が広がればいいな、と思う週ひがでした。

文・写真:@mihorobot

関連記事
<週ひがのお仕事 「本業は何ですか?と言われないために」>(2014.06.28)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

mihorobot

mihorobot東大阪探検隊・記者

投稿者プロフィール

生粋の八戸ノ里っ子。人気の八戸ノ里東小・小阪中学校校区に住んでいる。
取材へ行けば、同級生のお父さんがやってるお店だった・・・ということが多々あり。
尊敬する人は藤子・F・不二雄先生。

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com