FC大阪、フォーメーションを変更し3得点完封勝利!5位浮上でJ3リーグ参入への望みをつなぐ

この記事は
   

「良いときのうちのサッカーができていましたね」。
試合終了後のFC大阪・塚原真也監督の言葉。
まさに今日の試合はこの言葉通りで、全員から「何としてでも勝利をもぎ取るんだ!」という気持ちが、プレーに表れていました。

会場は新青森県総合運動公園球技場。

2020年11月8日(日)、JFL(日本フットボールリーグ)第27節が行われ、FC大阪はアウェイでラインメール青森(以下、青森)と対戦しました。J3リーグ参入に向け全勝が求められるなか、見事3-0で勝利。順位も5位に浮上し、なんとか望みをつなぎました。

試合終了後、今日は笑顔の選手たち。

前節、前々節で計9失点し、守備の改善が急務であったFC大阪。この1週間は守備の練習に一番時間をさきました。
「選手個人の面では、球際のアプローチにいく早さや強さを特に。全体としてはフォーメーションを変更。今までは3バック(DF3人)でやっていて、外のスペースを狙われることが多かった。4バックに変更し、そこからの攻撃を防ごうと、この1週間取り組みました。」(塚原監督)

今シーズンのDFは3バック。3バックだとどうしても外側にスペースができてしまいます。最近の試合ではそこを狙われて、攻撃を受けてきました。4バックに変更することでスペースをなくします。右サイドバックには、初スタメンで美馬和也を起用。
「相手DFの身長がそこまで高くなかったので」と、FWには179cmの塚田卓を初スタメンにします。

前後半を通じて、攻守で貢献した美馬。

先制点はこの2人から生まれます。
前半26分、ハーフウェイラインよりやや敵陣に入った位置でMF舘野俊祐からヘディングでパスを受けた美馬。そのままドリブルで相手を1人交わし、左足でセンタリングを上げます。このボールをゴール前で相手DFの後ろにいた塚田がドンピシャでヘディングシュート。左隅に決まって、1-0に。

起用に応えた塚田。めちゃくちゃピン甘でごめんなさい。

その後も攻撃の手を緩めず、相手にボールを取られてもすぐに奪い返し、ゴール前まで攻め込みます。
追加点こそ奪えなかったものの、前半は終始FC大阪が優位に。1点リードで折り返します。

後半開始直後はやや攻め込まれる場面もありましたが、次に得点を奪ったのもFC大阪。
後半23分、右CK(コーナーキック)からFW木匠貴大がヘディングシュートを決めて2-0とリードを広げます。

FC大阪一の熱男・木匠(写真右、ジャンプしている選手)。今季初得点。

後半一番のピンチは終了間際の45分。リードしている綻びからか、ドリブルで3人が抜かれてしまい、センタリングからゴール前でフリーになっていた相手選手にシュートを打たせてしまいます。一度はGK永井文也のセーブで乗り切りますが、弾いたボールを再びシュート。今度はゴール上のバーに跳ね返り、なんとか難を逃れます。

ゴールポストやクロスバーにも助けられながら、無失点に抑えた永井。

失点こそはしませんでしたが、この試合唯一、ディフェンスが簡単に突破を許してしまった場面でした。

後半アディショナルタイムには、今シーズン途中加入のMF大山武蔵の得点もあり、3-0で快勝。課題であった守備でも無失点に抑え、連敗をストップさせました。

出場3試合めで結果を残した大山(写真中央)。

今日の勝因は4バックにしたことで守備が安定したこと、初スタメンの2人が起用に応えたことでしょう。
また、最近の試合では得点後やチャンスの後に失点をする、ということが多くありましたが今日は違いました。
相手がパス回しをしているときも全員でプレッシャーをかけ、少しでもミスをしたらすぐに奪う。相手のシュートを6本に抑えての勝利は、塚原監督の言う通り”良いときのFC大阪”が随所に表れていました。まさに、全員でもぎ取った勝点3といえるでしょう。

DFの中でも特に良かったのが附木雄也。最後までボールを追いかけ、相手を自由にさせませんでした。

今日勝ったことにより、現在の順位は5位。J3参入に向け、なんとか可能性を残すことができました。また4位Honda FCとの勝点差を3に縮め、次節の結果次第ではJ3参入圏内の4位に浮上する可能性もあります。

次節は11月14日(土)13:00K.O.、ホーム・服部緑地陸上競技場で高知ユナイテッドSCと対戦。有観客試合なので、多くのファン・サポーターのみなさんで、勝利の後押しをしましょう。
今シーズン連勝しているのは開幕戦からの3連勝のみ。今日のような戦い方ができれば必ず勝てます。今シーズンJ3参入を決めるためにも、連勝必須だ!

最後に…。
ここまでは試合レポート。試合とは関係ないのですがどうしても書きたいことがあります。
今シーズン、アウェイも含めて全試合取材に行ってきました。少しでも旅費を安くするために、前節のソニー仙台FC戦は大阪から夜行バスで行きました。宮崎のときはフェリーで。

今回の青森遠征は、
試合前日(11/7)
関西国際空港→仙台国際空港(Peach)
仙台空港駅→仙台駅(電車)
仙台駅→新青森駅(東北新幹線) 新青森駅近くの東横インに宿泊。

1日めはGoToトラベルも利用し、なんと約6000円でした。

試合当日(11/8)
新青森駅→野内駅(電車)
野内駅→スタジアム(徒歩)

最寄り駅の野内駅からスタジアムまでは徒歩30分くらいかかりました。でも、地方で試合があるときは、だいたいこれくらい歩きます。

スタジアムに着くと、大阪から来た3人のサポーターの方たちと遭遇。

試合中声は出せませんが、太鼓で選手たちにエールを送ります。

試合会場でよく出会う、ともに戦う仲間です。
以下、会話内容抜粋。

サポーターさん 大阪まではどうやって帰られるんですか?

ホッケー スタジアム(徒歩)→野内駅(電車)→新青森駅(新幹線)→東京(夜行バス)→大阪の予定です。

サポーターさん えーっ、めっちゃ大変やないですか。僕たちレンタカーなので、新青森駅まで送りますよ!

ホッケー え!?いいんですか?

サポーターさん もちろんです!

なんと、サポーターさんに新青森駅まで車で送っていただけることになったんです。
「帰りまたあの距離を歩くのか…」と考えていたので、これは本当に助かりました。時間も1時間以上短縮に。

改めて、FC大阪は良いサポーターさんたちに応援してもらえて幸せだな、と感じました。


インタビュー動画版


■FC大阪公式ホームページ:FC大阪公式ウェブサイト

■公式記録:JFL公式


スポンサーリンク

ホッケー 梶間

ホッケー 梶間

投稿者プロフィール

山口県出身。
大学生のときに大阪にやってきました。
高校からホッケーを始め、現在もやっています。
なのでホッケー梶間です。
10chとYouTubeを見て生きています。
食べに行ったお店の中で1番カロリーが高そうなものをだいたい注文します。

スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

俊徳道ゴールドラッシュ俊徳道ゴールドラッシュ

東大阪ローカルメディア的日常東大阪ローカルメディア的日常

東大阪街角定点観測特設サイト

まず密にならない東大阪名所案内

ついに物販に進出!週ひがエコバッグ販売中。

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

新型コロナウイルス感染症対策サイト(非公式)

プロ野球人名辞典

東大阪の今を知るツイート!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

LINEオフィシャル

週刊ひがしおおさかのLINEアカウントは、週に1,2回東大阪の情報をお届けします。ぜひ友達登録してください。

週間人気記事

この1週間の人気記事

Last Update 2021.04.17

Honya Club.com
ページ上部へ戻る