【試合結果】F.C.大阪、21本ものシュートを打つもFCティアモ枚方と1-1 今季の「河内ダービー」は2分けに終わる

   

2021年10月17日(日)、今季でのJ3リーグ参入を目指すJFL所属のF.C.大阪(7位)は、ホーム・服部緑地陸上競技場でFCティアモ枚方(3位)と対戦しました。
直近3年の対戦成績は1勝1分1PK負けの五分。今シーズン前半戦、アウェイでの対戦時は1-0とリードしていた中で、後半アディショナルタイムに同点ゴールを許し引き分けに終わりました。

F.C.大阪のホームタウン東大阪は中河内、FCティアモ枚方のホームタウン枚方は北河内なので、「河内ダービー」と呼ばれます。

この試合の見どころはこちら↓

ティアモボールで前半キックオフ。
風上のF.C.大阪は、ロングボールとパスとをうまく使い分け、ゴールに迫ります。ここ最近の試合で1番良い入りができていたと、ホッケー梶間は感じました。

先制したのはF.C.大阪。
前半34分、「力を入れて練習していた」という水野からのセンタリングが相手の足に当たってゴールへ。オウンゴールでF.C.大阪が先制します。

その後も攻め続けますが追加点はならず、1-0で前半を折り返し。

ハーフタイム後、ティアモより先に出て円陣を組む選手たち。

風下の後半はやや攻められる展開に。また、自分たちのミスからピンチを招いてしまいます。
すると後半16分、F.C.大阪のクリアミスのボールがゴール前へ。このボールをティアモのFWチョ・ヨンチョルに決められてしまい、同点に追いつかれます。

追加点がほしいF.C.大阪は、FWルイス・フェルナンドや田中直基など攻撃的な選手を投入。相手ゴールに迫りますが、GK永井建成のファインセーブなどでなかなか追加点が奪えません。

すると再びミスから失点のピンチを2度招いてしまいますが、DF美馬和也のファインプレーなどもありなんとか2失点目は阻止。

結局1-1の引き分けに終わり、今シーズンの「河内ダービー」は2分けに終わりました。順位は7位のまま変わりありません。

21本もシュートを打ちながら、1点しか取れなかったことが勝ち切れなかった要因でしょう。枠内であればGKが弾いたボールからチャンスがあったかもしれませんが、ほとんどが枠外でした。
ただ、チャンスは作れていてチームの状態は上向き。次戦に向けしっかりと修正し、準備してもらいましょう。

次節は10月24日(日)、アウェイ・ロートフィールド奈良にて奈良クラブ(12位)と対戦します。


この試合の公式記録はこちら

スポンサーリンク

ホッケー 梶間

ホッケー 梶間

投稿者プロフィール

山口県出身。
大学生のときに大阪にやってきました。
高校からホッケーを始め、現在もやっています。
なのでホッケー梶間です。
10chとYouTubeを見て生きています。
食べに行ったお店の中で1番カロリーが高そうなものをだいたい注文します。

スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

俊徳道ゴールドラッシュ俊徳道ゴールドラッシュ

東大阪ローカルメディア的日常東大阪ローカルメディア的日常

東大阪街角定点観測特設サイト

まず密にならない東大阪名所案内

ついに物販に進出!週ひがエコバッグ販売中。

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

新型コロナウイルス感染症対策サイト(非公式)

プロ野球人名辞典

東大阪の今を知るツイート!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

LINEオフィシャル

週刊ひがしおおさかのLINEアカウントは、週に1,2回東大阪の情報をお届けします。ぜひ友達登録してください。

週間人気記事

この1週間の人気記事

Last Update 2021.10.26

Honya Club.com
ページ上部へ戻る