週ひがの本当に週刊なコラム第1回 ライナーズの新監督を全力で応援したい話

週刊ひがしおおさかをいつも読んでいただき、ありがとうございます。

20079月、編集長である前田の個人的な思いから「週に一度くらい更新できれば」という思いで始めた東大阪のニュースサイトは、20122月の法人化を経て今はたくさんの皆さんに支持をいただけるようになりました。加えて更新も11回を超えるペースとなり、今や私の生活の柱になっています。

スタートから8年半、生業にしてから4年が経過しましたが、週刊ひがしおおさかは時代の流れとともに、サイトデザインやコンテンツを変化させてきました。しかし初心の「週一回」をいつまでも忘れないよう、開設当初の「週一回火曜日」に週報を書いていきたいと思い、今日からコラム的なものを更新しきます。

1回目の今回は、ライナーズの新監督の話題から。

私は週刊ひがしおおさかをはじめてすぐ、ラグビーをメインコンテンツにしようと毎週花園ラグビー場に通い始めました。

それまでもラグビーは大好きでよく観戦はしていたのですが、サイトをはじめてからはすべてが本気。特にライナーズのことはどこよりも詳しく発信してやろうと、必死になって通いつめます。

そんなライナーズの中に、ひときわ目立つ坪井章というフランカーがいました。気持ちが常に前に出て、絶対に手を抜かないプレーで濃いファンに愛されるナイスガイ。ライナーズが苦しい時期にチームを支え、日本選抜にも選ばれて海外遠征の経験を持つ選手でした。

現役時代の坪井さん。

現役時代の坪井さん。

坪井選手は引退後、チームの裏方に入ります。プレーヤーからスタッフへ。そこでも手を抜かない真摯な姿勢は周囲を驚かせ、広報担当時代には「ここまで情熱的に仕事をする男がいるのか」とメディアを驚かせます。そして、私たちの「本気」を彼はしっかり受け止めて、チームを進化させてくれました。

2015年3月、チーム広報をしていた当時の坪井新監督

2015年3月、チーム広報をしていた当時の坪井新監督(写真提供:関西ラグビーフットボール協会)

そんな坪井さんが、コーチを経て近鉄ライナーズの監督に就任すると昨日発表されました。

前任の前田前監督が5年間で残した功績は、ライナーズの歴史にとって大きすぎるものがあります。加えて、トップリーグでは外国人監督・ヘッドコーチの起用がスタンダードになりつつあり、流れとは逆行します。

しかし、坪井新監督の今までの仕事ぶりを知る人なら信じられるはずです。手を抜かず最高の仕事をしてくれるだろうと。

他社の人事に熱くなれる、スポーツっていいなと感じる3月第1週目。今週も熱く手を抜かず、お仕事がんばりましょう。

坪井章新監督が広報時代に週ひがが取材した記事
ビジョンと準備、自分でボールをもらいに 〜RugbyWorker 第4回 近畿日本鉄道株式会社・坪井章〜|関西ラグビーフットボール協会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

MaechanYK

MaechanYK東大阪探検隊隊長・編集長

投稿者プロフィール

特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか代表編集長兼東大阪探検隊隊長。
ふとした思いつきからはじめたWEBサイトが、もうすぐ10年。
もっともっと影響力を持ったサイトにしていきたいです。

好きなモノ:近鉄ライナーズ、阪神タイガース、競馬、ゲーム、プラモデル、楽でお金になる仕事。
嫌いなモノ:愛、本物

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com