花園ラグビー場に武蔵川部屋の稽古を見学してきました。

大相撲・武蔵川部屋が花園ラグビー場を宿舎にするというビッグ・ニュース。
週ひがでは、第一報として「花園ラグビー場が武蔵川部屋の宿舎に!土俵ができる場所を確認してきました。」とお伝えしました。

3月13日(日)より始まる大阪場所に向け、土俵も完成し稽古もいよいよ開始されたとのことで、取材に行ってきました。

DSC07933

いつもは駐車場として利用されているスペースの一角に現れた「武蔵川部屋」ののぼりと、プレバブの建物。

稽古場は、誰でも見学可能。ということで、記者も早速入ってみると、

DSC07835-001

髷を結った力士たちが、ぶつかり稽古や股割り、四股など土俵の上で稽古に励んでいます。本場所に向けて、ペースアップをしている時期とのことで、大迫力です。

DSC07859

「現役時代はずっと衣摺に宿舎がありました。今回、関係者の皆さんに尽力いただいて、花園ラグビー場に来ることができました。」と話すのは第67代横綱元武蔵丸の武蔵川親方。総勢14人の力士を率いています。

DSC07872

現在番付最上位の武蔵国(右)に稽古をつける雷親方(左)。

稽古中に指導するのは、武蔵川親方と元小結垣添の雷(いかづち)親方。相撲ファンにはたまらない光景です。

「最有望力士は?」という記者の質問に「まだまだ、そんなレベルじゃないです。相撲でもその他でもやることがたくさんあります。」と親方の言うとおり、どの力士も若い。10代後半から20代前半の、少年の顔立ちを残した面々です。そのせいか、稽古中に飛ぶ親方からの激も、技術的な精神的なことだけでなく「ちゃんと自分で考えろ」「周りをよく見て学ぶんだ」など人間教育にも及びます。

DSC07896

「絶対に相撲をやめてからの方が人生は長いですし、普通の会社のほうが厳しいんです。それに人間としてしっかりしていないと、相撲は強くなれません。」
そう言って稽古を見守る親方の目は、父親のそれ。師弟を超えた愛情を感じさせられます。

厳しくも、温かい武蔵川親方の眼差し。

厳しくも、温かい武蔵川親方の眼差し。

稽古は毎日7時30分から。見学は自由にできますが、私語は厳禁です。静かに稽古を見守りましょう。土日はもしかすると、結構な人手になるやもしれません。

大阪の風物詩である、大相撲大阪場所。今年から、武蔵川部屋の若者を応援するという、楽しみが追加されました。今から初日が待ち遠しいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

MaechanYK

MaechanYK東大阪探検隊隊長・編集長

投稿者プロフィール

特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか代表編集長兼東大阪探検隊隊長。
ふとした思いつきからはじめたWEBサイトが、もうすぐ10年。
もっともっと影響力を持ったサイトにしていきたいです。

好きなモノ:近鉄ライナーズ、阪神タイガース、競馬、ゲーム、プラモデル、楽でお金になる仕事。
嫌いなモノ:愛、本物

この著者の最新の記事

関連記事

最近の記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com