泣くな、大敗ライナーズ!花園へ向けMOVE FIRST

前節、サニックスに15-20で敗れた近鉄ライナーズ。昨年の上位チームとの対戦を迎えるまでに、これ以上黒星は増やせない…そんな決死の覚悟の中、10月30日(日)奈良・ならでんフィールドにて第9節が行われました。

対戦相手はHondaHEAT。ライナーズは昨年開幕戦で勝利しました。しかし今節は、NTTコムが東芝を、NECが神戸製鋼を下しており、下克上が頻発している混戦のトップリーグ。前年度11位のHondaですが、油断はなりません。

dsc08926

今回、豊田キャプテンはリザーブ。入場行進ではバイスキャプテンの南藤が先頭を歩く。

さて、今回のメンバーは、LOにストーバーク・トンプソンの長身コンビ。SOはここ2節スタメン出場していた新人野口に代わり、重光が復帰。野口はFBに入ります。さらに南藤・島・井波と若手BKが前節同様メンバー入りし、新人からベテランまでのオール近鉄で臨みます。

dsc08967

集合写真でも目立つストーバークとトンプソン。「せんとくん」もいました。(メンバー入りはしていません)

絶対に負けられないこの戦い。弱風の中、ライナーズボールでキックオフ!
序盤はエリアをうまく取り敵陣へ。22m内へ入ると5トンプソン、6統悦を中心にアタックします。ゴール直前まで迫った8分、相手のペナルティを誘い出すことに成功すると、PGで3-0と先制します。

ここからさらに勢いをつけたいライナーズでしたが、そうはいきませんでした。
タックルなどのディフェンスミスからボールを奪われ、14分、先制トライを許してしまいます。さらに間を置かず16分にも独走トライを決められ、3-14。流れは完全にHondaに。

dsc_5376-001

Hondaの前進を止めろ、止めてくれ!

痛い失点からのリスタート。挽回すべく、果敢にボールを奪いに行ったライナーズは相手22m陣内でフェーズを重ねます。19分、あと10mに迫ったところで5トンプソンにボールが渡ると、相手のディフェンスを振りきって渾身のトライ!G成功で10-14と迫ります。

dsc09161

しかし、その後はお互いペナルティを連発。ライナーズは1本、Hondaは2本のPGを決め、13-20と離されたまま差は縮まりません。
もどかしい状況の中でもキックで前進し、38分には相手陣ゴール10m内に迫るものの、ボールを奪われて相手のペースに戻されてしまいます。
トライを決めきれないまま、13-20で前半が終了。

dsc09168

「絶対取り返してくれよ―!」ファンの声が鳴り響く中、後半開始。
前半の悪い流れを断ち切りたいところですが、焦りが見えるライナーズ。目立ったのはやはりペナルティでした。6分、19分とPGを許し、気づけば13-26。みるみる差は開いていきます。

ただ、ペナルティが多いのはライナーズだけではありません。23分、Hondaのノットリリースザボールで得たボールをタッチで10m内へ進め、マイボールのラインアウトに持ち込みます。そこから何度もアタックを重ねて徐々に前進。最後は4ストーバークが大きな体を活かして密集をこじ開け、中央右にダイブ!ようやく2本めのトライをあげます。G成功で20-26に。

dsc_6500-001

会場からは「もう1本!もう1本!」とコール。あと1トライ、1ゴール。いつものライナーズなら追いつけるはず。逆転できるはず…。
30分に5本目のPGを決められ、さらに点差は開きますが、それでも諦めず猛攻するライナーズ。ディフェンスで押し戻されても縦に攻め続け、ボールを繋ぎます。

dsc_6757-001

しかし、35分にターンオーバーから独走トライをあげられると20-36に。ライナーズは最後までトライを取りに攻め続けますが、あえなく終了のホーンが鳴ります。
「コミュニケーションが取れず、ミスが多かった」と振り返ったのは、豊田キャプテン。点差は16点。今シーズン中で一番大差がついたこのゲーム。大反省せざるを得ない内容でしたが、次への希望も見えました。

「自分のミスで点を取られてしまうことが何度もあった」と話す5トンプソン選手は、今日のゲームでは80分間必死にボールに食らいつき、体を張り続けていました。そんなトンプソン選手に、本日の週ひがMVPを!
dsc09253

若手の台頭も見逃せません。「すごく可能性を持っていて、ライナーズの将来を担ってくれると思います。みんなでサポートしていきたい」と重光選手のお墨付きコメントをもらった野口選手。Hondaの外国人選手相手に、素晴らしいタックルを見せてくれた井波選手。

「ウィンドウマンス明けの花園に向け、しっかり調整していきたい」と坪井監督。そう、次節はホームグラウンドの花園です。泣いてなんていられない。黒星が混んでしまいましたが、十分に疲れを取って12月からは連勝街道まっしぐらといきましょう。
第10節・NEC戦は12月3日(土)、11:45キックオフ。若手からベテランまでチームが一丸となって、次のゲームへ「MOVE FIRST」です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

mihorobot

mihorobot東大阪探検隊・記者

投稿者プロフィール

生粋の八戸ノ里っ子。人気の八戸ノ里東小・小阪中学校校区に住んでいる。
取材へ行けば、同級生のお父さんがやってるお店だった・・・ということが多々あり。
尊敬する人は藤子・F・不二雄先生。

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com