日本、韓国に70点差で快勝!アジアラグビーチャンピオンシップで2連勝

   

サンウルブズのスーパーラグビー参入で、1年を通して試合が行われるようになったラグビー界。
でも「春はスーパーラグビーを見ておけばOK」なんて言わないで!
忘れてはいけないのが、アジアラグビーチャンピオンシップ。
毎年4~6月に開かれる、アジアのレベルアップと発展を目的とした大会です。
ラグビーファン以外にはなかなか知られていないのですが、アジアで飛び抜けた強さを誇る日本は、2015年の初開催以来2年連続優勝しています。
目指すは3連覇。プール1戦めの韓国戦は勝利したものの、ジェイミー・ジョセフHCはタックルの甘さを酷評しました。
1週間で反省点を修正できるのか。
続く2戦めも韓国戦。4月29日(土)、ホーム秩父宮にて行われました。

IMG_0880

やってきました秩父宮。桜ジャージのファンたちで埋め尽くされた会場は、観客数7692人。

日本代表はFB野口竜司やCTB松田力也などがメンバー入りし、若手選手中心。
強い追い風が吹く中、韓国ボールでキックオフです。

DSC_8131

キャプテンは前回に引き続き、SH流。

風が味方し、試合早々相手陣でのプレー。先制トライを決めたのは、我らが日本代表でした。
3分、相手陣22m付近のラインアウトからモールで一気に攻めこむと、LOサムエラがトライ。SO小倉のGも決まって7-0に。
よし、いい!順調な滑り出しです。

DSC_8221

モールでトライへと一直線。

スクラムで押される場面があったものの、すぐに修正。
前回の課題だったタックルも改善され、相手の前進をしっかり止めます。それどころか、ターンオーバーで攻め返す場面も多く見られます。
韓国PRキム・カンシクがシンビンで一時退場すると、数的優位に立った日本は15分、ボールを右へと回し、最後はWTBロトアヘアがトライ。12-0。
さらに勢いに乗る日本は19、23、31分とトライをあげ、危なげなく点を重ねます。

DSC_8300

インゴールへと激走するロトアヘア。

しかし試合が進むにつれ、少しタックルが高くなってきた日本。ディフェンスミスやラインアウトでのミスが目立ち始め、自陣でのプレーがしばらく続きます。
前半終了間際の39分、ディフェンスの間を抜けられトライを許すと31-5。
後味悪く失点しましたが、点差を大きく開けて前半が終了します。

DSC_8551

諦めずにアタックを続ける韓国代表。

気持ちを切り替えて挑んだ後半。
12分、相手陣22m内でのマイボールラインアウトからフェーズを重ね、じりじり前へ。最後はHO坂手が押し込み、トライを奪います。
さらに14分、今度はターンオーバーし、右へ右へとボールを回します。一番外にいたCTB松田にボールが渡ると、走りきってトライ!
間髪を入れない攻撃で、好調な入りだしです。

C01I1360

強靭なフィジカルでアタックする松田。

ただ、韓国も弱気になりません。機敏なパス回しで反撃し、1本奪い返すと45-10。
日本は体制を立て直し相手陣へ攻め入りますが、今度は相手のタックルに阻まれます。
う~ん、あと少し…という場面が続くと、LO小瀧、SO山沢、HO日野、FL徳永など大幅にメンバーを入替え仕切り直します。

すると57分、相手陣ゴール直前でスクラムから出したボールをつなげ、CTB山中が中央にトライ!
メンバーチェンジでうまく切り替えもでき、集中力が戻ってきました。
62分、67分、71分、78分とさらに得点し、ゲームの主導権を完全に握った日本。ここまで来れば、もう安心です。

DSC_8758

華麗なステップでディフェンスを突破する山中。

そして最後のトライとなった78分。日本コールが沸き起こります。モールからトライを奪い、Gまできっちり決めて80-10で試合が終了。
終わってみれば計12トライを量産し、70点差。前回の汚名を晴らしての快勝となりました。

DSC_9001

「前回からここまで改善したプレーを見せてくれたチームメンバーを讃えたい。タックルと、ボールをもっていないところでの動きを前回から修正できた。代表メンバーは、コーチングしがいがあるチーム。前回を踏まえてハードトレーニングをしっかりした結果だと思う。全員が試合へ取り組む姿勢を反省し、今週は向上してくれた。この姿勢を続けていきたい。」とジェイミー・ジョセフHCは今日の試合内容を振り返り、選手を讃えます。

C-kDqewUIAQXFSi.jpg-large

これで日本は2勝0敗。この勢いで全勝突破も夢じゃない。次回の戦いも、期待大です。
若き桜の戦士たちが、春を熱くする!
次回は5月6日(土)、香港代表と秩父宮での対戦です。

スポンサーリンク

mihorobot

mihorobot東大阪探検隊・記者

投稿者プロフィール

生粋の八戸ノ里っ子。人気の八戸ノ里東小・小阪中学校校区に住んでいる。
取材へ行けば、同級生のお父さんがやってるお店だった・・・ということが多々あり。
尊敬する人は藤子・F・不二雄先生。

スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

KGPlus株式会社

ねじワールドカップ公式サイトねじワールドカップ公式サイト

週ひがラグビーライブ配信プロジェクト第74回近畿高校ラグビー大会LIVE配信

週ひがラグビーライブ配信プロジェクト週ひがラグビーライブ配信プロジェクト

リーグワンを愛して2022

俊徳道ゴールドラッシュ俊徳道ゴールドラッシュ

東大阪ローカルメディア的日常東大阪ローカルメディア的日常

東大阪街角定点観測特設サイト

まず密にならない東大阪名所案内

ついに物販に進出!週ひがエコバッグ販売中。

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

新型コロナウイルス感染症対策サイト(非公式)

プロ野球人名辞典

東大阪の今を知るツイート!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

LINEオフィシャル

週刊ひがしおおさかのLINEアカウントは、週に1,2回東大阪の情報をお届けします。ぜひ友達登録してください。

週間人気記事

この1週間の人気記事

Last Update 2024.07.21

ページ上部へ戻る