文化創造館が大雨のふれあい祭りで大入御礼!テント内に行列も

雨の中開催された「第41回東大阪市民ふれあい祭り」。
大雨警報で14時30分をもって中止され、模擬店やステージは大打撃を受けました

そう、ふれあい祭りは毎回何千人、いや何万人動員しているんだ、東大阪市民全員が来場してるんじゃないかというほど来場者にあふれ返る一大イベント。人が来ることがわかりきっているんだから、そりゃあ準備も張り切ります。
それなのに、それなのに!嗚呼うらめしき空模様…。涙した人も多かったのではないでしょうか。

会場は傘をさす人、カッパを着る人であふれかえりました。みんな、大変だったね!お疲れ様!

しかし、SNSには「花園会場に傘屋さんがあったけど、そこだけすごくお店の人が明るかった」という情報も。泣く者あれば笑う者あり。この日を屋外で過ごした人々の最重要事項、それは「出来る限り濡れないこと」でした。
そんな条件とピッタリ合致し、大成功を収めたブースがあります。
永和駅前に出店した、新市民会館「東大阪市文化創造館」(以下文化創造館)のブースです。

オレンジの屋根の文化創造館ブースに集まる人々。

一体この中で何が行われていたのかというと、オリジナルエコバッグ作成ワークショップ。週ひがの事前記事でも紹介しました。
エコバッグにスタンプを押して、オリジナルバッグをつくろうぜ!という趣旨のブースです。

子どもたちが楽しそうにスタンプを押していく…大人だけど普通にやりたい。

昨年のふれあい祭りでは「Kirittai」(キリッタイ)とのコラボレーションで、切紙アート体験を実施した文化創造館。イベント終盤には品切れ状態となり、大好評を博しました。今年は、豪雨にもかかわらず昨年にまさる勢いで大盛況!
屋根のある空間で、じっくり時間をかけて自分だけのバッグを作れる、とブース内にはいつも来場者が。列を作って待つ人は隣のテントのPRスペースに並び雨宿り。なんというストレスフリー。

しずく・星が織りなす流線形が美しい作品。個性豊かなバッグが出来上がっていきます。

子どもたちは、じっくり吟味しながら、思い思いのスタンプを押していきます。
「この色じゃない、もっと可愛い組み合わせがあるはず」と、芸術家さながらの表情でスタンプの形・色を選びます。
そうして制作された完成品に、みんな満足して帰っていくのです。
しかも、ふれあい祭りで買って手にいっぱいになった荷物を入れられちゃうバッグ。そうそう、これがほしかった。ふれあい祭りで求めていたものはバッグなんだ。

ちなみに限定デザインのウェットティッシュも配布していましたが、記者がブースへ取材へ向かったお昼前にはすでに品切れ。ゲットできなかったのが心残り!

文化創造館完成予想図が大きくプリントされたパネルも登場していました。

雨天にぴったりな条件のインフラと、ふれあい祭りにバッチリ響く要素が共鳴し、大入御礼。
雨でしょんぼりした来場者を癒やし、楽しい思い出を提供した文化創造館ブース。確実に、来場者の心に残ったことでしょう。勝手にふれあい祭りMVPを授与したいと思います。
2019年9月の文化創造館オープンがますます楽しみになってきた記者でした。

【関連記事】
大雨警報発令!ふれあい祭り、14時30分をもって中止に。でもそこそこ盛り上がりました。(2018.05.13)
文化創造館ってなんじゃろな?知っておきたい新市民会館5つのポイント(2017.01.16)

■第41回東大阪市民ふれあい祭り
日時:2018年5月13日(日) 9:30〜16:00
場所:ふれあい通り会場(近鉄布施駅〜八戸ノ里駅)
日時:2018年5月13日(日) 10:00〜16:00
場所:花園中央公園会場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

mihorobot

mihorobot東大阪探検隊・記者

投稿者プロフィール

生粋の八戸ノ里っ子。人気の八戸ノ里東小・小阪中学校校区に住んでいる。
取材へ行けば、同級生のお父さんがやってるお店だった・・・ということが多々あり。
尊敬する人は藤子・F・不二雄先生。

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com