FC大阪 阪奈ダービーで奈良クラブに敗れ、今季初黒星

   

2019年5月4日(土)、JFL(日本フットボールリーグ)第7節が行われ、FC大阪はホーム大阪・ヤンマースタジアム長居で奈良クラブと対戦し0-1で敗戦。今季初黒星となりました。

まさかの結果に肩を落とす選手たち。

奈良に本拠地を置く奈良クラブ。FC大阪の本拠地である東大阪とはすぐ隣のため「阪奈ダービー」と呼ばれます。試合終了後、和田治雄監督は「この試合にはどうしても勝ちたかったです。でも、相手のプレッシャーに負けてしまいました」と、悔しさをあらわにしました。

6節が終わり、4勝2分の勝点14で首位のFC大阪。対する奈良クラブは1勝4敗1分の勝点4で15位と、誰もがFC大阪が有利だと思うでしょう。しかし「阪奈ダービーに勝ちたい」という思いが強かったのは、僅差での敗戦が続いていた奈良クラブ。その悔しさをぶつけられ、FC大阪は気持ちで負けてしまったのです。

最高気温が26度という、夏のような暑さの中での試合。

試合は、奈良クラブボールでキックオフ。
奈良クラブのボールポゼッションが高く、サイドを使った攻撃でFC大阪ゴールに迫ります。

一方FC大阪は、カウンターから1トップのFW11・川西へとボールを集めますが、奈良クラブの早いプレッシャーを前に、シュートを打たせてもらえません。

ケガでチームを離れているDF13・岩本知幸に代わってキャプテンを務める、MF7・木匠貴大。

序盤から奈良クラブにボールを持たれる時間が多かったですが、試合中盤からは木匠(きつい)を中心に、自分たちでボールを保持する時間が増えてきます。

すると、前半16分前半最大のチャンスが。MF22・前田悠斗の裏へのパスがFW11・川西誠に通ります。

今日は無得点に終わった、エース川西。

ゴール前までドリブルで持ち込みシュートを打ちますが、最後は相手DFの足に当たり得点とはなりませんでした。

その後も奈良クラブの猛攻を受けますが、GK1・永井文也のナイスセーブなどでゴールラインを割らせません。
スコアレスのまま前半が終了するかと思われた、44分。奈良クラブのMF33・山田晃平がどフリーの状態で、ペナルティエリアの左隅から蹴ったボールは弧を描きながら、永井の頭上を超え、ゴールの中へ。

見たくなかった瞬間。

ここまで6試合を終え、1失点だったFC大阪ですが、奈良クラブに1点を献上してしまいます。
フリーでシュートを打たせてしまっているので、来週までの改善点でしょう。

0-1で前半は終了。後半逆転してくれることを信じます。

気持ちを落ち着かせる選手たち。

FC大阪ボールで後半開始。
前半とはうって変わり、後半はFC大阪のボールポゼッションが高くなります。
奈良クラブゴールに迫る回数も多くなりますが、焦りからかシュートは外れてしまいます。

シュートを打つ、DF3・端(はた)駿介。

1本しかシュートを打たせてもらえなかった前半に対し、後半は6本のシュートを打ちます。しかしゴールは遠く、時間だけが過ぎていきます。

アディショナルタイムは4分。ベンチにいるリザーブメンバー、会場にいるサポーター全員が、得点が入ることを祈ります。

最後まで声を出し続けるサポーター。

しかし、その思いは届かず0-1で悔しい1敗め。阪奈ダービーを制したのは奈良クラブでした。


和田治雄監督

負けた後のインタビューは辛い。

ー今日の試合を振り返ってください。

和田 前半良い形でプレーできませんでした。それでも同点で折り返せたら良いと思ったんですが、失点。そこがゲームを厳しくしてしまいました。暑さの影響でいつものようにアグレッシブなプレーができないところもありましたが、それは言い訳にできません。

ー前半に失点してしました。

和田 何度もマイボールにできるチャンスがあったのに、相手に渡してしまったのが要因です。

ー今季初黒星となりました。何が敗因だったのでしょうか。

和田 暑さが影響していないとは言えませんが、相手も同じ条件。今季負けなしで来ているので、隙があったのかもしれません。奈良クラブは厳しい戦いをしてきて、悔しい結果になることが多かったです。その部分の差が出た試合だったと思います。

ー阪奈ダービーでしたが、何か意識した点はあったんでしょうか。

和田 クラブとしてはやっぱり勝ちたかったです。負けたのは私の責任です。

ー木匠選手がキャプテンマークを巻いて3試合になりますが、何か変わったところはありますか。

和田 まだ3試合。これから試合を通じて成長してほしいです。

ー次週の天皇杯予選決勝に向けて。

和田 リーグ戦と違って負けたら終わりの試合。なんとしても天皇杯出場権を勝ち取りたいと思います。

木匠貴大副キャプテン

「やっぱ勝ちたかったっす」と、木匠選手。

ー今日の試合を振り返ってください。

木匠 立ち上がりから相手にペースを持っていかれてしまいました。なんとか耐えて、FC大阪のペースに持って行きたかったんですが、無理でした。立て直せていれば、違う結果だったと思います。

ー初の敗戦となりました。

木匠 今までは、立ち上がりから得点を決めてFC大阪ペースで試合を進めることができていました。今日の試合はずっと相手のペースで、追いかける試合は初めてでした。それでも、勝ち切れるチームにならないと優勝は難しいので、練習を積むしかないです。

ー阪奈ダービーでしたが、何か意識はありましたか。

木匠 みんなも気合が入っていました。FC大阪のサッカーは、縦に早いパス、裏に抜け出すプレー。しかし今日はプレスが早く、自分たちのサッカーができませんでした。

ー木匠選手がキャプテンを務めて3試合めになりますが、自分の役割は何だと思いますか。

木匠 キャプテンであることをあまり意識せずにプレーしています。勝ちたい、勝たせたいという思いはありますが、気負わずやっていこうと思います。

ー天皇杯予選決勝に向けて。

木匠 今日は負けてしまいましたが、切り替えて来週の試合に臨みたいと思います。

吉澤正登会長

いつもより笑顔が少ないように感じた、吉澤会長。

ー今季初黒星となりました。

吉澤 リーグ戦30試合を通して、負け試合というのは必ずあります。それが今日。ただ、奈良に負けたというのは何か運命を感じます。ずっと負け無しで来ていて、少し浮かれていた部分があったんだと思います。気持ちを切り替える良い試合になりました。

ー天皇杯予選決勝へ向けての意気込みは。

吉澤 天皇杯に出場することが我々の使命なので、必ず勝ちます。そして、大阪府代表として本戦で戦いたいです。

ー次節はいよいよ東大阪での試合ですね。

吉澤 待ちに待った花園でのホームゲームは非常に楽しみです。我々は20年間サッカー文化を温めてきたので、存分に発揮したいと思います。良い調整をして、良い試合をして、もちろん勝って。東大阪のみなさんに、サッカーっていいなと思ってもらいたいです。


昨年まで奈良クラブに在籍した横野選手、岩本キャプテンに代わってDFを務める端選手にインタビューしました。

MF18・横野純貴選手

横野選手、勝っても負けても、イケメンっす。

ー初の敗戦となりましたが、今日の試合はどうでしたか。

横野 阪奈ダービーなので、絶対に勝ちたかったです。率直にすごく悔しい結果でした。

ー昨年まで在籍していた古巣との対戦でした。

横野 全員が去年まで一緒にプレーしていた選手。お互いのプレースタイルを知っているので、やり辛かったです。

ー天皇杯予選決勝に向けて。

横野 対戦したことがない相手(阪南大クラブ)ですが、この1週間しっかり練習して、来週の試合に臨みたいです。

DF3・端(はた)駿介選手。

しっかりと代役を務める端選手。

ー今季初黒星となりました、DFからみて、今日の試合はどうでしたか。

 阪奈ダービーで、気持ちも入っていたんですが、前半残り1分の場面で失点してしまったのが残念。引き気味になっていて、奈良クラブに簡単にボールを持たせすぎたのが敗因です。前半からもっと前線でのプレスをかけれていれば、違う結果になっていたと思います。

ー岩本キャプテンがケガをしてから、端選手がスタメンを務めていますが、ご自身の役割は何だと思いますか。

 岩本選手とはプレースタイルが違うので、完璧に同じことはできません。でも、毎試合無失点に抑えるつもりでプレーしています。ここまで昨年より少ない失点で来ているので、これからも継続していきます。

ーこれからの試合に向けて意気込みを。

 今季初黒星で、チームは少し落ち込んでいます。しかし来週は天皇杯予選の決勝、2週間後には東大阪での試合があるので、切り替えて戦います。個人としては、無失点に抑えること、セットプレーから得点を決めたいです。

まさかの結果になってしまいましたが、下を向いている場合ではありません。来週は天皇杯大阪予選の決勝、2週間後には東大阪での試合があります。さあ前を向くんだFC大阪イレブン!次戦は、5月12日(日)天皇杯大阪予選決勝。阪南大クラブとヤンマースタジアム長居(13:05K.O.)で戦います。天皇杯出場目指して、次週は勝利を!

■FC大阪公式ホームページ:FC大阪公式ウェブサイト

■公式記録:JFL公式

スポンサーリンク

ホッケー 梶間

ホッケー 梶間

投稿者プロフィール

山口県出身。
大学生のときに大阪にやってきました。
高校からホッケーを始め、現在もやっています。
なのでホッケー梶間です。
10chとYouTubeを見て生きています。
食べに行ったお店の中で1番カロリーが高そうなものをだいたい注文します。

スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

リーグワンを愛して2022

俊徳道ゴールドラッシュ俊徳道ゴールドラッシュ

東大阪ローカルメディア的日常東大阪ローカルメディア的日常

東大阪街角定点観測特設サイト

まず密にならない東大阪名所案内

ついに物販に進出!週ひがエコバッグ販売中。

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

新型コロナウイルス感染症対策サイト(非公式)

プロ野球人名辞典

東大阪の今を知るツイート!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

LINEオフィシャル

週刊ひがしおおさかのLINEアカウントは、週に1,2回東大阪の情報をお届けします。ぜひ友達登録してください。

週間人気記事

この1週間の人気記事

Last Update 2022.11.21

Honya Club.com
ページ上部へ戻る