ライナーズの新人さんいらっしゃ〜い!2019 File.1 髙野蓮選手

ぽかぽか陽気がつづき、季節の移り変わりを肌で感じるこの頃。
この季節になると思い出すのは、そう「新人さんいらっしゃ〜い」の特集。
東大阪のラグビーチーム「近鉄ライナーズ」の新加入選手を1人ずつ紹介していきます。

今回紹介するのは、同志社大学から入団したWTB(ウィング)髙野蓮(たかの れん)選手。
昨年の関西大学Aリーグでは、ケガからの復活を果たし大活躍。
そんな髙野選手にたくさんお話をうかがいました。

同志社大学を卒業後、社員選手として入団した髙野選手。漢字ははしごだかの「髙」!

―はじめまして。週刊ひがしおおさかです。よろしくお願いします。

髙野 よろしくお願いします。

―まず、週ひがのTwitterをフォローしてくださってありがとうございます(笑)。

髙野 あっ、いえいえ。

―いつだったか、「花園めっちゃ綺麗」というツイートを見て、ライナーズに入団するのかなという予感が見事に的中しました。

髙野 あははは。鋭いですね。

―まず、髙野選手がラグビーをはじめたきっかけからお聞きします。どのようにしてラグビーと出会いましたか?

髙野 父の影響です。高校の教師で、ラグビー部に携わっていたので、自然とラグビーが近くにありました。はじめは鞘ヶ谷ラグビースクール(RS)に入りました。

―お父さんの影響というのはラグビーあるあるですね。

髙野 無理やり通わされたので、最初はすごく嫌でした。グラウンドに連れていかれた時は、野球かサッカーができると思っていたのに(笑)。

―そうだったんですね。ラグビーが楽しいと感じたのはいつ頃からですか。

髙野 小学5年生です。この頃、福岡県大会で優勝して、RSの中にも友達が増えはじめて。どんどん楽しくなっていきました。金子(惠一/かねこ けいいち)と出会ったのもこの頃です。

―同じく新加入の金子選手とは、幼なじみなんですね。

髙野 小中が同じRSで、高校も同じ東福岡です。

―まさかライナーズで再会するとは。高校3年生時には、春の選抜と夏の7人制、花園において3冠を経験されていますね。

髙野 花園の決勝の対戦相手には、菅原(貴人/すがはら たかひと)もいました。

―同じく新加入の菅原選手は、御所実業の出身。幼なじみと高校時代のライバルと、こうして同じチームになることに、不思議な縁を感じます。入団が決まってから連絡を取り合いましたか?

髙野 はい。自分から菅原にLINEしました。それから金子も含めてグループでやりとりしましたね。

新加入選手でタックルのアドバイスを受ける(左から)金子選手、菅原選手、髙野選手、同じく同期の佐原慧大(さはら けいた)選手。

―仲間がいるのは心強いですね。ライナーズに入団を決めた一番の決め手って、なんだったんでしょう?

髙野 「熱意」です。福岡出身なので、卒業後は地元にとも考えていました。しかし、スカウトの方は僕だけではなく福岡の両親にも会いにきてくださって。熱い思いに応えなければ!と考えるようになりました。

―熱意…! ライナーズには同じ大学の先輩も多くいらっしゃいますよね。

髙野 はい。入団が決まったときに、まず野中(翔平)さんに相談しました。

―ひとつ上の先輩ですね。

髙野 大学の時から、ずっと心に残っている元キャプテンです。話す内容が心に突き刺さるというか。

―例えばどんなことを話されていたんですか?

髙野 「自分がチームをひとつにできなかった」って、後輩たちに悔しい思いや反省を話されたことがあったんです。そうした言葉や態度を見て、チームを思ってくれていたんだなと。

―心に残る言葉ですね。野中選手とも出会えた大学生活ですが、4年間いかがでしたか?

髙野 楽しかったですが、後悔もありますね。

―後悔ですか。

髙野 はい。前十字靱帯のケガをしてしまって、4年生最後のリーグ戦に間に合わなかったことです。

―関西大学Aリーグですね。私たちもそのニュースを聞き、まさかと思いました。

髙野 悔しかったです。でも、ケガをしてからラグビーに対する意識が変わりました。

「口数は少ない方」でも、人のことをよく見ている髙野選手。感受性の豊かさが伝わってくる。

―どのように変わったのですか?

髙野 特にストレッチについてです。ケガする前はそれほど意識していなかったので、それが原因になってしまったとも思います。体の調子をくずさないためにも、今は練習後と就寝前にストレッチを欠かしません。その延長で筋トレもしています。

―なるほど。その後リーグ戦後半は復帰し、第6節の大阪体育大戦ではMOMにも輝きました。ケガをしたからこそ見えたものがあったんですね。

髙野 はい。今ではストレッチが趣味のようになっています。

―アスリートらしい趣味の入り方ですね。

髙野 ラグビーが関係ない趣味だと、バイクで遠出することも好きです。大学時代に4時間かけて伊勢に行ったこともあります。

―おー、バイク。今もよく乗って出かけるんですか?

髙野 バイクは卒業する時に後輩に譲ってしまって、もう手元にはないんです。最近車を買ったので、そっちでどこかに出かけようと思います!社員選手になったので、まだ新入社員研修があってプライベートの時間がなかなか確保できていませんが。

―プライベートも仕事も、これから充実しそうですね。最後に今後の抱負についてうかがいます。

髙野 走ることが得意なので、僕がボールを持ったらトライが決まると思ってもらえる選手になりたいです。昔から憧れているRSの先輩の、山田章仁さん(NTTコミュニケーションズ)のように。

―ありがとうございました!

新人さんへの洗礼、ミホロボットをお姫様抱っこ。腰の位置から持ち上げたので、けっこうグラグラ。

クールな印象だった髙野選手。インタビューを通し、決してぶれない芯の強さを感じました。大学時代は出場機会には恵まれなかったものの、少ないチャンスを見事にものにした実力は折り紙つき。スタジアムの歓声とともに、インゴールへ駆け抜ける髙野選手を見逃すな!

【関連記事】
ライナーズの新人さんいらっしゃ〜い2018

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com