じっくり焙煎されたコーヒーが香るお店「富山珈琲」

小阪駅の北側を歩いていると、ふわ~っとしてくる、香ばしくっていい匂い。どこからかな?と匂いの元を辿ってみると、そこにあるのはコーヒー専門店「富山珈琲(トミヤマコーヒー)」です。

木目のドアを開けて一歩踏み入れてみると、落ち着いた空間とおいしいコーヒーが待っています。

オープンして約1年。「なんだろう、このお店・・・気になる・・・」と前を通るたびに、様子を伺っていた人も多いのでは?

オープンして約1年。「なんだろう、このお店・・・気になる・・・」と前を通るたびに、様子を伺っていた人も多いのでは?

 

まず目に入るのは、大きな大きな黒い焙煎機。店から煙突がニョキッと顔を出しています。ここからいい匂いが放たれていたんですね。

「週に2、3回焙煎しています」と店長の井本さん。

 

使っている店が10台もないというこの貴重なマシーンは、日本製。大阪のメーカーで開発された、最先端の焙煎機なんです。

焙煎の時間から温度まで、すべてコンピューターで処理をします。職人技だった焙煎作業をデジタルでできるという、優れもの!

こんなにコーヒー業界が進んでいるなんて、知りませんでした。

重厚感のある黒い機体が、ウッドテイストの店内にほどよくマッチしています

重厚感のある黒い機体が、ウッドテイストの店内にほどよくマッチしています

「せっかくなので、飲んでいって下さい! 」と勧められるがままに色んなコーヒーを飲ませてもらいました。

豆を挽いてから淹れてもらったコーヒーは、香り抜群!

エスプレッソを2種類いただきましたが、素人舌でも気づくほどの味の違いにびっくり仰天。コーヒー豆は同じ品種でも、栽培する農園によって、全く違う味になるのだとか。

瓶に入っている豆によくよく目をやると、品種によって色や形が全然違います。ブラジル・パセオ農園産に、ホンデゥラス・エルサウセ農園産なんていうのもありました。

最近は、マイナー農家のものもよく輸入されるようになってきたそうです。

「マイナーなコーヒー農園の豆を広めていって、農家の人たちに少しでも還元していきたいですね」。

コーヒー豆の販売だけでなく、カフェスペースもあります

コーヒー豆の販売だけでなく、カフェスペースもあります

 

コーヒー豆の産地について、じっくり教えてもらえます

コーヒー豆の産地について、じっくり教えてもらえます

「何か、新しいことがしたかったんですよね~」と楽しそうにコーヒーの説明をする井本さん、実はものすごい経歴の持ち主なんです。

大学時代に始めたスノーボードにのめり込み、プロボーダーに。その後、東大阪で自転車屋を始め、更に新しいことを求めてコーヒーショップにたどり着いたのだとか。なんというハングリー精神!

どれもこれも、「新しいことをしたい」という気持ちがあったからなんですね。穏やかな笑顔の内に、じっくり焙煎された熱い想いが見えた気がします。

最先端のコーヒーと情熱が味わえる「富山珈琲」。「小阪にこんなお店があったよ! 」って、誰かに知らせたくなっちゃいますね。

店内のデザインは知り合いの家具屋さんが手がけたそう

店内のデザインは東大阪の手作り家具屋「上手工作所」さんが手がけたそう

文:mihorobot
写真:前田寛文 @MaechanYK

店舗データ
店名:富山珈琲
住所:大阪府東大阪市小阪1-11-3
TEL:06-6782-8601
公式サイト:なし
定休日:日曜日
営業時間:10:30~19:00
駐車場:なし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

mihorobot

mihorobot東大阪探検隊・記者

投稿者プロフィール

生粋の八戸ノ里っ子。人気の八戸ノ里東小・小阪中学校校区に住んでいる。
取材へ行けば、同級生のお父さんがやってるお店だった・・・ということが多々あり。
尊敬する人は藤子・F・不二雄先生。

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com