<東大阪スイーツ図鑑 #31> 雪中華 〜韓国のかき氷「パッピンス」は驚きのデカさ!〜

【「雪中華(せっちゅうか)」は閉店しました。(2018年8月19日追記)】
もうすぐやってくる夏本番に備えて、ひんやりスイーツを押さえておきたい…ということで、韓国のかき氷「パッピンス」が食べられるお店をご紹介!4月にオープンしたばかり、近鉄大阪線長瀬駅すぐ北側のパッピンス専門店「雪中華(せっちゅうか)」です。

DSC02235-001

一番人気の「きなこピンス」(700円)。奥は「いちごピンス」(800円)

■驚きのどんぶりサイズ
かき氷の上に、どっさりきな粉とアーモンド。さらに温かい白玉が3つトッピングされた「きなこピンス」は迫力満点!トッピングに埋もれて、氷がまったく見えません。

DSC02187-001

おわかりでしょうか、このサイズ。両手で抱え込んで持ちます。

これ、1人前。牛丼並盛りが入るほどの大きなおわんです。
「韓国では、友人やカップルで分け合うのが一般的な食べ方です。でもスモールもあるので安心してくださいね」と店員さん。なるほど。本場のサイズにこだわっているんですね。

DSC02199-001

でも一緒に食べてくれる人がいないので、一人で食べます。顔と比べてもデカい!

DSC02301-001

温かい白玉と冷たい氷が相性抜群。付属の練乳をかけるとさらに幸せ!

■ほんのりミルク味の氷
驚くのは見た目ばかりではありません。注目してほしいのは、粉雪のようなふわふわした氷。ほんのりミルク味なんです。普通のかき氷は純粋な水だけを使っているため頭がキーンとなりますが、牛乳を混ぜることであの「キーン」が防げるのだそう。さらに、氷を溶けにくくする効果もあるとのこと。
「またまた、そんなこと言って…」とガンガン食べ進めていきましたが、本当に痛くならない!しかも溶けない!疑ってすみませんでした。

DSC02049-001

こちらがかき氷マシーン「Snow Man」。店員さんいわく、「おそらく日本初のマシンです」。

DSC02079-001

出てきたふわふわの氷を、おたまで盛っていきます。

現在のメニューは「マンゴーピンス」(850円)「キャラメルナッツピンス」(800円)など全7種類。Sサイズも用意しており、通常の半分ほどのサイズなので食後でもペロッといけちゃいます。すべての商品にアイスのトッピング(50円)も可能。
今年のひんやりスイーツは「パッピンス」で決まり!納得のボリュームと新食感を楽しんでみてくださいね。

DSC02129-001

出窓から出してもらうのって、なんだかテンションが上がる!

DSC02142-001

外にはテーブルとイスがあるので、ゆっくり食べられます。

【「雪中華(せっちゅうか)」は閉店しました。(2018年8月19日追記)】
取材店舗データ

店名:雪中華(せっちゅうか)
住所:東大阪市菱屋西1-24-6 ライフ長瀬駅前ビル1F
TEL:06-6721-0745
営業時間:11:00~20:00
定休日:水曜
駐車場:なし

文・写真:@mihorobot

関連記事
<東大阪スイーツ図鑑 #30> HITOMI CREPE 〜バターじゅわ〜っと香る「こんなところにクレープ屋」〜(2015.05.30)
<東大阪スイーツ図鑑 #32> シャ・ノワール 〜ジッと見つめる「黒ねこロール」にキュン!〜(2015.06.11)

sweets_banner

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

mihorobot

mihorobot東大阪探検隊・記者

投稿者プロフィール

生粋の八戸ノ里っ子。人気の八戸ノ里東小・小阪中学校校区に住んでいる。
取材へ行けば、同級生のお父さんがやってるお店だった・・・ということが多々あり。
尊敬する人は藤子・F・不二雄先生。

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com