5年の時を経てついに!近鉄ライナーズが東大阪市長表敬訪問で後世に残るライナーズポーズを披露

   

歴史的瞬間が!ついに!
2月18日(木)、近鉄ライナーズが東大阪市長を表敬訪問しました。
これだけ言えばよくある話に聞こえますが、道のりは長いものでした。

一丸となってライナーズポーズ。雪解けの瞬間!

最後の表敬訪問は、前田隆介監督と豊田大樹キャプテンの体制だった2015年。ちょうど近鉄から市へ、ラグビー場を譲渡した年です。
後に振り返ると、この記事は貴重な資料になるはず。
そう確信し、ここに記しておきます。

2015年の表敬訪問のときの写真。左から前田隆介監督、豊田大樹選手、野田市長、トンプソンルーク選手(現在はアドバイザー)。みんな若い!

市長公室に訪れたのは、飯泉景弘GM(ゼネラルマネージャー)、有水剛志HC(ヘッドコーチ)、野中翔平選手、クウェイド・クーパー選手、そして樋口日向通訳担当。

今シーズンは12人のリーダー制をとっており、野中・クーパー選手の2名が代表して出席。スーツ姿がビシッと決まってる。

トップチャレンジリーグ第1節を終え、清水建設ブルーシャークスに快勝し白星発進したライナーズ。
「東大阪を代表としてしっかり結果を出して、花園のホームチームとして恥じないように戦います」と飯泉GMが意気込みを話すと、有水HCからは「プレーオフトーナメントでは、トップ8を目指します」と力強い言葉が。

飯泉GM、もちろんライナーズマスク。

野田市長は「ライナーズは私たちの誇り。我々の最大限の応援は当たり前と思い、がんばってほしい」と話します。
そう、この言葉が聞きたかったんだ!
2022年1月からはじまる新リーグにライナーズが参入するには、運営の事業化など様々な条件があります。ホームエリアの決定とチーム名に地域名を入れることも条件の1つ。今まで以上に東大阪市と連携していくことが不可欠です。

「昨シーズンは花園で1万人以上の来場者でした。自分たちも東大阪を支え、新しいラグビー世代が育てられるとうれしい」とクーパー選手。表敬訪問の重要な役割を果たした。

現在ライナーズは、東大阪市唯一の公立校である日新高校のラグビー部にコーチングしており、チームが市のラグビー文化を担う一部になっています。

こうした取り組みを続けることが、ライナーズを強くし、トップチームへとつながる。

最後の記念写真で、全員でライナーズポーズを決めたことは後世に残るでしょう。

市長ってけっこう背が高いんだな。

実に6年の時を経て再び手を取り合った両者。東大阪とラグビー界の発展へ向け、同じ方向を向きました。
さあ未来のライナーズを支える土壌はできた。待ってろ新リーグ!

mihorobot

mihorobot東大阪探検隊・記者

投稿者プロフィール

生粋の八戸ノ里っ子。人気の八戸ノ里東小・小阪中学校校区に住んでいる。
取材へ行けば、同級生のお父さんがやってるお店だった・・・ということが多々あり。
尊敬する人は藤子・F・不二雄先生。

スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪街角定点観測特設サイト

ついに物販に進出!週ひがエコバッグ販売中。

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

新型コロナウイルス感染症対策サイト(非公式)

プロ野球人名辞典

東大阪の今を知るツイート!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

LINEオフィシャル

週刊ひがしおおさかのLINEアカウントは、週に1,2回東大阪の情報をお届けします。ぜひ友達登録してください。

週間人気記事

この1週間の人気記事

Last Update 2021.02.26

Honya Club.com
ページ上部へ戻る