祝!FC大阪、最終節で年間観客動員数をクリアしJ3参入決定!歴史的瞬間に12,183人が詰めかける

   

バンザーイ!バンザーイ!!バンザーイ!!!
東大阪にJリーグチームが誕生しました。

東大阪市をホームタウンとするJFL(日本フットボールリーグ)所属のFC大阪。今日11月20日(日)に行われた試合で、J3リーグ参入に必要な条件をすべてクリアし、J3参入が決定しました。

1996年にJリーグ入りを目指してクラブ設立、2015年に現在所属しているJFLに昇格。そこから7シーズン、苦しんで苦しんでようやく掴んだ悲願です。

ゴール裏のファン・サポーターさんたちと記念撮影。

試合映像(全編)はこちら↓

試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、ピッチに倒れ込む選手たち。しかし、その表情に笑顔はありません。
J3参入に勝敗は関係ありませんでしたが、「勝って優勝して終わりたかった」と、全員が口を揃えて話します。

昨季まで9年連続でキャプテンを務めた岩本知幸。「33歳でようやく憧れていたJリーガーになれました」。

JFL第30節(最終節)のMIOびわこ滋賀戦。試合前のFC大阪の順位は2位で、1位の奈良クラブと勝点は同じでした。
優勝する条件は
・FC大阪が勝利→奈良クラブが引き分けor負け
・FC大阪が引き分け→奈良クラブの負け

結果は1-1の引き分け。奈良クラブも引き分けとなったため、優勝とはなりませんでした。

それでもJ3参入は決まったんです。それは紛れもない事実。時間が経つにつれて、選手・スタッフに笑顔が増えていきます。

サポーターと握手する塚原真也監督。指揮を執って3シーズン目。

「試合が始まる直前、ピッチに入ったお客さんを見て観客数は大丈夫だと確信。あとは優勝するために勝つだけ、みんなとそう話して試合に入りました」と、坂本修佑キャプテン。
しかし、その”勝つ”ということがプレッシャーになったのか、入りが硬くファールも多くなってしまいます。

失点場面もファールから。前半34分、ゴールまで約20mほどの位置でフリーキックを与えると、これを直接決められてしまい先制を許します。

失点シーン↓

この失点で目が覚めたのか、FC大阪は徐々に自分たちのペースを取り戻します。
後半はほぼFC大阪ペースで、前半はシュートが1本だったのに対し、後半は9本。ただ、なかなかゴールが決まらず時間だけが過ぎていきます。

スタジアムが湧いたのは後半36分でした。
右サイドでMF町田蘭次郎がゴール前にセンタリングを上げると、DF舘野俊祐がヘディングシュート。これはゴールポストに跳ね返りますが、詰めていたFW宇高魁斗が決めて同点に。

得点シーン(ピッチレベル)↓

上からの映像↓

このままの勢いで逆転か!?とも思われましたが、追加点とはならず。試合は1-1の引き分けで終わり、2位でシーズンを終了しました。

今シーズンの最終順位。奈良クラブ、FC大阪がJリーグに参入したため、下位2チームの降格はなし。

JFLで優勝しても自動的にJ3に上がれるわけではありません。J3に参入するには大きく分けて以下の2つを満たす必要があります。

・JFL全体で4位以内、なおかつ百年構想クラブに承認されている上位2チーム
・ホーム年間観客動員数3万人(年間15試合のため、1試合平均2,000人)

順位要件はすでに達成済みで、あとは観客要件のみでした。
試合前の時点でJ3参入に必要な数は3,732人。この条件を達成するために、今日の試合は豪華ゲスト&イベントが盛りだくさんでした。
詳細はこちらの記事を。

心配されていた雨も早朝に止み、6月19日の鈴鹿ポイントゲッターズ戦よりも多い、12,183人(JFL歴代6位)のお客さんが花園に集まりました。

入場者数発表の瞬間、客席からは歓声とどよめきが。

鈴鹿戦はキングカズ効果もあったでしょう。しかし今日は、FC大阪の歴史的瞬間を見たいという人たちが集まったんです。年間観客動員数の38,451人(1試合平均2563.4人)は、今シーズンのJFLで最多。絶対王者のHondaFCを2度も倒し、ホームでは15戦負けなしという記録も作りました。優勝はできませんでしたが、胸を張ってJリーグに行こう。

これだけ多くの人たちが歴史的瞬間に立ち会った。

「1996年FC大阪が誕生。最初の頃は扇町公園で練習していたりもしました。そんなチームがついにJ3参入。ここまでFC大阪を支えてくださったみなさまのお陰です」と、近藤祐輔社長。

最初は、サッカー選手(GK)としてFC大阪に加入した近藤社長。

FC大阪を取材してきて4シーズン。北は青森、南は宮崎とホームだけでなく、アウェイも可能な限り取材し続けてきたホッケー梶間にとっては最高の瞬間でした。書きたいことはたくさんありますが、長くなりすぎてしまうのでこの辺で。
ありがとうFC大阪。これからも週刊ひがしおおさかは、Jリーグの舞台で活躍するFC大阪を追いかけ続けます。

サポーターのみなさん、また来年もよろしくお願いします。

FC大阪についてもっと知りたい方は、この記事を。


この試合の公式記録はこちら

スポンサーリンク

ホッケー 梶間

ホッケー 梶間

投稿者プロフィール

山口県出身。
大学生のときに大阪にやってきました。
高校からホッケーを始め、現在もやっています。
なのでホッケー梶間です。
10chとYouTubeを見て生きています。
食べに行ったお店の中で1番カロリーが高そうなものをだいたい注文します。

スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

リーグワンを愛して2022

俊徳道ゴールドラッシュ俊徳道ゴールドラッシュ

東大阪ローカルメディア的日常東大阪ローカルメディア的日常

東大阪街角定点観測特設サイト

まず密にならない東大阪名所案内

ついに物販に進出!週ひがエコバッグ販売中。

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

新型コロナウイルス感染症対策サイト(非公式)

プロ野球人名辞典

東大阪の今を知るツイート!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

LINEオフィシャル

週刊ひがしおおさかのLINEアカウントは、週に1,2回東大阪の情報をお届けします。ぜひ友達登録してください。

週間人気記事

この1週間の人気記事

Last Update 2022.11.21

Honya Club.com
ページ上部へ戻る