日本の伝統にインドから殴りこみ!本格カレー鍋誕生

朝晩ちょっと肌寒くなってきたこのごろ。そろそろ暖かいものがおいしくなってきます。今回紹介するのは、カレー鍋。最近スーパーでも「カレー鍋のもと」と書かれたスープが売られていますが、本格インド料理店が提供するカレー鍋があると聞き、東大阪・ 吉田の「ラクシュミー」にやって来ました。

DSC02301

日本伝統の鍋シーン。インドカレー店の一室。

一目見ただけで「鍋やん」と思えるほど普通に鍋。これからのシーズンに。

インドカレー店に来たのに?と思えるほどの鍋っぷり。「ラクシュミー」は今年4月、吉田の住宅街にオープン。以前はふぐ料理店だったそうで、鍋が似合うお座敷の個室まであります。

DSC02238

たっぷりの野菜に、牛豚鶏そしてつくね。なんと4000円で食べ飲み放題のコースとのことで、具材がなくなればいくらでも追加可能です。

とりあえず、こんなもんで

とりあえず、こんなもんで。カレー出汁のいい色。

住宅街という立地もあって、家族での来店が多いという同店。それならば、と日本の鍋を本格インド料理風味の出汁を開発し、カレー鍋が誕生しました。

さて、煮立ったのでいただきます。香りはまさにインドカレー。いつもナンをお供にいただく、あのインドカレーの風味が食欲をそそります。口にすると、さらに広がるインド感。でも辛くはありません。

「辛いのが好きな方には、薬味としてカレーペーストを用意しています。みなさんが楽しく食べてほしいので」と店員さん。

DSC02325

なるほど、これなら家族みんなで楽しくいただけそう。食べ進めていくと「ヌードルもありますよ」と案内いただいたので、たいがいおなかがいっぱいでしたが、入れちゃいました。カレーラーメンを本格インドカレーでいただく、ちょっと贅沢な味わい。これは癖になりそう。

カレーヌードルの出来上がり!

カレーヌードルの出来上がり!

今回はおなかがいっぱいになってしまったので、チャレンジできませんでしたが、ご飯を入れてチーズリゾット風のシメもできるそう。次回はぜひそちらを攻めたいですね。

みんながおいしく楽しめる食べ飲み放題のカレー鍋。日本の文化に果敢に挑戦したカレー鍋。家族でも職場の忘年会でも、おいしくてちょっとかわった体験が待っています。

DSC02438

ラクシュミー
住所:東大阪市吉田本町1-7-8
電話番号:072-964-2410
営業時間:[月〜金] 11:00〜15:00、17:00〜23:00 [土・日・祝] 11:00〜23:00
定休日:なし
駐車場:8台

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

MaechanYK

MaechanYK東大阪探検隊隊長・編集長

投稿者プロフィール

特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか代表編集長兼東大阪探検隊隊長。
ふとした思いつきからはじめたWEBサイトが、もうすぐ10年。
もっともっと影響力を持ったサイトにしていきたいです。

好きなモノ:近鉄ライナーズ、阪神タイガース、競馬、ゲーム、プラモデル、楽でお金になる仕事。
嫌いなモノ:愛、本物

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com