週ひがの本当に週刊なコラム第3回 震災から5年経ったネットメディアの話

3月第3週、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

先週の金曜日、3月11日で東日本大震災から5年が経ちました。もう5年、まだ5年。なんでもない平日になる予定だったあの日の自分の行動を振り返ってみました。

まず、揺れを感じたのが京橋のOBP内で。その後打ち合わせをしながら逐一新しい情報を確認しつつ、夜は企画の会議をしてその流れで飲みに行きました。大きな災害であることはその時点で判明しており、今後経済がどうなるかを焦点に酒を飲んだ以外は、普通の1日。
その間、ずっと情報源になったのはTwitterでした。

オバマ大統領がまだ候補者時代に使用して支持を広げたとして知られるようになったツールですが、当時日本ではまだまだマニアな立ち位置。そんな頃、週刊ひがしおおさかはすでに「東大阪Twitterミーティング」を開催し、好評を得ていました。Twitterはコミュニケーションの新しい形を作るだろうと考えていたからです。

発生から14分後に「揺れた」とつぶやいた。このあと、しばらくツイートなし。

発生から14分後に「揺れた」とつぶやいた。このあと、しばらくツイートなし。

大規模災害時に、Twitterは大きな力を発揮しました。携帯電話の通話がまともに機能しない中、Twitterで発信された情報は玉石混交ながら瞬時に駆け巡り、避難所や水が使える場所など生活に必要な情報を提供し続けます。

続けて、NHKの放送がUstreamで流れるようになります。当初は「テレビを持っていない被災者でも、ネットなら見られるはず」と有志の少年が違法に始めたのですが、テレビ各社が独自に配信するようになります。
抜き差しならない福島第一原発の状況を知らせる枝野官房長官(当時)を、ずっとUstreamを通じ見ていた人も少なくないはずです。

そして、読者の多くも使っているであろうメッセージサービス「LINE」はこの震災を機に開発されました。メールや電話といった脆弱なインフラを補完するものとしてです。

あれから5年。TwitterをはじめとするSNSはひとびとの消費動向に大きな影響を与えるようになりました。スポーツの試合や記者会見の中継がUstreamやニコニコ生放送などで行われることも普通になっています。
さらに今は、LINE LIVEやPeriscopeで「今」を動画で伝えることに重点が置かれつつあります。

大きな話だけではありません。先日行われたなのはなバルも、Twitterで広く情報を発信し、LINE@やfacebookでまとめられた情報を掲載。Ustreamでの中継を本部で見られるようにしたり、もしかしたら来年はPeriscopeで混み具合のレポートが行われているかもしれません。

あれから5年。まだ5年、もう5年。次の5年もネットのメディアがひとびとの生活を大きく変えることは、間違いなさそう。その一端に週刊ひがしおおさかも居られるようがんばります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

MaechanYK

MaechanYK東大阪探検隊隊長・編集長

投稿者プロフィール

特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか代表編集長兼東大阪探検隊隊長。
ふとした思いつきからはじめたWEBサイトが、もうすぐ10年。
もっともっと影響力を持ったサイトにしていきたいです。

好きなモノ:近鉄ライナーズ、阪神タイガース、競馬、ゲーム、プラモデル、楽でお金になる仕事。
嫌いなモノ:愛、本物

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com