待ってた松井!いいぞストーバーク!ライナーズ敗れるも、MOVE FIRSTを体現

クリスマスプレゼントに、ライナーズの白星を。
毎シーズン白熱の展開を見せる、神戸製鋼との阪神ダービー。今年は2016年12月25日(日)、キンチョウスタジアムにて行われました。前に出るディフェンスとアタックで好プレーが見られましたが、願いは叶わず8-38の敗北。

「波状攻撃を受けたが、リアクションも良くMOVE FIRSTを体現してくれた」と試合後の会見で坪井監督が話したように、前節から成長を見せたライナーズ。
けが人が相次ぐ中、よくここまでやってくれたという感想です。
今日のメンバーにBKの外国人選手はゼロ。松井、吉川などベテラン選手がスタメン入り、新人田中がPRに入るなど、いつもとは異なる顔ぶれです。

dsc07330-001

キャプテン豊田キャプテンはリザーブ。宮田選手がゲームキャプテンを務めます。

弱風の中、ライナーズボールでキックオフ。序盤は神戸製鋼の攻撃にディフェンスに徹するライナーズ。しかし、今日のディフェンスは違います。前へ、前へ出るタックル。自陣22m内に入れさせません。

14分にはPGで先制され、そこからさらなる攻撃を受けるも、ひるまないライナーズ。
ゴール前まで迫られてもギリギリのところでしのぎ、我慢比べに打ち勝ちます。

dsc_0041-001

11松井のキックでエリアをこじ開ける場面も。

が、ついに18分、すばやいパス回しで駆け抜ける神戸製鋼に追いつけず、トライを許してしまいます。0-10。機能していたディフェンスも、1対1では抜かれてしまうのです。

それでも気持ちはまだまだこれから…でしたが、反則が多発してしまったのもこの日の反省点。
28分、自陣ゴール手前で4ストーバークがオーバーザトップの反則でシンビンに。1人欠いたライナーズは、すぐさま2本めのトライを奪われます。
35分にはPGで追い上げを図るも、序盤のようなディフェンスができないまま3-17で前半を終えます。

dsc07433-001

不利な戦況でも、ボールをもてば猪突猛進の7辻。

ただ、フィジカルでは負けていない。後半は最初から前へ出る姿勢で挑みます。広いエリアを使ってパスを回し、ガンガン攻めていきます。
特に光ったのはLO陣の連携パス。4ストーバークが、「そう、そこ!そこにいてほしかってん!」という場所に走ってくるのです。
6トンプソンがチャージしたボールを4ストーバークへ渡すと、大きな体を活かして縦に突っ込みます。

dsc_0447-001

6トンプソンから4ストーバークへの華麗なパス連携。このシーンが2度も。

そうした連続アタックでチャンスを得た後半10分。何度もフェーズを重ね、相手陣10mラインへ。密集から左へ展開すると、10重光が駆け込んできた11松井へ飛ばしパス。豪快に走って、タックルを受けながらも左隅にトライ!8-17に。

dsc_0774-001

今シーズンリーグ戦で初トライの11松井。左端へ滑り込み、執念を見せた。

ここから追い上げたいところでしたが、このトライで目覚めたのは神戸製鋼。13分、16分と連続トライを奪われるライナーズには、疲れの表情。
その後はしばらく神戸製鋼の攻撃が続きます。再び、ディフェンスで我慢の時間です。

このまま終わらせるわけにはいかない。試合終了間近、自陣からキックでエリアを取り、最後の攻撃を仕掛けます。
しかし、ボールを奪われチャンスを活かしきないままノーサイドのホイッスル。
終わってみれば8-38。一見すると大差。しかし、前回の課題だったディフェンスは粘ることができました。

「ディフェンス、アタックで前に出ることにフォーカスをあてて、(この1週間)やってきました。そこができているシーンもあったので、ポジティブに捉えたい」と、宮田ゲームキャプテン。
そう、メンバーが欠ける中でも、修正しているのです。入替戦も視野に入ってはいるものの、「次の試合でどう勝つかが、モチベーションに繋がっています」と、チームの雰囲気も悪くない様子。

今シーズン、残すところ2戦。まずは目の前にあるゲームに集中。MOVE FIRSTで乗り切っていきましょう。

【今週の週ひがMVP】松井寛将選手

執念のトライをあげた、松井選手が今週のMVP。インタビューに応えてもらいました。

dsc08089

Qチーム唯一のトライのシーンを振り返って。

あれ以外にもチャンスはあったんですが、タイミングが合わなかったりしていました。あの時は重光さんも僕の方を見ていてくれたので、来るなと。いけるシチュエーションでした。

Qここ数試合スタメン。コンディションがいいように見えましたが。

個人的にはいいコンディションで試合に出場できています。でも勝ちたかったですね。

Qいいコンディションでいるための秘訣は。

一戦一戦(体を)リカバリーしています。もう34歳ですからね(笑)

今週の週ひがピックアップ選手

吉川修司選手

img_5034Q今日の感想は。

勝ちたかったです。前半から前へ出ようとチームで話していました。が、できている時間帯が短かったです。

Q後半最初は、攻撃を仕掛けていましたがいましたが。

後半最初は相手が14人だったので。攻めるように意思統一していました。

Q神戸製鋼と実際対戦してみて難しかったところは。

フィジカルで対抗しないといけないなと試合前からチームで話をし、強いランナーをマークしていましたが、走られました。

辻直幸選手

img_1716

Q久しぶりのスタメンでしたね。

とにかく出し切って、行けるところまで行こうと思っていました。さすがにしんどかったですね(笑)

Qいい形で前に進むプレーもありました。

ボールをキャリーしたところはまずまず良かったと思うのですが、サポートがまだまだ。感が鈍っていたところもあったと思います。

Qご自身で良かったと思うところは。

タックルを課題に持っていました。今回はいけたんではないかと思っています。

井波健太郎選手

img_5029

Q今日は後半ラスト10分から、チームが攻めている時からの出場でしたが。

僕自身は、何もできなかったです。終盤は点差があったので、ここまで来たら攻めるしかないな、と少し盛り返すことはできました。

田中健太選手

img_5041

Qトップリーグデビュー戦でしたね。

ほろ苦いです。スクラムは押し込まれたときに姿勢悪くなったので、そこがこれからの課題です。

自分がいい姿勢を取れたらキープはできたので。

Qフィールドプレーはどうでしたか?

一回相手にボールを取られて、悔しかったです。真正面じゃなく、かわせばよかったなと。(フィールドプレーは)自分の持ち味だと思うので、頑張りたいです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

mihorobot

mihorobot東大阪探検隊・記者

投稿者プロフィール

生粋の八戸ノ里っ子。人気の八戸ノ里東小・小阪中学校校区に住んでいる。
取材へ行けば、同級生のお父さんがやってるお店だった・・・ということが多々あり。
尊敬する人は藤子・F・不二雄先生。

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com