今年のライナーズは心機一転!開幕直前インタビュー2017

今年のトップリーグ開幕は、早い!8月18日(金)19時30分キックオフで
「まだめっちゃ暑いやん!」
と週刊ひがしおおさか、心の準備ができていません。
これじゃダメだ!リーダーにインタビューだ!と行ってきました花園ラグビー場。
今季からキャプテンは樫本敦選手に、バイスキャプテンは森田尚希選手に交代しています。
シーズンにかける意気込みを語ってもらいました。

− こんにちは!実は週刊ひがしおおさか、まだトップリーグ開幕が実感がわかなくて…。

樫本 僕たちはめっちゃ実感ありますよ(笑)

森田 開幕戦は絶対に勝たないといけないです。頼みますよ、週ひがさん(笑)

- すいません!樫本選手は、はじめてのキャプテン。森田選手はバイスキャプテンに復帰ということになりますね。

樫本 監督から打診があって、悩みました。豊田前キャプテンは視野が広いですし、発言も的確ですし。彼の後ですから。

森田 いや、樫本は生まれながらの”スキッパー(先導者)”ですから(笑)

樫本 なんやそれ(笑)

- その表現かっこいいですね(笑)昨年の豊田キャプテン、南藤バイスキャプテンの体制から年齢は上がることになりました。

森田 昨シーズン、多くのベテラン選手が退団しました。僕達も今まで中堅と呼ばれていましたが、今年からベテランとも呼ばれる位置にいます。もう一度ライナーズを作り直す中で、やらせてもらおうと。

- 昨シーズン、惜しい試合を落とし続けてチームとして不本意な成績(13位)でした。

樫本 うーん。点差は接戦でしたが、点差以上にやられているというか。もっと取られてるイメージでした。厳しかったですね。「ようこの点差ですんだな」ってこともありましたし。

森田 ライナーズとして「これで戦おう」という軸がなかったんだと思います。なので、うまく勝てないときに抜け出させないループにはまったんじゃないかと。

よく花園中央公園で娘さんと遊んでいる「いいお父さん」の顔も持つ樫本キャプテン。

- むむむ…。そこを踏まえて今シーズン。手応えはどうでしょうか。

樫本 そんな状況ですから、大変でした。今年は、一からチームを作っているようなイメージですが、スクラムはさらに強化できていますし、ラインアウトも良くなっています。FWは、誰が出てもセットプレーもフィールドプレーも高いパフォーマンスを発揮できますね。

森田 BKって、普通FWより練習時間が少なかったりするんですよね。FWが厳しい練習してくれてて、僕らが早めに上がってる、みたいな。

- 確かに、どのチームでもBKは早めに終わっているイメージがあります。

森田 でも今年のライナーズは、やることが難しい。BKの方が遅くまで練習をしていたりもするんです。

樫本 うん。BKもかなりきつい練習をしているよね。

- それは、チームを作っていっているということでしょうか。

森田 BKコーチも新しくなり、さまざまなことが変わりました。すべてが新しくなって。長い間同じシステムだったので、やることが多いというのもありますし、新しいライナーズを今作っている。もがいている。「あーラグビーやってるな!」という充実感は大きいですよ。

- 春シーズンの練習試合になかなか勝てなかった(1勝3敗)ので、心配しているファンも多くいます。でも、チームを作る時期なら仕方ないですよね。

樫本 実は、思ったより時間はかかりました。4試合のうち、勝ちたかった試合もありますし「あのトライが取れていたら」と思うプレーもあります。

− でも合宿に入り、最後のクボタ戦で勝ち切ることができました。

森田 できるならもっと時間がほしいですが、8月18日(金)の開幕は決まっていますから。

あのゴールデンルーキー森田尚希もすっかりチームの柱。

- なるほど。では、次に新戦力の話を。まず新外国人選手が5人加入しました。

森田 マシレワはプレーもですが、チームへの理解が深いです。日本語も積極的に話しますし、戦力として大きいと思います。

- 他には、ティーポレ選手、クシア選手、イオプアソ選手が合流してします。

樫本 まだ試合で一緒にプレーしていない選手も多いんですよ。だから今はなんとも言えません。でもみんな一緒にプレーしたい選手ではありますね。

森田 僕は週ひがさんの記事でイオプアソとクシアのプレー動画を見て「いい選手だな」と確認していました(笑)

− 見ていただいてありがとうございます(笑) あと、忘れちゃいけないのがコンブリンク選手。入団発表は、大仕事(スーパーラグビーセミファイナルでの約60mの逆転PG)をやってのけた直後でした。ライナーズ、やったった感ありましたね。

樫本 楽しみですよね。

- 日本人選手、特に若手で成長したと感じる選手は、どなたでしょう。

森田 4年めの矢次です。ウィングの練習を継続して、体に染み付いてきたと思います。いいパフォーマンスなので評価もされてますし。もともとタックル強いし、ガムシャラで足が速くて、スタミナがあって。使われてなんぼのタイプなので、センターよりもウィングの方が合っていると思いますよ。期待できます。

樫本 FWは激戦です。すごいですよみんな。田中、尾池も伸びていて、誰が出ても差はないです。浅岡…新人の山口(知)もいいですよ。誰を上げるとかではなく。

- でも、花園での試合が今シーズンはありません。ライナーズグルメはおいといて、やはり影響がでるものでしょうか。

樫本 「ない」ってことはないですね。

- ファンとしても、花園がないとテンションは上がりません。そんな中でも、戦わなければいけない。今季も目標は「打倒トップ4」です。目標を踏まえて、シーズンへの意気込みを聞かせてください。

森田 トップ4(サントリー、ヤマハ発動機、パナソニック、神戸製鋼)に勝たない限り、日本一はない。逆に、トップ4を倒せば上位に進出できます。

樫本 カンファレンスの違いでパナソニックとヤマハ発動機とはリーグ戦では対戦しませんが、サントリーと神戸製鋼に勝って上位でプレーオフに進出しなければと思っています。

力強い言葉、ありがとうございます。新しい体制、新しいメンバー、新しい武器。さまざまな要素がライナーズに注入されたことがしっかり伝わってきました。シーズンがますます楽しみに、盛り上がってきました!

ということで、最後はお約束のお姫様抱っこ…

なんか違和感がある抱っこですが!やるぞ打倒トップ4!行くぞプレーオフ!We Are LINERS!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

mihorobot

mihorobot東大阪探検隊・記者

投稿者プロフィール

生粋の八戸ノ里っ子。人気の八戸ノ里東小・小阪中学校校区に住んでいる。
取材へ行けば、同級生のお父さんがやってるお店だった・・・ということが多々あり。
尊敬する人は藤子・F・不二雄先生。

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com