ショック!近鉄、大阪ダービー初黒星。インターセプトの見せ場飛び出すも勝利ならず

   

前節、モールを武器にキヤノンを下し、トップリーグ1クールめを2勝2敗の成績で終えたライナーズ。
1週の休養をはさみ、気持ちを新たに挑む9月24日(日)は、同じく2勝2敗中のNTTドコモとの大阪ダービーです。

昨シーズンのトップウェストでぶっちぎり全勝し、トップリーグへ戻ってきたNTTドコモ。
今回のメンバーには強力外国人BKを配置し、勝つ気マンマンといったところ。
同じ大阪をホームにもつライナーズとしては、絶対に負けるわけにはいきません。プライドをかけた対決です。

ライナーズは青のセカンドジャージ。風はほとんど吹いていません。

注目のメンバーは、何と言ってもルアン・コンブリンク。前節までは後半からの登場でしたが、今日が初先発です。怪我のファインガに替わって、CTBでの出場です。

17時キックオフ。開始早々ライナーズは反則を繰り返し、PG2本を許してしまいます。

しかし、気持ちを切り替え強力なモールで相手陣へと迫るライナーズ。
14分、相手陣残り5mで4トンプソンがタックルを受けながら12コンブリンクへ渡すと、右へ素早くパス。後ろで待ち構えていた15マシレワが飛び込んでトライ!野口のGも決まって7-6とすぐさま逆転します。

NTTドコモのダヴィー・セロンHCから「世界でもTOP3に入るほどの足の速さ」と称されたマシレワ。

さらに18分、自陣10mラインのスクラムから相手が右へ回そうとしたボールに11矢次が即座に反応し、インターセプト!一気に走りきって、連続トライを奪います。SO野口のGも決まり、14-6に。

トライ直後、喜びを見せる矢次。

2トライを奪い良い流れでしたが、直後に7田淵が負傷により交代を余儀なくされ、不穏な空気が。
21分には危険なプレーをしたコンブリンクにシンビンが出ると、NTTドコモはゴール前へと迫ってきます。
ディフェンスで粘るも、不利な状況のライナーズはトライを奪われます。14-11。

なんとか1トライの失点のみで抑えコンブリンクが復帰すると、相手陣でのプレーが続きます。

ただ、肝心のトライが決まりません。
相手陣ゴール直前、モールから押し込みトライを狙う場面もありましたが、自らのミスで、取りきることができません。

たられば言っても仕方ありませんが、このモールドライビングが入っていれば。

前半終了間際まで攻め続けるライナーズ。38分には相手のペナルティーから、22mラインやや後ろよりPGを狙います。
が、難しい角度。惜しくも外れ、14-11と3点をリードし前半が終了します。

豊田のゲインを起点に前へ進む場面も。さすが走れるPR!

後半も序盤からアタックを仕掛けるライナーズ。しかしNTTドコモは冷静に対処。逆に7分、フィルヨーンのゲームメイクにまんまとしてやられ、トライを奪われます。18-14とあっさり逆転されます。

キックを使ってエリア取りしたいところですが、前に出てプレッシャーをかけてくるNTTドコモ。攻撃に出てもディフェンスに阻まれ、思うように進めません。
さらに後半12分にも1本取られ、14-25と離されます。

今季フォーカスしているスクラムも、あまり調子が良くありません。
「スクラムは圧倒するように意識していた」と試合後の会見で語ったのは、NTTドコモ・ダヴィー・セロンHC。
しっかり対策をしてきた相手を前に、後半18分、コラプシングを犯してしまいます。

NTTドコモのPGは外れたものの、焦るライナーズ。
直後の後半20分にもライナーズの危険なタックル。今度はPGを許してしまいます。さらに3点を追加され14-28に。

でも、まだまだ取り返せる時間。キヤノン戦のように、ラスト20分の踏ん張りを見せてくれ!
そう望んだ後半23分、フェーズを重ねてゴール前まで迫りますが…ノックオンでトライならず。
その後もトライのチャンスがあったものの、活かすことができずに下げられます。

残り10分。
NTTドコモのオフサイドから、ライナーズは一気に攻め上がります。右へ回し、一番右端の14森田がインゴールへ飛び込みます。ざわつく会場。TMO判定で、トライ!
角度あるGも22重光が決め、21-28と追い上げます。あと1本と、1G!

やった!旗にあたってのトライ。

しかし、リスタートのプレーでターンオーバーされ、焦ったライナーズはここでもペナルティ。
フィルヨーンがPGを決め、21-31と10点差に離されてしまいます。
勝ち点すら消えてしまうPG。NTTドコモはライナーズを完全に潰しにかかります。

確実にPGを決めるNTTドコモ・フィルヨーン。

もう後がないラスト5分。
相手陣でプレーしますが、相手陣ゴール前まで迫ったラストワンプレーはノックオン。試合終了のホイッスルが鳴り響きます。

NTTドコモとの公式戦で、初黒星となったライナーズ。
相手のディフェンスとFWに苦しみ、勝ち点を得ることなく大阪ダービーは幕を閉じました。

白熱の戦いに、会場からは大きな拍手が贈られました。

得意のモールドライビングでトライを取りきることもできず、ショックの大きい一戦。
「序盤にけが人出て苦しい立ち上がりで、流れが変えられなかった。いいプレーもあった。これから4週連続の試合なので、気持ちを切り替えてベストを尽くしたい」と話す坪井監督。
そう、次は宗像サニックスとの対戦。いつまでも負けを引きずっているわけにはいきません。
互いに調子が上がらないチーム同士、こちらも負けられません。
敵地・福岡での活躍に期待し、必ずや勝利をつかみましょう。
次こそ勝つぞ!We Are LINERS!

【週ひがMVP】矢次啓佑選手(WTB)

今日の週ひがMVPは、インターセプトでトライをあげた矢次選手。記者はライナーズのインターセプトを初めて見ました。
※矢次選手のサインを読者プレゼントします。申し込みは記事の最後から。

ー見事なインターセプトでした。
タックルを狙っていましたが、インターセプトができる距離だったのでいきました。気持ちよかったです。来た!と思いました(笑)

ー後ろからリリダム選手が追ってきてましたが、振り切れましたね。
はい。同じ大学で一緒にプレーしていましたし、トイメンで当たったので意識していました。

【週ひがピックアップメンバーの試合後】
尾池享允選手(PR)

ー前田選手の負傷退場により、想定よりも早い交代でしたが。
いつでも出られる準備はしていたので、大丈夫です。

ースクラムの手応えは。
去年より自信がついていますが、まだトップリーグで押し切ることができていないな、と。

ー今日の収穫と課題は。
自分のミスは少なくできたかと思います。フィールドプレーも見せていきたいです。ただ、人に譲ってしまうところがあるので、若手らしくアグレッシブにいきます。

森田尚希選手(CTB)

ー今日の手応えは。
試合前は「BK勝負」と言っていましたが、BKは勝負できるところが多く、とんとんでした。逆転された時も、返せる手応えはありました。

ー後半、森田選手がゲインしている場面ありましたが。
後半の序盤ですね。チームとしては負けましたが、ギャンブルプレーができたのは良かったです。

野口大輔選手(SO)

ー相手のキックにだいぶやられましたね。
そうですね。うちは僕だけじゃなく、色々な人が蹴れる。それをもっと活かすべきなのかもしれません。

ーゲームメイクに焦りなどはありませんでしたか?
それは大丈夫でした。でも、もっとうまく周りを使っていけるようにしなきゃですね。

【週ひがプレゼント】
週ひがMVPの矢次啓佑選手のサイン入りDAEN2号を読者1名様にプレゼントします。
「DAEN」は週刊ひがしおおさか発行のラグビーフリーペーパー。2号のテーマは「深掘り!ルーティン」です。重光選手や野口選手など、ライナーズの選手も掲載しています。
応募締切は10月1日(日)23:59まで。以下のフォーマットからお申込みください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご意見・ご要望

※ご意見をいただけたほうが当選確率は上がります。たぶん。

スポンサーリンク

mihorobot

mihorobot東大阪探検隊・記者

投稿者プロフィール

生粋の八戸ノ里っ子。人気の八戸ノ里東小・小阪中学校校区に住んでいる。
取材へ行けば、同級生のお父さんがやってるお店だった・・・ということが多々あり。
尊敬する人は藤子・F・不二雄先生。

スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

リーグワンを愛して2022

俊徳道ゴールドラッシュ俊徳道ゴールドラッシュ

東大阪ローカルメディア的日常東大阪ローカルメディア的日常

東大阪街角定点観測特設サイト

まず密にならない東大阪名所案内

ついに物販に進出!週ひがエコバッグ販売中。

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

新型コロナウイルス感染症対策サイト(非公式)

プロ野球人名辞典

東大阪の今を知るツイート!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

LINEオフィシャル

週刊ひがしおおさかのLINEアカウントは、週に1,2回東大阪の情報をお届けします。ぜひ友達登録してください。

週間人気記事

この1週間の人気記事

Last Update 2022.08.14

Honya Club.com
ページ上部へ戻る