ライナーズ、堂々勝利!サニックスのアタックに屈さず、プライドでもぎ取る

   

昨シーズンの和歌山・紀三井寺での雪辱を覚えているでしょうか。
格下だと信じ込んでいたサニックスに、ライナーズは5点差負け。
けが人も多く出て不調だったとはいえ、こんなに悔しいことってありません。
あの時の思いを忘れまい…とメラメラ闘志を燃やし、やってきました福岡県宗像市。サニックスの超ホームであるグローバルアリーナ!
朝5時起きしてPeachで空を飛び、レンタカーを借りて…。もはや悔しさが原動力。

こちらが福岡・宗像市にあるグローバルアリーナ。なかなか山の中。

カーン・ヘスケスがモチーフのハンバーガーや地鶏の炭火焼きなどお祭り感ある会場を一通り楽しんでしまい、闘志がやや削がれましたが試合は別。

「ヘスケスの豪快ベーコンバーガー」はライナーズグルメを彷彿とさせました。限定100食カード付き。

今シーズンは同カンファレンスに強豪がそろい、2勝3敗のライナーズですら現在下位。カンファレンス的にも絶対に負けられない戦いです。
アグレッシブなBK中心のサニックスに対し、FWで勝っていきたいところ。
ただ、メンバーに弱冠の不安があるのも隠せません。
PR前田が前節の怪我で離脱し、開幕から出場していたFL田淵も直前に外れます。
「FWは誰が出ても問題ない」と常々話す坪井監督の言葉を信じましょう。本職での出場となったWTBコンブリンクにも期待です。

慣れないグローバルアリーナにやや戸惑いながら入場!笑っているのはキャプテンが花道を間違えたから。

13時、キックオフ。
序盤から相手に走られるライナーズ。抜群の走力を持つサニックスBK陣に翻弄され、12分にさっそくトライを献上してしまいます。
逆にアタックする場面もありますが、ノットロールアウェイでPGを許すなど今ひとつ調子が上がりません。昨年の悪夢がよぎります。
しかも、今季はスクラムも強化されているサニックス。絶対に勝たねばならないスクラムも、サニックスはしっかり強化。優位には立てず、前節のNTTドコモ戦同様、逆に押される心も見受けられます。ライナーズのプライドがぁ…。
が、坪井監督は「ドコモ戦からはメンタリティを切り替え、自分たちでコントロールできるところをしっかりやることを意識した」とあって決して焦っていません。
PGでしっかり得点し後を追います。

一方サニックスは、前半中盤からシンビンを続けて2人出し、13人に。ライナーズが優位に試合を進め始めます。
チャンスをつかむべくアタックに出るライナーズ。29分、敵陣に入ると左右に展開。右に長いパスで大きく振ると、14コンブリンクの前にスペースが!そのまま走りきってトライ。コンバージョンも決めて10-8と逆転します。

パスを回して最後はコンブリンクが50m近く走ってトライという、きれいな流れ!

さらに38分には、キック、アタックで抜群の動きを見せていた15マシレワがここで本領発揮。
13井波がゲインすると11矢次からマシレワへ。いつもの軽やかなステップで抜けて、トライを奪います。
野口のGも決まって8-17と引き離し前半が終了します。

笑みを浮かべながら、トライへ向かうマシレワ!

人数で勝ってトライをもぎ取った前半ですが、後半はFWでもぶっちぎりたい。昨年やりたかったことです。
序盤は前半と同じくパスを回され、先にトライを許しますが、スクラムは次第に修正され、ブレイクダウンも良し。FWバトルで優位に立つと、相手のミスを誘いどんどん前へ出ます。
そして、相手陣ゴール前まで迫った後半34分。マイボールラインアウトからつなぎ、何度もフェーズを重ねます。
よし、これはミスなく攻めれば取れるパターン。

相手陣ゴール直前。いける、いけるぞ!

右へ、左へ。ライナーズはどんどんFWで体を当てて、フェイズを重ねていきます。緊迫した攻防のなか、ついに8イオプアソが突破!倒れ込むとすぐに21榎本がボールを持ち出し、ダイビングトライ!G成功し、15-24に。

イオプアソから、榎本へ。トライへ一直線!

ようやくFW起点で取れたトライ。そう、ファンたちはこれが見たかったんです。
BKでカッコよくアタックするサニックスをねじ伏せる、汗と涙の肉弾戦。
THE・ライナーズのプレーを見せてくれてありがとう!

最後はサニックスが猛攻を仕掛けPGを許してしまいますが、ギリギリ耐え抜き18-24で試合終了。良くも悪くも最後までライナーズらしさ満点の一戦に。なんとかプライドを取り戻す勝利を収めました。

ファン的には満足ですが、「FWでもっと相手にプレッシャー与えるつもりだった。そこをもっと出したかった。」と口を酸っぱくする坪井監督。
確かに、甘い部分はありました。しかし、次回にもつながる”勝利”を手にしたサニックス戦。
次節は同じレッドカンファレンスのクボタ戦です。勝利したからといって、うかうかしていられません。
次も絶対に、勝つぞ!

【週ひがMVP】セミシ・マシレワ選手(FB)
今回の週ひがMVPは、エリア取りで勝ち、キレのあるアタックを見せたセミシ・マシレワ選手。
※マシレワ選手のサインをプレゼントします。応募は記事の最後からどうぞ。

ー今日のコンディションはかなり良かったように思いますが。
来日時に比べて、かなり体を絞っているんです。軽くなればフットワークも良くなりますから。100kgから96kgになりました。95kgが目標かな。加入時に撮った写真を見たら別人みたいに見えます(笑)

ー確実に決めたトライでしたね。
本能的に取りにいきました。まだ時間に余裕もあったので、チームも僕も焦りはなかったです。
サニックスは素早いアタックのチームなので、僕もフットワークで勝ろうと考えていました。

【週ひがピックアップメンバーの試合後】
豊田大樹選手(PR)

ー後半、スクラム修正ができていた印象ですが。
いえ、自分たちの力不足でうまく対応できなかったです。相手もスクラムに力を入れて、補強もしてきましたからね。圧倒したかったですが、こだわっている部分で勝てなかった。

ークボタ戦に向けて。
FWでプッシュして、前に出たところをBKが取る。それを実践していきます。

高島卓久馬選手(PR)


ー出場時間は多くありませんでしたが、古巣相手の試合。期するものがあったのでは?
ここをターゲットに頑張ってきました。

ーライナーズに来てから転向したHOではなく、サニックス時代のPRでの出場です。
どのポジションでも、どんな時間からでもなんでもやります!

ー今日の出来を100点満点で表すと?
気合いの分も入れて70点!

榎本光祐選手(SH)


ー故郷の福岡での試合。応援団の声援が聞こえていました。
早く出してくれって思ってました(笑)

ーサニックスを突き放す、すばらしいトライでした。
イオプがゴール前までハーフブレイクしてくれたので。あとは行くだけでした。

【週ひがプレゼント】
本日週ひがMVPに輝いたセミシ・マシレワ選手のサイン入りDAENをプレゼント!
週刊ひがしおおさか発行のフリーペーパー「DAEN」に、日付入で書いてもらいました。
応募締切は10月8日(月)23:59まで。以下のフォーマットからお申込みください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご意見・ご要望

※ご意見をいただけたほうが当選確率は上がります。たぶん。

MOMにも選ばれたマシレワ選手。

 

スポンサーリンク

mihorobot

mihorobot東大阪探検隊・記者

投稿者プロフィール

生粋の八戸ノ里っ子。人気の八戸ノ里東小・小阪中学校校区に住んでいる。
取材へ行けば、同級生のお父さんがやってるお店だった・・・ということが多々あり。
尊敬する人は藤子・F・不二雄先生。

スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

俊徳道ゴールドラッシュ俊徳道ゴールドラッシュ

東大阪ローカルメディア的日常東大阪ローカルメディア的日常

東大阪街角定点観測特設サイト

まず密にならない東大阪名所案内

ついに物販に進出!週ひがエコバッグ販売中。

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

新型コロナウイルス感染症対策サイト(非公式)

プロ野球人名辞典

東大阪の今を知るツイート!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

LINEオフィシャル

週刊ひがしおおさかのLINEアカウントは、週に1,2回東大阪の情報をお届けします。ぜひ友達登録してください。

週間人気記事

この1週間の人気記事

Last Update 2021.04.17

Honya Club.com
ページ上部へ戻る