近畿高校ラグビー大会準決勝 御所実業が大阪桐蔭に敗れる 報徳学園は天理に快勝

3月21日(月)、第69回近畿高校ラグビー大会の3日目が東大阪市花園中央公園多目的球技広場(通称第3グラウンド)で行われました。毎年近畿の都道府県が持ち回りで開催するこの大会。今年は大阪・花園と鶴見緑地でやってます。週刊ひがしおおさかでは、全ステージを追いかけて、3月末から行われる全国選抜高校ラグビー大会と、その先にあるお正月の全国高校ラグビー大会の基礎情報をお届けします。
今回は、いよいよ準決勝!全国大会への出場権をかける「5位決定戦」も同時に行われました。

準決勝

報徳学園、評判どおりの強さ!天理に快勝

報徳学園26-12天理
(前半14-0)

強風の中、試合開始から両チームにハンドリングエラーが目立つ立ち上がり。風下に苦しみながらも、自陣でうまくディフェンスした報徳学園は11分、中盤でワンバウンドのボールをうまく拾い上げた15が50mを独走。先制のトライを上げる。
その後も天理が敵陣深く入るが、ノックオンが多くトライまで至らない。
24分、報徳学園は12のビッグゲインで敵陣22m内に入りスクラム。10がインゴールにグラバーを転がして15が抑えてトライ。14-0とする。

後半に入ると一転、天理が勢いを増す。敵陣でのプレーを継続した6分、12がディフェンスのギャップを突いてゴールライン目前まで迫ると21が抜けてインゴールに飛び込みトライ。コンバージョンは決まらず14-5。
次は報徳学園が反撃。8がラインブレイクで残り5mまで迫ると、ミスなく近場を攻めてゴールポスト根元にトライ。コンバージョンも決まって21-5と突き放すと、天理も負けじと自陣からボールを回し、左外で15が余ると40mを独走トライ。21-12。
次のトライが注目される28分、報徳学園は敵陣で右サイドで8、14、8のコンビネーションでトライを奪う。コンバージョンは外れ26-12。報徳学園が25年ぶりの決勝進出を決めた。


強風に苦しむ御所実業に大阪桐蔭が勝ち切る

御所実業14-32大阪桐蔭
(前半7-12)

まず優勢に進めたのは御所実業。速い展開で敵陣に入り、モールでも押すがトライに結び付けられない。対する大阪桐蔭は13分、ワンチャンスをものにする。ラインアウトからモールでトライ。コンバージョンも決めて0-7とリードする。
22分、御所実業が反撃。敵陣でのラインアウトを大阪桐蔭がスローミスすると、ボールをキープ。ミスなく攻めて一番左外でトライ。難しいコンバージョンも決めて7-7にする。
このまま前半が終了するかと思われたが、30分に御所実業が中盤のラックでペナルティを犯す。すぐに攻めた大阪桐蔭が一番右外でオフロードパスを決めて、インゴールに走りこんでトライ。コンバージョンは決まらず7-12で前半を折り返す。

後半も大阪桐蔭が先にトライを上げる。3分、ハイボールのキャッチを御所実業がノックオン。すぐに大阪桐蔭が確保にすると、御所実業はノックオンオフサイドを警戒していたためか、ディフェンスが揃っておらずそのままトライ。コンバージョンも決まって7-19とする。
早い時間にトライが欲しい御所実業は、16分にラインアウトから3が走りこんでトライ。14-22。
その後も両チーム激しくぶつかり合うが、御所実業に展開でミスが出るなど膠着状態に。29分に大阪桐蔭がPGを決めて14-25勝負あり。終了間際にも大阪桐蔭はトライを奪い14-32で試合終了。
強風に苦しめられて波に乗れなかった御所実業。テンポよく攻めて相手を自由にさせなかった大阪桐蔭といった構図だった。


第5代表決定戦

常翔が着実に勝利を手繰り寄せる。科学技術も見せ場あり

常翔学園55-0科学技術
(前半20-0)

前半、強風を背にした科学技術が巧みなキックで強豪・常翔に対抗する。ディフェンスでも粘り、ゲインを許さず10分が経過する。
常翔はラインアウトから11分にトライを奪うと、17分にはボールを展開してトライ。10-0と徐々にペースを握る。
20分を過ぎると、科学技術にペナルティが増える。常翔は接点で勝ち1プレーごとに前へ出てトライを重ね、前半を20-0で折り返す。

後半も開始早々から常翔がトライを量産。科学技術の走力が落ちると、ボールを動かして5トライを奪い、55-0とする。科学技術は、11のスピードを活かしてゲインするなど見せ場は作ったがトライには至らず。ディフェンスでも最後までハードにタックルをし常翔のミスを数多く誘った。


仰星ラグビー炸裂!八幡工業も意地の1トライ

東海大仰星57-5八幡工業
(前半36-0)

東海大仰星のつなぐラグビーが序盤から炸裂すると八幡工業はディフェンスで後手に回る。5分にゴールポスト下にトライをすると、ほとんどキックを使わずに前進し、早い球出しで八幡工業を翻弄する。6トライ36点を取って前半を終える。

後半もペースを変えない東海大仰星は、強い追い風を受けてキックでのエリアマネジメントに勝ち、2トライを奪い勝負あり。意地を見せたい八幡工業は10分から13分間敵陣で攻め続け、13が念願のトライを奪うと、スタンドから拍手が起こった。
終了間際にも東海大仰星がトライを奪い、57-5で圧勝した。


決勝は23日(金)に東大阪市花園中央公園多目的広場(第3グラウンド)にて行われます。日程や組み合わせなど大会の詳細は関西ラグビーフットボール協会公式サイトでご確認ください。

【関連記事】
近畿高校ラグビー大会2回戦 報徳学園、御所実業が強さを見せる(2018年3月19日)
近畿高校ラグビー大会が開幕 常翔、仰星、桐蔭が勝ち上がり 大阪朝鮮は敗退(2018年3月11日)
近畿大会兵庫県予選、報徳学園が3連覇!神戸科学技術と関西学院も近畿大会へ(2018年2月12日)
近畿大会大阪府予選、出場校が決定!東海大仰星完封勝利、大阪朝高はセットプレーで接戦を制す(2018年2月5日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

MaechanYK

MaechanYK東大阪探検隊隊長・編集長

投稿者プロフィール

特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか代表編集長兼東大阪探検隊隊長。
ふとした思いつきからはじめたWEBサイトが、もうすぐ10年。
もっともっと影響力を持ったサイトにしていきたいです。

好きなモノ:近鉄ライナーズ、阪神タイガース、競馬、ゲーム、プラモデル、楽でお金になる仕事。
嫌いなモノ:愛、本物

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com