近大通りのボードゲームが楽しめるカフェ 「Analog Game Café 1306」

どうも!インターン生の奥田です。
今日は近大通り(近畿大学から長瀬駅までの学生街)に変わったカフェがあるという情報を得たので、取材に行ってきました。
近畿大学のすぐそばに店を構える「Analog Game café 1306」(アナログゲームカフェ イチサンマルロク/以下、1306)。
ここではドリンクを飲みながら、ボードゲームを楽しむことができます。

お店の外観。看板のかわいいロゴが目印。

中に入ると、白を基調に木の家具のアクセントが効いた空間が。

内装。テーブル席とカウンター席があります。

木製の棚にはテーブルゲームが収められています。

一階の棚、この棚だけでもすごい量が。

出迎えてくれたのは店長の「中村一成(なかむら いっせい)」さん。初めてボードゲームで遊ぶ私たちにわかりやすくルールを説明してくれます。
店名の由来は「僕の友人の部屋番号からとりました。」と教えてくれました。そこに毎回集まってボードゲームをしていたのだそう。

元近大生で店長の、中村一成さん。

カウンターで手続きを済ませ、ひとまず遊んでみることに。
お値段は全てドリンクバー付きで1時間500円、フリータイム1500円、更に6時以降のナイトタイムフリーでは1000円で全てのゲームが遊び放題となっています。

手書きの料金プラン、味があります。

遊ぶゲームは「支離滅裂」というゲーム。
ルールを聞くと、どうやらポーカーと大富豪のゲーム性を合わせ、1人リタイアが出るまで続けるというもの。

このカードとコインを使って「支離滅裂」を遊ぶ。

「支離滅裂」という名前とは裏腹に、理路整然とした思考が要求されるこのゲーム。熱い頭脳戦が繰り広げられました。考えすぎて空回りすることもしばしばあり、もどかしさを感じます。

支離滅裂をプレイしている様子。カードスタンドもあります。

1階で遊んでいましたが、なんと2階にもプレイスペースがあるとのこと。
早速奥にある階段で2階に上がることに。

2階への階段を登ると、森を連想させるような温かい空間に迎えられます。

2階は土足厳禁。家のように靴を脱ぎ、くつろいで過ごせます。

ふと右に視線をずらすと、そこにあったのはハンモック。
ハンモックの魔力により、危うく寝てしまいそうでした。

ハンモックはギリギリ床につかず、眠気を誘う。

そして2階の棚には興味深いボードゲームの数々が。主にTRPG(テーブル ロール プレイング ゲーム)が置いてあります。
説明書が英語で読めませんが、どれも面白そうでやってみたいと思いました。

2階の棚。TRPG特有の大きな箱が置いてあります。

2階をじっくりと堪能したあと、お話を伺うことに。

お店を開いた経緯や、ボードゲームに対する熱意を語ってくれる中村さん。

中村さんは学生時代、近大のゲームサークルに所属していました。「デジタルゲームや、お金をかければかけるほど強くなるトレーディングカードゲームが苦手でした。」
そこで、誰もが同じ条件で遊びやすいアナログのボードゲームに魅力を感じていったといいます。
ボードゲームをしたい人に場を提供し、交流してもらうために今年の4月16日にお店をオープンしました。

お店の雰囲気はお客さんが作るという考えの中村さん。「女性が居やすい空間を作ることで、ボードゲームに触れたことのない層が入りやすくなると思っています。」

そんな「1306」の棚。1階2階合わせて約300種類のボードゲームが置いてあります。
特に、初心者向けのゲームが多く揃えています。中村さんは「大富豪やポーカーも楽しいけれど、ボードを実際に触れて楽しさを感じてほしい」と言います。
「このお店も、ボードゲームの人気も、緩やかに盛り上がって欲しい。このままボードゲームが近大生にとって、カラオケやボーリングのような娯楽の一つとして定着してほしい」と話してくれました。

ぜひ、中村さんの面白く分かりやすいルール説明を聞きながら、落ち着ける空間でボードゲームを楽しみましょう。

お店のロゴが入ったカードスタンド。小道具とお店の雰囲気がマッチしています。

Analog Game Café 1306https://localplace.jp/t100346462/)
住所:〒577-0818 東大阪市小若江4-12-14
定休日:日曜日(不定休有り)
営業時間:10:30~22:00
電話番号:06-6785-7050
アクセス:近鉄大阪線 長瀬駅から徒歩約10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

mihorobot

mihorobot東大阪探検隊・記者

投稿者プロフィール

生粋の八戸ノ里っ子。人気の八戸ノ里東小・小阪中学校校区に住んでいる。
取材へ行けば、同級生のお父さんがやってるお店だった・・・ということが多々あり。
尊敬する人は藤子・F・不二雄先生。

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com