「近鉄の正面健司」ここにあり!リコーに21-7で快勝 練習試合2連勝、ガンガンいこうぜ

「ラグビーをするのが楽しいです」
今シーズン神戸製鋼から移籍した「新入り」正面健司は、近鉄ライナーズ入団以降度々楽しさを口にします。

試合後「チームメイトがサポートしてくれて、近鉄がますます好きになりました」と笑顔を見せる正面。

6月8日(土)花園ラグビー場第2グラウンドにて行われたリコーブラックラムズとの練習試合では、バイスキャプテンに抜擢。
ライナーズ2戦目での初バイスに「指名された時はびっくりしましたが、だからといって何かするわけではなく、コメントを求められるくらい(笑)」と、ユーモアで返す正面。
ライナーズらしいコメントだけでなく、プレーでもチームにフィットしていました。

稲妻走るヘッドキャップがトレードマーク。なんとなくライナーズカラーだ。

トライにつながるプレーや正確なキックを連発し、チームを牽引。
「けが人が多い中スタンドオフでの起用となりましたが、ゲームメイク、アタックラインで良い働きをしてくれました」と有水剛志HC(ヘッドコーチ)は正面を評価します。

結果は21-7でライナーズの勝利。
風上の前半を0-7のリコーリードで折り返し、後半は低いタックルとアタックの継続で連続3トライあげました。

見よ!パスカル・ダンの捨て身のタックル。

今回のチームテーマは「キャリースルー」。遂行する、やり抜くという意味です。
「前回のドコモ戦では後半でディシプリンが乱れたので、今日は80分間やり通し、同時にボールキャリーもゴースルー(続けよう)と意図をもって臨みました」(有水HC)

後半17分は、まさにキャリースルーを体現したトライでした。
敵陣22mからパスをつないで前へ出ると、10正面が引きつけてステップを切り12パスカルへ。タックルされながらインゴールに飛び込み、トライを奪います。
正面健司ここにあり!チームと一体になったアタックが、彼をライナーズカラーに染めていきます。

抜群のコンビネーションが取れたトライに、歓喜のライナーズ。

さらに後半26分にはラインアウトモールから認定トライ、35分にはハーフライン付近から22野中、パスカルとつないで26髙野がトライをあげ、FW・BKともに連携し得点を重ねました。

パスカルが走り、髙野へトライにつながるパスを出す直前。パスカルが目線を変えてリコーを引きつけているのがわかる。

前回の課題であった後半の失速が改善されています。
ゲームキャプテンの4ストーバークは「けが人が多い状態でも良い試合ができました。完璧ではないけれど、前回よりブレイクダウンに関わろうという意識はできたので」と今日の試合を振り返ります。

後半風下ながらもゲームメイクでチームを勝利に導いた正面、肉体改造で運動量がさらに増した6堀、突破力が光った8ロロ、新人ながらボールキャリーで目立った20菅原…。
個々の能力パラメーターが上昇中のライナーズ。

セブンズ日本代表の長期遠征から帰ってきたロテも出場。おかえり、また頼むな。

2週間後のカップ戦に向け、少しずつ成果が出てきました。あとはアタックでの継続にフォーカスし、精度をあげていくことです。
コマンドは「ガンガンいこうぜ」で決まり!
練習試合連勝で景気をつけてカップ戦へ。キャリースルーで行け!近鉄ライナーズ!

なお今回も司会を務めたミホロボット。高島卓久馬選手&野口大輔選手(写真はトイレ休憩中でいなかった)の軽妙なトークに助けられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

mihorobot

mihorobot東大阪探検隊・記者

投稿者プロフィール

生粋の八戸ノ里っ子。人気の八戸ノ里東小・小阪中学校校区に住んでいる。
取材へ行けば、同級生のお父さんがやってるお店だった・・・ということが多々あり。
尊敬する人は藤子・F・不二雄先生。

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com