エガちゃんポーズ発射!最終戦はライナーズ大勝利 2位でカップ戦終える

楽しい春を、ありがとうライナーズ!
720日(土)トップリーグカップ最終戦で、近鉄ライナーズは豊田自動織機に52-12で快勝し、プール戦2位で春シーズンを終えました。

後半35分、7野中のトライに抱き合う選手たち。

神戸製鋼、マツダ、NEC、リコー、豊田自動織機との試合を終え、白星4黒星1の結果に。
開幕の神戸製鋼戦以外すべて勝利しました。
セミファイナルのトーナメント戦は各プール戦1位のみが進出できる狭き門。逃しこそしましたが、強敵であったNEC、リコーを倒し強くなったことを実感できました。
そして今日の豊田自動織機戦で、40点差での勝利。トップチャレンジリーグ(2部)のライナーズがトップリーグの3チームを破ったのです。

気を引き締め勝利したライナーズ。大きな一歩となった。

春シーズン通してゲームキャプテンを務めた4マイケル・ストーバークは、チームの成長を口にします。
「カップ戦を通して、後半から良い試合ができるようになりました。セミファイナルの目標が達成できず少し残念ですが、その中でこの16週間、良いパフォーマンスができるように努力してこれたことを誇らしく思います」。
ライナーズは、大きな成果を得たと言ってよいでしょう。

春ですっかりキャプテンが板についたストーバーク。

有水ヘッドコーチは「自分たちがうまくいかない時、ずるずると行かなくなったことが成長」と分析します。
そう、昨シーズンまでの課題だった「乗れば良いチームだけど、リズムをつかめないとどんどん悪い方向にいく」という悪癖がクリアされているのです。

まさに今日は、その悪癖を過去のものにできた試合でした。
前半は序盤からラインアウトがうまく行かず豊田自動織機に先制トライを決められますが、すぐに持ち直します。
前半13分、連続攻撃から大外の11マシレワに渡ると、トライ!
「有水HCに怒られるかもしれないから」とサンウルブズ以降封印していた「エガちゃんポーズ」と「スネイクスポーズ」も飛び出し、勢いをつけます。

「エガちゃんポーズ」で喜びを表す15マシレワ。今回でカップ戦3度目のマン・オブ・ザ・マッチに輝いた!

そこからは互いに譲らず、1本ずつ取り12-12に。
スコアが動いたのは前半終了間際でした。スクラムからマシレワが2度目のトライを奪い、19-12で折り返します。

タックルを受けながらも体をひねり、トライに。

ストーバークゲームキャプテンは前半をこう振り返ります。
「豊田自動織機はフィジカルで仕掛けてきましたが、それに対してコントロールするように努力しました」。
いわば、相手に付き合わないラグビー。
スコアで負けていても冷静に判断し、自分たちのスタイルを貫けています。
今シーズン力を入れてきたリンケージアタックに加え、有水HC時代以前から強みであったスクラムも効いて相手を疲れさせます。

スクラム最前列は1才田、2樫本、3石井。安心して見ていられた。

そうなると後半のライナーズは強い。
試合を決定づけたのは後半5分。ラインアウトからモールを形成し、2樫本が先制トライ。Gも成功して24-12と離し、そこからは終始ライナーズのペースになります。

樫本トライの瞬間。モールで頼りになる男No.1。

後半8分にはボールの争奪に勝ち全員でつなぐと、敵陣22m内で23南藤からストーバークに渡りトライ。
あらゆる攻撃パターンで得点でにるようになったことも、成長の証でしょう。その後も3連続トライで、52-12で大差の勝利となりました。

後半35分にトライを決めた野中。ダイビングトライの瞬間が良い感じにカメラ目線に。

豊田自動織機のロブ・ペニーヘッドコーチは「ライナーズはメンバーを変えてうまくやっていました。良い選手が出てきて、接点で負けてしまいました」と述べます。

チームがまとまり、ボールがつながることで一人一人のスタンダードも上がっています。
ただ、新たに出てきた課題も。
「自分たちのスタイルが出せているのに、その流れでフィニッシュができていません。トップリーグに上がることが目的ならこれでもOK。でも、日本のトップを目指しているチームなのでこれに満足してはいけないと、春シーズンを通して選手たちに伝えてきました」(有水HC)

有水HCの言葉はいつもわかりやすく、心に残る。

進化すれば、課題も出てきます。しかし、今のライナーズなら必ずクリアしてくれるはずです。
本番のトップチャレンジリーグは11月。秋に向け、ライナーズはまだ走り出したばかりです。
さあ、ここからが本番。強くなるんだライナーズ!

次のステージへ進もう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

mihorobot

mihorobot東大阪探検隊・記者

投稿者プロフィール

生粋の八戸ノ里っ子。人気の八戸ノ里東小・小阪中学校校区に住んでいる。
取材へ行けば、同級生のお父さんがやってるお店だった・・・ということが多々あり。
尊敬する人は藤子・F・不二雄先生。

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com